<   2009年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

野花が散らしたかわいい柄。巻きスカートにお仕立てしました。裏地にも着物生地。ミニ丈なので、スパッツなどと組み合わせてもカッコいいですよね。。。。

haricoのひとりごと・・・今日はハルカイの遠足日。朝からバタバタお弁当作り。年々大食いになるハルカイ、今までのお弁当箱では小さい。。。私がハルカイくらいの頃、遠足は大イベント!いかに、少ない(200円ほどの)金額でボリュウム出し、しかもお友達と交換して楽しむ!みんながどんなお弁当を持ってくるのかも、楽しみの1つ。美味しそうなサンドイッチや、お茶ではなく紅茶だったり、を見て自分の家にない文化を感じるのだ。だけども、ハルカイときたら、そう楽しみでもない様子。お菓子なんて同じ種類を2つ。お弁当のリクエストもなしだった。朝、家の前を遠足に行く小学生達が通った。みんな、キラキラの笑顔。帰ったら、お弁当を洗いながら感想を聞くのが楽しみ。ハルカイよりママの方が遠足好きかも・・・
d0127925_10232593.jpg
d0127925_10234370.jpg

by harico_couture | 2009-04-30 10:24 | Comments(0)
チュニック丈のブラウスとパンツをお仕立てしました。何だか夏を感じます。1枚のお着物で作れますよ。

haricoのひとりごと・・・殆どの悩みは人間関係だと思います。そんなとき自分の歩く道を通せん坊されてるような感覚でしょう。だけども相手も「通せん坊」されてると思っているのです。毎週土曜に入る朝日新聞(be)の勝間和代の人生を変えるコトバを愛読している私、今週は「事実などない。認識だけだ」でした。勝間さんは絶対的な真実さえ信じていれば他人にどう思われていても遂行して誤解が生じても解決できると思っていたそうです。しかし、それとは逆に反感を買ったり、相手の為と思って行動したら恨まれることもあったそうです。私もそうでした。でもある時思いました。何が正しくて正しくないってのは、人それぞれ違うということ。よく「普通、こう考えるじゃない・・・」と切り出します。このコトバは私の中から出さないようにしています。通せん坊に出逢ったら、道をお譲りなさい。そう思います。そして、夜寝る前に、この通せん坊さんの幸せを祈って下さい。誰もが幸せになりたいと望んでいるからです。自分と同じように。。。。。
d0127925_10403453.jpg
d0127925_10405527.jpg

by harico_couture | 2009-04-28 10:41 | Comments(0)
前身にピンタックがあるノースリーブチュニック。帽子とお揃いでお作りしました。透け感があるこのお着物生地。珍しいらしいです。上布というのかな。背中のボタンもかわいい♡

haricoのひとりごと・・・またまた発見、ウチのお店に集まる方には絵本好きが多いみたい。今、絵本の回し読みがプチブーム。常連のお客様からおかりした「ビロードのうさぎ」、とってもジンときます。クリスマスのプレゼントだったウサギのぬいぐるみ、棚に飾られ忘れられていたのですがある時から坊やの宝物になります。どんな時でも一緒に過ごし薄汚れていき、ある時坊やは(たぶん伝染する)病気になり・・・うさぎさんは焼かれてしまう運命になります。そこに妖精が現れ「ホンモノ」(その先はお楽しみに)になります。私はもう大人になってしまったので、絵本を読むと色んな事を感じます。子供が感じるピュアな気持ちとはまた違います。今まで生きてきた(未だ未だ短いですが)人生とシンクロします。うさぎさんは、私です。夜、ハルカイにこの絵本を読んでいる時に泣いてしまいました。うさぎさんの気持ちが痛いほど分かるからです。ハルカイには、まだ分からないでしょう。絵本には、心を揺さぶるような強い力があります。例え優しい言葉、優しい挿絵であっても、ぐ〜っと胸の奥をえぐるような。本屋さんに行ったら、絵本売り場に行ってみてください。心にジンとくる1冊に出逢えるかもしれませんよ。
d0127925_106348.jpg
d0127925_1072090.jpg

by harico_couture | 2009-04-28 10:07 | Comments(0)
前回のと柄違いです。大好きながら。シルクウールなのかな。適度な厚みもあって、柔らかい。とっても素敵!!

