カテゴリ:着物リメイク・コート( 134 )

裏表の色がてれこになってる、つまりはリバーシブルな生地。こんな生地は裏にした生地も楽しみにしちゃう利点あり。おまけに玉虫かかっていて綺麗。。。。そんな特性を活かして衿がフラットなコートをお仕立てしました!今年も引き続き薄手のロングカーデが人気です。スラリと見えて、クーラーでの冷えにも対処できる。なかなか、できるアイテムなんです。
d0127925_12104246.jpg
少し見えてる、裏生地は赤。
d0127925_12113334.jpg
裏地無しなので、ふわっと1枚布を纏ってる感じ。
d0127925_12120557.jpg
玉虫色が光の当たり方で、違って見えます。綺麗!
d0127925_12110145.jpg
haricoのひとりごと・・・『覚悟』受験生のカイト、自分の人生に向き合う覚悟が出来ずにいた。やらなきゃなら無いことは分かっている。それが大き過ぎてどこから始めるのか分からず、自分のことなのに他人事で見て見ぬふり。今まで崖っ淵でも「覚悟」が出来ず自分の持ってる「可能性」も出し惜しみ、結果「劣等感」「焦燥感」にいつも苛まれてる。そんなカイトにイラつく私。
 建築科の推薦課題に「デッサン」があるらしい。美術は高校としては余り力になってくれない。懇談会でも家で練習し、お金が掛かるから(美術の)塾には行かなくてもいいとまで言われた。私には納得いかず、近所の絵画教室に問い合わせた。すると「今からなんて遅すぎる!今すぐ来て」と先生に言われ、その足でカイトと塾に向かった。
 カイトは「覚悟」までに時間が掛かる、ましてや人に無理やりさせられての覚悟なんて嫌に決まってる。先生と話す間、ブスッとして態度が悪かった。しかし、やらなければならないことは分かっている。その日の夕方から、デッサンに通うことになった。生意気な態度からのデッサン、これから自意識の尊厳を守る為には、先生に見込みのある画力を見せなくてはならなくなる。いままで、彼は「出し惜しみ」で絵を描いてきた。確かに普通の人よりは少し上手いのだが、出し切ったエネルギーは感じられない。それが私には残念でならなかった。・・・描いてきた絵に出し切った自分の実力に落胆し、4つに画用紙を折りたたんで帰ってきたカイト、しかし私はその絵を見て初めてエネルギーを感じた、嬉しかった。その旨を伝えると彼の顔が明るくなった。次の日も次の日もデッサン教室に向かい、どんどん上手くなり先生にも「すごいな」と褒められた。それから、彼は少し変わった。逃げなくなった。「覚悟」ができたのかもしれない。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-07-27 13:02 | 着物リメイク・コート | Comments(0)
ブログのお写真を見て、遠方よりご注文いただきました。ご来店できなくても、haricoはご注文できます。その場合メールやお電話を頂いたりします。その後、お持ちのお着物や帯をお送りいただき、こちらからお電話する流れです。いつもその間、どんな方かなぁ、どんなお着物が届くのかなぁ〜と楽しみが続きます。こちらのお客様も元気なお声が印象的でした。そんな明るさに着物リメイクがマッチしてくれたら嬉しい。・・・今日も小包が届きました。その脚でお客様にお電話して、想いをお着物とコンプリート。情熱が冷めぬまま製作に入りたいのですが・・・・お待たせしてる次第です。
d0127925_21511401.jpg
前を開けたり、閉めたり、表情が変わります。
d0127925_21515076.jpg
大島でも、いろんな大島が。それぞれ張りが違います。
着物リメイクは十人十色。
難しさでもあって、面白さでもあります。
d0127925_21513108.jpg
haricoのひとりごと・・・『宮沢りえの豊麗線』テレビで宮沢りえさんが写っていた。アップになった顔には深く刻まれた豊麗線があった。女優には美しさが求められる。分かりやすい「若さ」の美しさから、その人から滲み出す「人格」からの美しさ、言葉や所作からの美しさなど、「演技力」と「美しさ」は絡み合っている気がする。その総合的なバランスの底上げに、分かりやすい「若さ」を失わないように、かなり人工的な施しを感じる。最近の美容整形はメスを使わずに、出来てしまう。皺やたるみも取れるのだ。急に若返った女優は「やったな〜」と心の闇の方でつぶやく。しかし宮沢りえさんは、ありのままなのだ。目の周りの小じわに頬のシミ、豊麗線はクッキリ刻まれている。年相応のその状態は、私に勇気をくれる。「若さ」のジャッジだけで美しさ勝負すると一生は走りきれないと思う、そんなことを教えてくれた豊麗線。・・・にしても、豊麗線って豊かな麗しい線と書くのね。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!

