カテゴリ:着物リメイク・ジャケット( 71 )

何時も遠方から、お母様と娘さん、交互にご注文いただいてます、有難うございます。
ご一緒にお着物を眺めながら、デザインを決めたりって仲良くないとできない!!笑。(因みに作ってる私ですら、母とはなかなか・・・そんなもんです!)そんな楽しみの一つにお役に立てて嬉しいな❤️
d0127925_12204508.jpg
ボタンはレトロな大きなサイズ。生地が痩せていたので、芯地を全体に貼ってます。少しでも長生きしてほしいな。
d0127925_12203110.jpg
ショート丈のジャケットって、なかなか売ってないのよね。スカート派には嬉しいのです。
後ろすがたもキュートになるように、柄でよくわかりませんが、切り替えしたり、ピンタックしてます。
d0127925_12201388.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-07-30 12:29 | 着物リメイク・ジャケット | Comments(0)
前回のお客様のご依頼で、留袖とセットのボレロをお仕立てさせて頂きました。元々、後ろ身頃とお袖に柄が織ってあって、お洋服にした時に前後と袖に柄がくるように型合わせしました。ワンピースに羽織るだけで、ワン・グレードUP!!します。
二の腕を見せたくない方にもおすすめですよ。
d0127925_12281087.jpg
柄が左前身頃、お袖、後ろ身頃に付いてます。
d0127925_12274857.jpg
d0127925_12271717.jpg
haricoのひとりごと・・・・NHKが好き。「ひよっこ」も勿論、NHKには面白い番組が沢山ある。例えば「チョイ住み」。(ほぼ)初対面でアンバランスな芸能人が海外で1週間マンションで暮らします。いつか海外に住んでみたい私は、目を皿のようにして見ている。旅行でもなく街を歩いて摂取した文化を暮らしにする作業は、見ててゾクゾクする。また旅なら現地の言葉が必要よね「旅する・・・」シリーズのフランス語講座もいい。常盤貴子が生き生きとフランスの文化を掘り下げて、使えるフランス語を教えてくれる。それから「2度目の・・・(地名)」2度目に行く旅行なら、どこで何する?というコンセプト。そうよね、2度行く場所は本当に好きな場所。もっと自分らしい探求心が湧き出てきそう!まだまだ好きな番組あり。また紹介します
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-07-11 12:53 | 着物リメイク・ジャケット | Comments(0)
いつもご愛顧いただいてるお客様、毎回お祝いなどで着る席でのお洋服を作らせていただいてます。もう何枚も作っているので、その数だけお祝いがあったと思うと、幸福感に包まれます。思い出と共に、そこにお洋服があると思うと感慨深いのです。
d0127925_10340268.jpg
お袖裏と見返しに八掛を使って。
チラリとピンク。
d0127925_10342290.jpg
アンサンブルなので暑い時に脱いでも
きちっとキマる!!
d0127925_10344332.jpg
haricoのひとりごと・・・『変わりゆく男女感』朝日新聞のオピニオン欄は読者が思ったことを短くまとめて投稿する場。先日、私にとっては驚く投稿があった。20歳くらいの女性、男性とお付き合いするに車道側を男性が歩き、食事はおごってくれる。女性という弱い立場だから守られ奢られるのか・・・彼女はこのことに対して「見下されてる」といった感覚を抱くらしい。私、40代後半までの人間は逆に「大事にされて嬉しい」と思う人が大半ではないでしょうか?(違ったらすみません)これはこの女性だけではなく、今の教育の「男女平等」の成果なのだと思います。フェミニズムを推し進めた女性達の成果とも。最近知った言葉「ミソジニー」、女性嫌悪の意。今、「女性」という立場が新定義に変わりつつあることに、不安定な部分で女性本意になっている。その反感が「ミソジニー」となって現れる。つまり「男性」とういう定義も変わっているのです。にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-05-31 11:27 | 着物リメイク・ジャケット | Comments(0)
春ですね。春になると「白」や「ピンク」、パステルカラーが着たくなります。これって人間のDNAに刷り込まれた感覚なのかな。黒ばっかり着ているharicoは、白が着たくてうずうずしております。・・・・しかしまだ外は、風が強くって肌寒い。ここを我慢して薄着をするのが本気のおしゃれさん!?