haricoのひとりごと・・・最近思う事。人は皆「表現者」である。「個性」とは言わず、「表現者」。
自分を認めてもらえるまで必死に表現し、苦しんでいる。売れない俳優のよう。少しでも分かってもらえる場所を求めている。悲しいかな、誰にも認められずとも、自分を追いつめ没頭し究極までいかないと「世界」は変えられない。世の中で突出した素晴らしい人は皆そう。ならば隣の人も、前の人も皆「表現者」と思い、「観客」になる。それだけでも「表現者」は幸せだ。子育てもそうだと思っている。ハルカイも「表現者」として毎日過ごす。「観客」のママは笑い、涙し、拍手をする。「観客」がいるからこそ、頑張ろう!と気力が湧く。
d0127925_1144597.jpg
d0127925_115678.jpg

by harico_couture | 2009-04-27 11:05 | Comments(0)
襟がストールの様な、ジャケット。ひらひら風に靡かせて歩くのもいいのでは・・・素敵な柄に心もウキウキします。

haricoのひとりごと・・・私にとっては、いつもと何ら変わりのない春を迎えているのですが、周りでは「転機」を迎えている人ちらほら。。。そんな人達から、なんだか「春」の暖かさに似た力を感じます。冬の間、じっと耐え力を蓄えて春を待ちむく〜っと地面から芽を出す。今ある笑顔になるまでに、色んな思いをしてきたのだろうな。これから歩く道で、かわいい花を愛でつつ、大空の空気を吸い、いっしょに寄り添い歩く人とともに沢山の「幸せ」を感じて欲しい。
d0127925_10282819.jpg
d0127925_10284559.jpg

by harico_couture | 2009-04-27 10:27 | Comments(0)
お仕立てした端切れから、ショルダーバッグを作りました。沢山ポケットが付いていて使いやすい!!

haricoのひとりごと・・・誰にでも『転機』がある。私の転機は 結婚 と 出産 と お店をopen した事。思うに、転機は自分で自分が「今、私、転機だ」と自覚があると思う。そして勝手に運命の車輪が回り止まらなくなる。結婚も、とんとんとんと決まり、出産したことで周りを取りまく環境が変わり、お店もまた今までの縁がフル活用され、気持ちがいいくらいにスムーズに流れる。反対する人も1人も居ず、皆が祝福する。。。これは目に見えない脱皮のようなものだろうか。何とも不思議な感覚だ。周りに『転機』を迎える人が居たら、祝福しよう。脱皮を迎えるのだから。やがて蝶になり、大空を羽ばたく。
d0127925_10574040.jpg
d0127925_10575962.jpg

by harico_couture | 2009-04-23 10:59 | Comments(0)
大島のかぶりのワンピースのお客様の旦那様に、紳士ベストをお作りしました。またまた、お揃いになりました。仲睦まじいご夫婦だから、ご旅行もよくされるらしい。。。是非、これを着て楽しんできてください!!

haricoのひとりごと・・・・塾の先生から、アカデミー短編アニメ賞をとった『つみきのいえ』をおかりしました。まだ見てない方がいらっしゃると思いますが、感想書いちゃいます。短いアニメで、しかも言葉がない(日本語のナレーション、長澤まさみの声が入っているのもありますが)のですが、すっごく濃く、深い!!家族で見てた手前押さえていましたが、わ〜っと泣きたいくらい感動しました。今朝テレビでやっていた難病(老いていく病気)のアシュリーさん、昨日アースデー・コンサートで歌った絢香の「たのしいこと、つらいこと全て自分の人生・・・」(のような詩)歌がラジオから聞こえてきた。アシュリーさんは、刻一刻と死に近づく、絢花も歌えなくなるかもという状況です。だからこそ、『今』を大事に生きている。「つみきのいえ」も1つ1つ、楽しいこと、辛い事・・・を重ねて老いていくことを描いている。平凡な毎日の『今』をどれだけ自分なりに生きていくか。別に力まなくてもいい。自然体で、全てを愛する気持ち。ハッピーもアンアッピーも、後から考えると同じに思える時がある。最大のアンハッピー、そこを超えたとき最大のハッピーが待ってたりする。それはアンハッピーがあったからこそ。そんな風に、1箱1箱積み木を重ねて、老いていく。
d0127925_104023100.jpg
d0127925_104040100.jpg
つみきじゃないけど・・・
by harico_couture | 2009-04-23 10:41 | Comments(0)
前回と同じ形ですが、生地を変えるだけでまた違った感じになります。絹地の蚊絣、薄手なので夏にピッタリ。もちろん、重ね着したら今からでもお召しになれます。