by harico_couture | 2017-04-20 22:12 | 着物リメイク・コート | Comments(0)
大島紬のお着物からトレンチコートをお仕立て致しました。トレンチコートは今年も流行ってますね〜。昨日のドラマ「貴族探偵」で武井咲ちゃんが下げていたbagがどうしても気になって調べたら、着ていたトレンチコートが可愛いと話題になってました!今年も健在ですよ〜。
d0127925_18222108.jpg
d0127925_18211702.jpg
d0127925_18225098.jpg
d0127925_18214106.jpg
haricのひとりごと・・・『浅田真央、現役引退』連日真央ちゃんの引退記者会見を見て、もらい泣きしているharicoです。フィギュアスケートは、芸術的な素晴らしさと技術的な素晴らしさを掛け合わせた他のスポーツとは違う。しかも技が早すぎて何回転なのか、何なのか分からない(分かる方もいると思いますが・・・)。ただただ素人の私は最後まで転ばずにステップやジャンプが美しいと「点数高いな・・・」とざっくりと思う。練習で飛べても本番ではどうか分からない、すべてのジャンプが決まるのも確立的に言うと未知な世界なのだそうだ。そんな未知な確立に、高度な点を取るためにリスクをとって果敢に挑戦する。厳しい世界。記者会見で「これからの選手達に言いたいことは?」の質問に、真央ちゃんが答えた言葉が私の胸を貫いた。「スケートを始めたころの楽しさを忘れないで」・・・・ビデオにおさめた真央ちゃんの幼い頃のスケートをしている時の屈託のない笑顔、大人になるにつれてアスリートの厳しい顔もちらついた。好きなことを極めると必ず、苦しいことが付随してくる。「トリプルアクセルに言いたいことは?」の無茶振りの質問に「なんで簡単に飛ばせてくれないの」と返答した真央ちゃん、ずいぶんトリプルアクセル野郎に悩まされたんだろうなぁ。記者会見の最後に涙を見せないように、くるっと後ろを向いてから笑顔を見せてくれたその健気さに、世の中の人々を包んでしまう彼女の強くも美しいさを感じました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!

by harico_couture | 2017-04-18 18:50 | 着物リメイク・コート | Comments(0)
男物の大島のお着物を変わり襟のコートにお仕立てしました。実はこの型、お客様のお気に入りのコートのそっくりさん。
元の素材はウールなので出来上がりは全然違うけれど、やっぱり好きなデザインに落ち着きます。それって流行に惑わされず貫いた、無意識の独自の美意識みたいなものだと思います。そんな美意識もわかりつつ流行をプラス出来ると、上級コースなのかも。。。私は未だ未だ自分探ししているアラフィフですが・・・ははは。
d0127925_15493341.jpg
前のボタンを外すと、違った印象になります。
d0127925_15500570.jpg
背中もよく見ると4枚はぎ。
すっきり見えますね。
d0127925_15491444.jpg
なんと裏地は、羽裏を使いました。
大胆な柄です。
脱いだらびっくりポン。
d0127925_15485521.jpg
haricoのひとりごと・・・『母目線の映画』見た年齢によって全く違って見えるのが映画の醍醐味。(余談ですがアニメ・アルプスの少女ハイジを今見ると、ハイジが可哀想で見れない自分に驚きます)この間「おおかみこどもの雨と雪」の再放送を見ました。成長する子供達を見守る母に感情移入しすぎて大泣き、DVDを持ってるのにだ。「6才のボクが、大人になるまで。」はリアルタイムで6才の主人公の男の子が18才までの12年間を追った、映画。当然彼を取り巻く家族も12年間の変化を綴っている。何も取り柄がない若い母が大学に行き勉強し大学の教授にまでなる。その母の男関係の波乱万丈な運命に主人公は振り回される。子供の運命は親と切り離すことができない、それが「子供」と「大人」の境界線なのだ...。この映画も親目線で見てしまう。どちらも同じようなシーンがある。「おおかみ・・」では嵐が去った後に母がおおかみの息子と別れるシーン、「6才のボク・・」は主人公が18才になって家を出で行くシーン、どちらの母親も濃密な親子関係を過ごしてきたのにも関わらず同じ台詞「まだ、何も(息子に)していない」と言い泣くのだ。季節は今、4月。来年の今頃、私も同じ立場になる。子育て終了のベルが鳴るまでのカウントダウン、1日1日噛み締めて味わっていきたいです!にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!