d0127925_23430693.jpg
襟にタックのある立ち襟です
d0127925_23422039.jpg
カフスがある袖先、ブラウスとしても
着ていただけます
d0127925_23423697.jpg
haricoのひとりごと・・・『切ない親日・台湾』台湾の歴史が気になりネットで調べている。旅行に行く前に見た動画で、台湾旅行の番組の中で台湾人が「もっと台湾の歴史を知ってから来ると、どうして親日なのか分かるよ」と、悲しそうな表情をしていたのが気になった。台湾はもともと誰が統治するでもない色んな先住民が住む島だった。豊臣秀吉の手が回るも、島を統治する者がそもそもいないので、帰って来たそうだ。日清戦争で中国に勝利した日本は台湾を貰い、日本本土よりも投資し進んだ技術を惜しげもなく注ぎ台湾を近代化へと導いた。(森友学園で話題の)教育勅語に基づき「愛国教育」がなされた。日本が統治していた期間が驚いたことに半世紀、その間「日本人」として生きてきたのだ。道や橋が作られ流通が良くなり、工場もでき農産物の生産も良くなり生活は向上、その時の恩を台湾人は未だに忘れてないのだ。しかし残念ながら親日の反対・「抗日」もあり、1万人も殺されている。映画「セディック・パレ」では日本軍の壮絶な原住民の虐殺が描かれている。その後第二次世界対戦後、中華民国の領土になった。時代を超えて蓄積された思いは、深く重いものなのだ。日本統治時代から思えば、日本から見放された人々のようにも映る。台湾のお店で流暢な日本語を話す年配の台湾人を見ると、切なく胸が締め付けられる思いだ。それでも「親日」でいてくれる。優しい国、「台湾」です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!



by harico_couture | 2017-03-28 00:27 | 着物リメイク・ジャケット | Comments(0)
いい作品が出来るとトルソーにしばらく掛けて、眺めます。まるで自分が作った記憶がないくらいに純粋に「いいなぁ」と思えた時、嬉しいのです。今回のへちま襟のロングジャケットもそんな感覚でした。鮮やかなグリーンのお着物が私を手伝ってくれたのもあるけど、美しいフォルムになりました。毎回こんな気持ちになるようにしたい、ホントはね。
d0127925_01080926.jpg
最近見ないけど、ヘチマ襟ってエレガントで素敵よね。
d0127925_01082354.jpg
長めのジャケットって、最近流行りです。
おしゃれ感が増すの
d0127925_01075114.jpg
グリーン好きなharicoです。
クローゼットの中の色
案外グリーンの多いです。
d0127925_01073401.jpg
haricoのひとりごと・・・よく「haricoさんは自分の好きな服が作れていいなぁ」と言われます。実際私は自分のために作った服は何か嫌いなのです。ゴールが自分だと、手抜きもいいとこ。素材も拘らないしいい加減、そんなものです。前に書いたと思いますが映画「かもめ食堂」の中で自分でコーヒーを淹れるより、人に淹れてもらったほうが美味しいと名言があります。ホントにその通り。私の服、誰か作ってくれないかな〜・・・・って馬鹿な事を言ってます。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-03-20 01:02 | 着物リメイク・ジャケット | Comments(0)
ウールのお着物をキルティングジャケットにお仕立てさせていただきました。模様が可愛く、イチゴでしょうか。部屋着としてとご注文いただきました。最近、お部屋でも寛ぎ用のお洋服が人気なんですって。パジャマパーティーってのもあるんですって!お部屋でも自分が着たい好きなモノを身に纏いたいですね〜。
d0127925_13321656.jpg

d0127925_13323456.jpg
裏地も可愛く、チェックにしました
d0127925_13324708.jpg
haricoのひとりごと・・・『カルテット』毎週火曜10時からのテレビドラマ、「カルテット」佳境を迎えて益々面白くなってきた(見てない人ゴメンなさい、分からないですよね・・・)。先週、今週と松たか子と宮藤官九郎夫婦のやりとりを見ているだけで、どれだけ世の中の夫婦の心がざわついたことだろう。録画して見ようと思っていたお友達が、娘に「お母さん、お父さんと一緒に見ないほうがいいよ」と釘を刺されたらしい。それほどこのドラマの夫婦はどこにでもいる夫婦の、ボタンの掛け違いによる突然の危機を描いている。付き合っている時に宮藤官九郎が松たか子に渡した本がこの夫婦の愛のバロメーター。しかし愛の測り方は双方違っていた。(これ、2週に渡って描いてるからまたすごい。)その本は夫にとっては分身、9ページしか読まれておらず最後には鍋敷きになってしまった。妻はその本が難しく読めなかった。しかしそんな難しい本を面白いと思えるところが夫の魅力だと言う。