haricoのひとりごと・・・お店を手伝って頂いてるbook friendの佳代さんからのオススメ本「本物の考える力 生きる力 勉強法」マークス寿子著を読みました。彼女はイギリスに住んだ経験をもとに、日本との比較をし、今の日本の教育に足りないものをズバっとバッサリ書いてます。気持ちいいです。(題名は固いですが、中身は読みやすいです。)イギリスでは、小さい頃から議論させるらしい。子供が機嫌が悪い時に、何故そういう態度なのか?理由を聞く。親は妥協もせず子の意見を聞く。また、正解を1つに絞る日本の教育は「考える力」を育てにくいそうだ。たいした教養のない私、ハルカイにしてあげられることは「空想する言葉」を投げかけること。昨日本屋さんに行きました。ハルカイは「買って買って!!」の連呼です。そんな時に「人生を変える1冊を選んできて、ちょこっと変えるだけの1冊でもいいよ」と言います。ハルカイは結局漫画を買うのですが、「人生を変える1冊・・・」とつぶやきながら探します。歯医者の時間が迫っても「早く用意しなさい」とは言いません。「はるちゃ〜ん、かいちゃ〜んとわざと小さい声で何回も目覚まし時計のように言います。すると、「はいはい、歯医者の時間だね。」と自分から言います。その間、考えているんだと思います。子供は考えて行動するまで時間がかかります。気分も左右します。その間待つことが、子供への愛情かと。愛情が深いほど「考える時間」は増えるのかと。そんな事言ってるわたしですが、仕事が忙しくハルカイと過ごす時間は短いです・・・・ごめんね。
d0127925_17372360.jpg

by harico_couture | 2009-04-21 17:37 | Comments(0)
大島で作ったオ−バーワンピースです。背中のVの切り替えがポイントです。涼しげでいい感じです!

haricoのひとりごと・・・この間生まれたお友達の赤ちゃんの名前は「碧」(あおい)ちゃん。私は名前から、その人がどんな人生を歩むのか空想するのが趣味です。子供が生まれると、何かの願いを込めて名前を付ける。その子は一生涯その名前で呼ばれ、『願い』を名前として何度も呼ばれ育っていくのです。それはとっても素敵な事。話は逸れますが、映画の字幕は世界から見ても日本は珍しいとのこと。漢字1文字によって色んなイメージができるので、適しているそうだ。そのくらい漢字1文字に託されるイメージは強い。晴斗、開斗は実は私の両親が字画を見てもらい、一通りのリストの中から選んだだけの名前でした。私が付けたかったのは、パパの1文字を使って、楽久(がく)竹久夢二が好きなので夢久(ムク)にしたかったのですが、両親に「ガチャピンとムックみたいだから止めなさい」と反対されました(笑)しかし、晴斗・開斗と付けて、今は良かったと思ってます。晴斗は人の気持ちを晴れさすパワー、開斗は自分の信じた道を開拓するパワー、そんなイメージが彼らには付いてきた様な気がしています。私は失礼かもしれませんが、お客様にもなるべく下のお名前で呼ばせて頂いてます。その方が『願い』が叶い、その方も幸せになるのでは。。。と考えているからです。たまに、残念に思う事は、親子の会話で「あんた」と呼んだり、名前を呼ぶ時もキツい口調で呼んでるのを聞きます。折角の『願い』の名前がもったいないな・・・と思います。私の名前は『幸子』(ゆきこ)、だからなのか「しあわせ」という意味をよく考えます。
d0127925_1145578.jpg
d0127925_11444030.jpg

by harico_couture | 2009-04-21 11:46 | Comments(0)
紫色の透け感がある涼しげなお着物でブラウスをお作りしました。ご自分で持ってらっしゃるブラウスから型紙をとって、お作りしてます。着物リメイクしました!って主張もなく、普段使いでオシャレに着れます。

haricoのひとりごと・・・4年生になったハルカイは部活を始めた。カイトはサッカー、ハルトはバスケ。初めて違うそれぞれの道、どうなることかしら。運動苦手なこの2人、徒競走は笑顔で最後にゴールし、逆上がりは未だ出来ず、休み時間のドッチボールを避けて日向ぼっこか散歩をする様だ。そんな2人が意欲的になっている。もしかしたら『部活ぶかつ』という響きに酔っているのかもしれない。部活初日、先生から電話がきた。「ハルト君、準備運動ちゅうに転んで・・・」笑ってしまった、まだバスケをする前の準備運動で・・・・!学校から帰ったハルカイは、なんだか楽しそう・・・「俺、準備運動でもうコケてよ〜、ママ、滑らないバスケットシューズ買わないかんわ」「ママ、サッカーもね、サッカー用の靴がいるんだわ」・・・やはりモノから入るタイプは私と一緒ね。
d0127925_23354567.jpg

by harico_couture | 2009-04-20 23:35 | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)