2016年 10月 31日 ( 1 )

こちらは前回UPのワンピースの上に羽織る、ジャケットになります。玉虫色の羽織なので無地なのですが表情が変わって、素敵です。特にギャザーの部分に独特の玉虫ならではのグラデーションが出て、それもまた偶然ながら綺麗です。なんだか1900年代初頭の貴婦人が着てそうですよね。私、その時代が大好き。タイムスリップできるのなら行ってみたい。そしてそこで針子として働きたいわ(笑)
d0127925_23004368.jpg
ボタンもキラキラ⭐️襟と後ろのブリムのギャザーがエレガントです。
d0127925_23002621.jpg
haricoのひとりごと・・・感受性の受信機は涙腺だと思う。喜怒哀楽、涙は共にある。敏感な年頃はつい最近まで思春期だと思っていた。しかし行きつけの美容院の美容師さんとお話をしているとそれは疑問へと変わった。というのも私が号泣した「君の名は。」の映画は彼女には「よかったけど、分からなかった」と涙は出なかったらしい。年をとると涙もろくなる・・・という言葉がある。その答えは「経験値」なのではないだろうか?プロフェッショナル仕事の流儀で皆川明さんが、「砂時計」のモチーフを描いた。砂は上から下へと落ちる。上は命の時間、下は経験した記憶。記憶(レコード)に焼きついた感受性が何らかのきっかけで涙腺が緩めるのだ。またお客様から面白い話を聞きました。美輪明宏さんのコンサートに行った時のこと、ご自分の人生には全く縁のない歌を聴いてるのに涙が止まらない不思議な経験をしたそうだ。脳が察知できない記憶までも涙腺は受け止めてしまう・・・自分を媒体に涙腺を使って自分を探すのも面白いですね〜。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!

by harico_couture | 2016-10-31 23:19 | 着物リメイク・ジャケット | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)