「恋人から家族になる」双方の感情は対極、妻の神秘的な美しさはいつのまにか消え、バイオリンを奏でていた指はハンバーグのひき肉を混ぜる手に変化していくのです。そんな心の変化に全く気がつかない妻は、無邪気にどんどん自分を解放し夫を好きになっていくのだ。同じ空間で、同じモノを食べ、同じ時を共感する夫婦、遠慮があったり無理強いがあったり、タイミングが合わなかったりで時を重ねていく。そのとき本当の「こころ」の色は見ているようで、見えてない。二人を繋ぐモノは一体なんだろう。もしあるならば本当に些細なモノなのかもしれない。そう思うと離婚届を出しに行った松たか子と宮藤官九郎の、あっけなく受理されたときに「紙1枚」の繋がりの儚さにはたと気付くのです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-03-03 13:53 | 着物リメイク・ジャケット | Comments(0)
前回のトレンチコートのお客様とご一緒に、遠方からご来店のお客様からのご依頼です。こちらで4点目のご注文、リピートしていただけるのも嬉しいし、お友達もご紹介いただけたのも嬉しいし、遠方からのご来店も嬉しい、トリプル・happyなharicoです。縦に柄があるお着物しかもアシンメトリー、ジャケットとスカートで用尺も限られ難しいところですが、出来上がりました!いつもこんな感じで奇跡的に出来上がります。自慢にならないけど・・・・。
d0127925_13194674.jpg
後ろ身頃が長いアイデアはお客様から。
毎回GOODなアイデア頂いてます!
d0127925_13193138.jpg
後ろにダーツがとってあって、着やすいですよ。
d0127925_13191290.jpg
お揃いのスカートも作りました。
タックが全体に入っていてふんわりしたシルエットです。
d0127925_13185521.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-02-23 13:44 | 着物リメイク・ジャケット | Comments(0)
もともとはチャイナ服の生地だったそう・・・帯になって、チャイナカラーのボレロになりました。回り回って戻った訳です。面白いですね♫生地も今年の干支、酉です。そういう運命だったのかしらね。よくできたお話でした♡
d0127925_15411701.jpg
ボルドー色が鮮やか。好きなお色です。
d0127925_15414374.jpg
パンツにもワンピースにも、スタイルが一段と素敵に見えるボレロ・マジック。
上級者のおしゃれなのかな。後ろ姿も美しいです。
d0127925_15410181.jpg
haricoのひとりごと・・・『バーゲン』お部屋をすっきりと、ライフスタイルもシンプルに余計なものを買わずに、一生涯愛せるモノだけを見極めて、これからは生きていくゾ!!と決めたのに、自分のテイストがブレてるから〜結局余計なモノを買ってしまっている(泣)そんな私が、以前から気になってるお店に、バーゲンということもあって訪れた。しかしそのお店はオーナーさんの意向でバーゲンはしないそうだ。目を付けていたブラウスジャケット、やっぱり作り手さんからの波動が強い。高かったけれど思い切って購入しました。帰ってからたった1枚のお洋服からあふれんばかりの、コーディネイトが頭を支配。セルフイメージが出来上がっていく。そこを軸に「捨てるモノ」「捨てないモノ」が選択されていく・・・。久しぶりの衝撃でした。そして、そんな1枚のお洋服を作らねば〜いや、作りたい!!とも思えてきた。バーゲンに行ったつもりが、思わぬ展開。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-01-07 15:58 | 着物リメイク・ジャケット | Comments(0)
着物をキルト綿で挟んで、キルト生地にしてジャケットをお仕立しました。軽くて暖か、オススメですよ。
いつも仲良しお友達3人でご来店下さいます。1人1人がオススメ上手♡haricoはただ笑ってるだけ。お友達がコーディネーターって一番心強い。小さな挑戦も、大きな挑戦にも勇気をくれる。この年になって、すごく思う。友達って大事。
d0127925_13244465.jpg
お袖は長く折り返し、その分意外とあったかいの。
d0127925_13242907.jpg
大きなポケットがポイントです。
d0127925_13241307.jpg
裏地はボルドーにしました。鮮やか。
d0127925_13235360.jpg
haricoのひとりごと・・・『迷子の猫』我が家は何故か、迷い猫が尋ねる場所。昨年暮に子猫、正月に成猫が玄関で招き猫ならぬお騒がせ猫が陣取っていた。どうしようと思いながらも、童謡「犬のおまわりさん」はよくできた歌だと感心している自分が滑稽

迷子の迷子の子猫ちゃん、あなたのおうちはどこですか?
