着物リメイク・2枚の着物から後ろリボンドレス

着物ドレスをお仕立てさせていただきました。デザインはお客様の娘さん。・・・・デザイナーという言葉は多く知られているけど、デザイナーが描いた絵を立体に起こすパタンナーは耳慣れないかも。同じデザイン画を見てもパタンナーによって、全く違うものができます。なのでデザイナーとパタンナーの相性が良くなければ作品はできないのです。私の場合、デザインもパターンもやらなければできない。どちらも不完全な上に説明下手。。。。。今回はパタンナーに徹しました!娘さんの期待を裏切らないように、忠実に作りました〜。お客様と娘さんで思い出のドレスになるといいな。
d0127925_13344823.jpg
後ろ姿がポイント、ボレロを着ているかの様な
デザインになってます。
私ではこのアイデアが出ないな。
d0127925_13340873.jpg
黒とピンクの2トーン。
後ろ着丈が長く、ギャザーがたっぷりです。
d0127925_13351124.jpg
ウェスト中心にギャザーを入れました。
着痩せ効果ですね〜!
d0127925_13353000.jpg

haricoのひとりごと・・・・『メイク・マジック』最近メイクの動画ばかり見ています。最新でユーチューバーが、今話題の化粧品を使った感想などをアップしてくれるので助かります。メイク前とメイク後の顔が違いすぎて、逆にここまで美しくできる技術が羨ましく思います。昔で言うと整形しなくちゃ無理だったことが、今はメイクでかなりの整形メイクができるんです(見ると驚くよ〜)。話は変わりますが最近見たフランス映画は『彼は秘密の女友達』で妻の死後、夫は赤ん坊の一人娘をあやすうちに元々あった女装癖が蘇る、真面目な(?)お話。ヒゲが濃く、決して美しいと言えないのですが妻の女親友に手伝ってもらいながら心も体も女になろうとするのです。その過程を見てると男が女になりきれないハードルがいくつも見えてきて、こんなハードルを何の苦労もせずに生まれてきた女には、その幸運を使い切ってない!!と見てる方から反省も出てくるのがこの映画の面白さでもあると思います。当たり前に女に生まれてきて、男女平等の教育を受けると、「母性」も男女平等と錯覚するかもしれませんが、この映画はきっぱりと女と言ってる気がします。話はずれましたが、メイクはそういった点でも心も体も本当の自分に変えてくれるMagicなのかもしれません。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-05-18 14:01 | 着物リメイク・留袖 | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)