by harico_couture | 2017-04-04 17:44 | 着物リメイク・コート | Comments(0)
随分お待たせしてからの、お届け。ご迷惑おかけした分、申し訳なさが募ります。しかし、一報お客様からの嬉しいお声に、有り難さが滲み出ます!本当に感謝です。「ブログにもアップしてくださいね〜♡」と明るく言って下さると、天使に会った気さえする私です。これからも頑張ります!!
d0127925_13414462.jpg
ピンクが似合う年齢は2度来る!と思ってるharico。
大人になってからのピンクはトーンや合わせる色を変えれば
グッと表情も明るく、素敵に見えるMagic・collar
d0127925_13412908.jpg
大胆な縞は、昔(明治時代?)の
粋な女が颯爽と歩いていたイメージの柄に
思えます。
d0127925_13411436.jpg
縞を使って変わりポッケにしました。
こんな大胆な縞、現代では作れません。
「気」の強さを感じます。
d0127925_13403109.jpg
haricoのひとりごと・・・『ブルゾンちえみ』今年売れっ子の芸人、ブルゾンちえみさんのネタが大好きなharicoです。どうもネタの本質はアメリカのテレビドラマの中の、イケてる女性のセリフにあるらしい。日本人は絶対言わないであろう、超ポジティブなありのままの自分を美化する言い回し、素直に飲み込めない。「お国柄」だから?と思ってしまうのだが、そこをブルゾンちえみさんは上手く変換している。・・・と言うのも、自己啓発のような「悟り」とのmixだからなのでは!?と勝手に解釈している。そもそも女芸人のネタは、女性のあるあるの本人は気づいてない周囲が引いてるような自虐ネタが多い。面白いけど、ディスってるのを見たようで後味が悪い。しかしブルゾンちえみさんのネタは、見た後で何だかいいことを教えてもらった感覚が残る。「あ〜あ、女に生まれて良かった」で始まる当たり、只者ではないとふんでいるharicoです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-04-02 13:59 | 着物リメイク・コート | Comments(0)
1年前洋裁教室にも通って頂いてる生徒さんに、コートをお仕立てさせて頂きました。それを見て娘さんが「いいな〜、欲しいなぁ〜」とラブコール♡今度は娘さんのコートをお仕立てする運びになりました。親子で楽しんで頂ける着物リメイク!幸せを運びます。
d0127925_11242006.jpg
花柄がホントに可愛いの
d0127925_11240521.jpg
黒ボタンでシックに
d0127925_11234703.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-03-25 11:37 | 着物リメイク・コート | Comments(0)
鮮やかな朱赤に大胆な織りが施してあるお着物をコートにお仕立てしました。柄の出方を一応計算して裁ちましたが、思ったよりいい感じに出て、びっくり!!「神ってます」。。。。笑。いつも赤のコートをお仕立てするとき、法則なのか黒のボタンにしてしまいます。赤の色を引き立てるのはやっぱり、「黒」しかないな、私の中にはね。「赤はちょっと・・・」とタンスの中の赤いお着物をどうしたらいいかお悩みの方、黒と合わせたらシックになって素敵ですよ!
d0127925_01074507.jpg
出ました!黒の大きなボタン!
ダイヤカットで可愛いです。
d0127925_01080083.jpg
大きなポケットもポイント。
d0127925_01072659.jpg
背中には着やすくタックが入ってます。
d0127925_01070610.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-03-05 01:10 | 着物リメイク・コート | Comments(0)
朱赤の雨コート、どういうわけか今までお預かりした雨コートは全て暖色、赤系色です。雨の時、つまり雨雲の曇った空の下ではそういった赤色が美しく見えるのかしら・・・とふと思いました。そうそう、傘を買う時「気持ちが晴れるように、綺麗なお色を選ぶといい」って聞いたことあるな。それと似たことなのかな。
 雨コートからコートを作ると、もれなくレインコートになる!?これも面白い。。。。。朱赤に井桁に格子の綾子模様も可愛いしperfectね!
d0127925_10262406.jpg
大きな襟が最近好きなharicoです。
ボタンは黒でシックにね。
d0127925_10263788.jpg
ポケットの蓋がポイント。
雨粒が入らないよ。
d0127925_10261091.jpg
たまには赤色で目立っちゃおう。
d0127925_10255635.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-03-01 10:31 | 着物リメイク・コート | Comments(0)