お家を聞いてもわからない、名前を聞いてもわからない、
にゃんにゃんにゃにゃん、にゃんにゃんにゃにゃん、泣いてばかりいる子猫ちゃん

成猫は飼い猫のようで擦り寄ってきて、片目も負傷し可哀想で見てるのが辛くて胃が痛くなる始末。農業高校に通うハルトに相談すると「放っておき〜」とあっけらかん。パパからも「飼えないからね」と釘を刺され猫の気持ちになると、まるで映画「レオン」で家族が残虐死されるのを背に主人公のマチルダがレオンの部屋に入れてもらう時に流れるドラが何度も鳴る。保健所に電話すると、電話先のおねえちゃんも遠回しに「そちらで面倒みてあげて・・・」と悲痛な祈りが伝わる。一か八か、近所の猫好きの友達に電話してみた。すると「◯◯さんの猫ちゃんだよ〜。左目怪我してるでしょ。」とあっけなく飼い主が判明した。猫1匹の人生、短時間で考えるのにとても心労した。器の小さな自分にまたしても落胆もし、正月休みは消えていくのであった。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-01-06 14:37 | 着物リメイク・ジャケット | Comments(0)
シンプルなノーカラーのジャケットにタイトスカートのセットを作らせて頂きました。レトロなイメージもありつつ、飽きのこないデザインです。ボタンも大きめなのを選びました!この手のジャケットでしたら、また上にロングコートを着たり、リアルファーのケープを羽織っても素敵。60年代のファション誌から出てきたみたい。。。。。そんな大人な女性に憧れます♡
d0127925_12423844.jpg
ウェストシェイプに、大きなボタン、三連ネックレス、60年代風。
d0127925_12425769.jpg
スカート後ろスリットあります。
d0127925_12421281.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
haricoのひとりごと・・・・『贋作・本物』随分前ですが新聞での横尾忠則さんの書評がカッコよく、考えさせられた。本は「ピカソになりきった男」ギィ・リブ著。生い立ちの悪い主人公の生きる術が贋作という実在の人物の話。本物の作者が乗り憑るまでのZONEに彼は精神と技術を磨きあげるという。作者と共に同じ時を旅をしているかのようとも。批評家の眼力を超え同じように感動を与えることが出来るとしたら、これは悪なのか?善なのか?どんな過去の巨匠も同じように模写する。ピカソなんて真似してなんぼ。今流行りのPPAP方式。ピカソは「画家とは自分が好きな他人の絵を描きながらコレクションを続けたいと願うコレクターのこと」とまで言明しているそうだ。画家とまでいかないが、デザイナーも同じ。PPAPなのです。真似して真似して、完全オリジナルなんてない。そこを踏まえつつ、やっぱり新しい何か?を探している。心に響く何か?を探している。楽しいことを探している。

by harico_couture | 2016-12-19 13:07 | 着物リメイク・ジャケット | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)