2017年 02月 27日 ( 2 )

遠方のお客様からお電話でご注文頂きました。ご年齢をお聞きするとお若いお客様でした。最近嬉しいことにお若いお客様も増えつつあります。お着物をたくさんお持ちのジェネレーションからすると、私たちのジェネレーションは着物に触れる機会も少なく、増しては着物をお洋服にするアイデアまで到達するのは本当に稀なことになります。また以前に比べると着物リメイクの人気は下がってます。またお着物をお持ちの方の人数も減ってる現状に着物リメイクの未来は先細りかしらと、懸念する時期がありました。何かすべきとフランスに行って展示会をやったり、お店をもう1件つくったり、ベトナムで試作品を作ったりしてもらいました。しかし、どういう訳か私の答えは原点が一番いいという結果になります。ここ名古屋で地道に1点1点お客様を思い浮かべながら作り、家庭ではご飯を作ってハルカイとたわいの無い話をするのが私にとってはベストチョイスなのです。ですが「挑戦なき人生」は人間の進化故、望んではおりません。戻りますが、お若い方々にもご興味を持っていただける洋服リメイクを続けることが私の使命、もっというと着物を次の世代に繋げる使命です。・・・あらら、真面目になちゃいましたね。いやいや、すみません!
d0127925_13214922.jpg
裏地は薄いオレンジに♪
d0127925_13210339.jpg
d0127925_13213563.jpg
時たま見える井桁の柄、
「あれ?着物?」って感じがいいんです。
d0127925_13212071.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-02-27 13:25 | 着物リメイク・コート | Comments(0)
おばあさまの思い出のお着物をスカートにお仕立てさせて頂きました。出来上がりのお知らせをお電話でしたところ、インフルエンザにかかられていて商品をお送りすることになりました。時間が経ち「お元気かな〜」と不意に思っておりましたら、相談したいことがあるのでご来店くださる運びになりました。ご来店くださったお客様は、出来上がったスカートを素敵にコーディネートしてくださってキュン♡しました。ご相談内容は、嬉しいお手持ちのお着物と帯をどういったモノに生れ変わらせるか!?でした。あれやこれやのアイデアを出すのは、とっても楽しいコト。にも増して、お着物に纏わるお客様の思いやりが優しく、伝わってきました。
d0127925_12270544.jpg
モダンな柄、おばあさまの時代ならでは。
d0127925_12271852.jpg
haricoのひとりごと・・・『ハルトの春』見守ってきたハルトの恋物語、遂に成就!友達止まりかと諦めていたが、女の子の辛抱強さに助けられた。というのもバレンタインに告白されたのにハルトったら「友達で」と断ったのだ。それからというものクラスや部活の友達から「お前の分際で!」と揶揄されたらしい。それでも友情関係は続き、私のアトリエでの長電話の末「それでは、ママさん、付き合うコトになりました」とご報告された。「つきましては、日曜にデートするので」と付け加えた。そのコトにショックを受けたのは意外にも?カイトであった。「マジか・・・・ハルトに負けた」肩を落とすカイト、以前モテる為に買ったファッションコーディネートは、未だ道徳商店街界隈でしか使われてない。「んで、お前、着ていく服あんのかよ。俺のを貸して欲しかったら土下座しろ」と悔しそうに言う。パパが「そう言えばカイト、ハルトに彼女が出来たら1週間でつくってやる!って言ってなかったっけ?」と意地悪く問うと苦笑いした。
 ハルトがルンルン♪で外出した間、カイトはソワソワしている。私にくっ付いて離れない。・・・・一歩進んだハルトに寂しさを覚えたのだろう。と、共にモテない自分を慰めて欲しさが滲み出ていた。。。。。そんな気持ちに気づかないふりして、カイトの良さを並べる私でした。カイトの春も来ないものかな。にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-02-27 12:51 | 着物リメイク・スカート | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)