WOOL生地からコート

教室のお生徒さんからのご紹介で、義姉様と一緒に生地選びからスタート!!なかなか見付からないのですが、ありがちな初めにいいと思ったのに帰る・・・。お二人ともからルンルン♪さが伝わります。いつも一緒にお買い物するそうです。美味しいモノもよく知ってみえて、情報交換したり楽しそう。お受け取りもお教室の日に来ていただいて、またまた美味しいお菓子を戴きました。このコートずっと着ていたお気に入りのコートをそっくりさんにしたもの。生地も変わって生まれ変わった気分に。また愛用していただけたら嬉しいな。
d0127925_00173852.jpg
ループになった毛糸のような織りの生地。
温かみがあって、この生地で正解🌟
d0127925_00172506.jpg
ロングの形にしても良さそうね。
d0127925_00171106.jpg
ポケットに蓋が付いてます
d0127925_00165850.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
 

by harico_couture | 2017-02-28 00:33 | 着物リメイク・コート | Comments(0)
遠方のお客様からお電話でご注文頂きました。ご年齢をお聞きするとお若いお客様でした。最近嬉しいことにお若いお客様も増えつつあります。お着物をたくさんお持ちのジェネレーションからすると、私たちのジェネレーションは着物に触れる機会も少なく、増しては着物をお洋服にするアイデアまで到達するのは本当に稀なことになります。また以前に比べると着物リメイクの人気は下がってます。またお着物をお持ちの方の人数も減ってる現状に着物リメイクの未来は先細りかしらと、懸念する時期がありました。何かすべきとフランスに行って展示会をやったり、お店をもう1件つくったり、ベトナムで試作品を作ったりしてもらいました。しかし、どういう訳か私の答えは原点が一番いいという結果になります。ここ名古屋で地道に1点1点お客様を思い浮かべながら作り、家庭ではご飯を作ってハルカイとたわいの無い話をするのが私にとってはベストチョイスなのです。ですが「挑戦なき人生」は人間の進化故、望んではおりません。戻りますが、お若い方々にもご興味を持っていただける洋服リメイクを続けることが私の使命、もっというと着物を次の世代に繋げる使命です。・・・あらら、真面目になちゃいましたね。いやいや、すみません!
d0127925_13214922.jpg
裏地は薄いオレンジに♪
d0127925_13210339.jpg
d0127925_13213563.jpg
時たま見える井桁の柄、
「あれ?着物?」って感じがいいんです。
d0127925_13212071.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-02-27 13:25 | 着物リメイク・コート | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)