<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

親子コサージュ♡

卒業式、入学式シーズン。haricoにもそんなシーズン向けのお仕事依頼が届きます。今回は、ママのコサージュ、子供さんの髪飾りとブローチ。お揃いです。
d0127925_9275889.jpg

haricoのひとりごと・・・もうすぐ春なのに、突然末端冷え性になりました。手が冷たいぐらいなんなのさっ!!って気にもしてなかったのだけど、気になるぐらい冷たい。おばあさんが、家の中でも指先だけ穴が開いてる手袋はめてますよね〜。その気持ちが分かるわ〜。それで、かかせないのが、粉末のショウガ茶。仕事の合間に呑みまする。早く暖かくならないかな。
by harico_couture | 2008-03-18 09:38 | bag・小物 | Comments(0)
色んな色のおうちできました。ドアからティッシュが取り出せます!!
窓など、刺繍してます。お出掛けに、連れっててくださいな。
d0127925_9194082.jpg
d0127925_92021.jpgd0127925_9204118.jpg
by harico_couture | 2008-03-17 09:21 | Comments(0)

リネンのブラウス

わ〜、長らくブログお休みしてました。。。。すいません。リネンのブラウスお作りしました!!私も大好きなテイスト!!!作ってる途中楽しくて楽しくて。。。この形でワンピースにしても、かわいいですよね。胸元に、お客様のイニシャルテープを縫い付けて何処にも無い自分だけのブラウス。d0127925_9102818.jpgd0127925_9112382.jpg
by harico_couture | 2008-03-16 09:11 | Comments(0)
お客様がお気に入りのエプロンの形そのままで、着物生地でエプロンをお作り致しました。
リバーシブルだから、2倍楽しめる。紺系、えんじ系。d0127925_0535977.jpgd0127925_0541671.jpg
haricoのひとりごと・・・オープンしてまだ5ヶ月ですが、もう私がこのお店を通しての伝えたい事がお客様に分かって頂いてるなあ・・と涙が出るほど嬉しく思う時があります。鶴の恩返しではありませんが、わたしは1針1針布を通してお客様の顔を浮かべながら心を込めます。それは、伝わります。あるお客様が「ここのお店は、魂が宿っている」「haricoの服は幸せな気分になる」「夢があるお店ね」・・・様々おっしゃって下さいます。「このままでいいのか?」と不安になる私に勇気を与えて頂いてます。このままでいい・・・伝えていこう!!皆さん、有り難うございます。d0127925_0551865.jpgd0127925_059633.jpg
by harico_couture | 2008-03-07 01:00 | Comments(0)

聖書カバー☆

d0127925_0262477.jpg

ドイツの民芸トロッケンゲビンデの作品を作ってくださっている加納さん。トロッケンビンデとは、森に落ちている木の実をワイヤーで1つ1つとめてリースなどを作ります。配置などとても繊細で美しい!!haricoは大好きな作品です!!なにより自然で素朴なな素材感、必見の価値ありです。そんな加納さんからのご依頼で聖書カバーをお作り致しました。中にはポケットが付いていて、聖書がピッタリ収まります。
d0127925_0272937.jpg
d0127925_028127.jpgd0127925_028471.jpg
by harico_couture | 2008-03-07 00:32 | Comments(2)

ハルト

器用な人と不器用な人に分けるとすると、針仕事をしているharicoは器用な人と見られるかもしれない。でも、子供の頃から不器用でだだくさで家庭科で2をとった事もある。(お恥ずかしい)我が子、ハルトも親の血を引いたのか不器用。生き方まで不器用である。不器用だけならいいが、劣等感までグリコのオマケのように付いてくる。そんなハルトが授業参観で「ぼく、わたしが1年で出来るようになったこと」と命名した発表会で何を血迷ったか『けん玉』をすると言う。それも、参観日の3日前くらいに言い出した。当日殆どグループで発表する中か、たった1人でけん玉をする。しんと、静まりかえった教室注目のハルト。結果、なんと大皿、中皿、小皿一発で載せ拍手喝采でした。帰って来たハルトは、自分の栄光に酔う訳でもなく普通にこう言った「いつも、放課みんなが遊んでいる時も練習していた」脳科学者の茂木博士も言っていた、
「苦手だと思ってる事はドアの入り口でうろうろすること。トレーニングすればできるようになる。それからが、おもしろい。」不器用、器用とは関係なく自分がしたいこと、追求したいこと、表現したいことずっとずっとし続ける。そして、終わりが無い。「これでいい」という終わりはない。ハルトは、独特な世界感をもっている。いつしかそれを表現できる様になる為に何度も何度も繰り返し行うだろう。きっと、その時実を結ぶと私は思っている。今回のけん玉は、神様が示した道しるべ。
d0127925_23532767.jpg

by harico_couture | 2008-03-06 23:59 | Comments(0)

リメイク♡ワンピース

お母様がお若き時に、お召しになっていたワンピース達。昭和の香りがします!!ファッションは10年サイクルで廻る!!と申します。娘さんが「かわいい♡」と思うのも頷けます。花柄の柔らかいシフォン生地。襟周りは殆ど手を加えず、当時のまま。かわいいです。縫製も丁寧。几帳面な日本人による手仕事の良い時代だったかもしれないな・・・そんなことを考えつつ、ハイウエストにしたり、袖を取ったりしてリメイクしました。これから、春から夏まで着れますね。お母様から娘さんまで、2世代に渡って着てもらえるワンピース、幸せものですな。
d0127925_0215865.jpg
d0127925_0222549.jpgd0127925_0234322.jpg
by harico_couture | 2008-03-02 00:23 | Comments(0)
若草色のつむぎのお着物をフードコートに。着物の力・・・・デザインとパターン、縫製と全てを自分1人で行うのがharicoのおもしろいところ。作ってる間は、お客様のお顔や体型を思い浮かべる。出来上がると、自分が作った!!という考えはあまりない、それどころか天から操られて作らせて頂いたような、出来上がったものに客観視して見ている。なので、自分で作ったのを平気で「これ、いいでしょ」とか「素敵でしょ」と言ってしまう。

実は、前回お作りしたブラウスジャケットのお客様と若草色フードコートのお客様のお着物は、今は亡き、おばあ様からそれぞれ譲りうけたもの。haricoのお店がなければ、今も箪笥に眠っていたのだとか。お店で、昔話に花が咲き着物の思い出が語られる・・・とってもとっても嬉しい事です。

d0127925_07573.jpgd0127925_085634.jpg
by harico_couture | 2008-03-01 00:09 | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)