<   2011年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

新入学BAG&シューズ入れ

2年前かな、3姉妹のお姉ちゃんのBAGとシューズ入れをご注文頂いてました。今回は一番下の娘さんとお姉ちゃん達のリニューアルにと、再び頂きました。お客様のご成長を感じながら、作れるのって幸せです。私から手放し、知らない空の下、共に同じ時間を過ごしつつ、モノも可愛がられて生きているんですね。。。。なんだか、じんとします。。。。有り難う。
d0127925_2121080.jpg
d0127925_2115480.jpg
haricoのひとりごと・・・春休みだから、里帰りでお子様連れのお客様が多いです。私は小さなお客様が好き。小さいお目目が、キラキラと輝き、一生懸命に自己主張し、刺激を受けている。話しかけると、じっと私の目を見て、「この人が好きか?嫌いか?」・・・動物的に、嗅ぎ分けている。無意識の、自分を見られてる。心は裸で、私も裸になれる。筋書きのない世界。ひとしきりお話し、帰るとき、咲き乱れたお店の前のパンジーの花を摘んで差し上げます。花や草など興味もなかろうか?と思うでしょ、いいえ、子供はお花が大好き。お花の美しさをちゃんと分かってらっしゃいます・・・・いつもの当たり前の世界に、美しいものは沢山あります。便利なモノより美しいモノが、子供の心には大切だと思ってます。
by harico_couture | 2011-03-31 21:17 | Comments(0)

帯あげのbag

絞りが美しい帯あげでお作りしたbagです。革を三つ編みしたヒモを見つけたので、使ってみました。蓋が開かないように、チャームをつけてみました。お出掛けしたくなりますね。
d0127925_15193935.jpg
d0127925_15191977.jpg
haricoのひとりごと・・・宿場町を散策中、ハルトが「オレ、(NHKの)地球街歩きを思い出した」と言いました。「どこの国?」と聞くと「中国」。「あの時さぁ、お金がなくても物物交換で油をもらってたんだよね。あ〜いうの、オレ、好きだわ〜」随分前に見た番組を憶えてたようだ。私も、だいぶ前から物物交換の事を考えていた。私の頭の中と、ハルトの頭ん中、たまにシンクロする。昔、お金というシステムがなかったとき、物物交換であった。私はこの仕事に就いて漸く、お金が気持ちに思えるようになりました。そう、太古の人間と同じように。。。ハルトはもう気付いてるんだな・・・。
by harico_couture | 2011-03-31 15:52 | bag・小物 | Comments(0)

ふらり旅2

パラミタミュージアムで開催中の「ルーシー・リー」展に行って参りました。日曜美術館で2年程前でしょうか?このルーシー・リーを知った時は、衝撃的でした。形といい、色といい、本当に胸を鷲掴みにされたような・・・待ちに待った、ご対面でした。ルーシーの作品は、ろくろで作り、あらゆる釉薬を使った彩色が特徴です。その色合いは、本当に様々で、しかし一貫して彼女の感性にぶれがないのです。形にしても、そう。優しさの中に、凛とした強さがあって、美しい。西洋の食器というと、薔薇の花だったり、金の縁取りだったりと想像できますが、ルーシーの作品は人間の本当の美しさを感じます。ルーシーの弟子、ハンスコパーもまた、彼女の意思を継いでる気がします。彼の作品はもっと原始的です。強さも感じますが、人間のもろさも感じます。今、私の中では、「美」を知っていく、追求して行くうちに時代が、退行します。盛ることよりも、削ぎ落としていく感覚です。洋服の世界は盛っていく世界に思えてなりませんでしたが、この陶器のように人間らしい洋服もあるのではないか?と思えてきました。より、1人1人の人間の美しさを引き出す器のように・・・なれたら、いいですね。ハンス・コパー展も行きたいな〜!!
d0127925_20511340.jpg

by harico_couture | 2011-03-30 20:51 | Comments(0)

ふらり旅1

名古屋から車をとばして1時間で、三重県旧東海道・関宿に行って参りました。パパも私も、古い町並みが好き。今も生活の場として、家が生き続けてる気がして嬉しくなります。ちゃんと歴史資料館もあって、当時の暮らしが分かるようにもなってます。まるで江戸時代にタイムスリップした気持ちにもなりますよ。ハルカイなんて、気持ちは幕末で「ここで敵が来たら、どう逃げるか・・・」観光客が殆どいなかったので、好き勝手なりきってました(笑)それから、行きたかった「而今禾」さんも伺えました。素敵なお店でした・・・。春のポカポカ陽気の中散歩がてらのこの旅、気持ちのリセット、身体のリセットができました〜。関宿で出逢った、ワンちゃん、おばあちゃん・・・なんだか自然で、いつもの風景と捉えてて、観光地でない普段の生活を切り取った感じで、なんかよかった。江戸時代、明治,大正、平成と長い時代を超えても、変わらぬ何かを感じました。。。今、日本大変だけど、何とかなるよね。
d0127925_20183748.jpg
d0127925_20182132.jpg

by harico_couture | 2011-03-30 20:18 | Comments(0)
ママの可愛いスカートをお嬢さんのジャンバースカートにリメイク!!お姫様のようになっちゃいました。すっかり地味好きになった私だけど、少女の頃は、本気でお姫様になりたいと思ってましたよ!!そんな小さな頃を思い出してしまう様な、ジャンバースカート♡
d0127925_13412050.jpg
d0127925_1341191.jpg

haricoのひとりごと・・・・東京からお客様がお子さん連れで、いらっしゃいました。放射能が怖くて外で遊ばせるのを躊躇するそうです。水の問題も。道徳公園で深呼吸して、遊べるだけで心が解放されたとおっしゃっていました。何も問題ない、ココで暮らすわたしは何も言えませんでした。いくら大丈夫だと言っても、心は見えないストレスに縛られてるんだな、と。私にできること・・・イーブンな環境でないことから、何もできないと思いがちだけど、精一杯明るく、楽しく、今日1日機嫌良く生きることが廻り廻って彼らに届くんじゃないかと思ってます。高校野球の選手宣誓のコトバのように、全力で戦う事が、僕らが今できること、と等しいと私は思っています。
by harico_couture | 2011-03-28 13:54 | Comments(0)
義母のお店、coffeeさくらが南ホームニュースに載りました!!黒カレーのモーニングセットも始りましたよ。黒カレーはなんと、隠し味に「コーヒー」が入ってます。コクがでて、後味さっぱり、癖になりますよ。http://www.coffee-sakura.com
d0127925_13102333.jpg

haricoのひとりごと・・・義父からのプレゼント、茶香セット。わざわざ、常滑まで行って買ってきてくれました。早速ローソクに灯を点し暫くすると、お茶の煎じたいい香りがお店中に広がりました・・・お茶屋さんの前を通ると深呼吸しちゃいません?そんな香りです。義父は、ホワイトデーのお返しに私が梨好きなのを知って果物屋さんまで行って大きな梨を買ってきてくれたり、義父が主催したバス旅行にharicoの服を着て宣伝してくれたり、さりげなくいつも気にしてくれてます。・・・・義父にも、ジャケットを何ヶ月も前に注文もらってるんだけど、まだ作ってない・・・作らなきゃね。
d0127925_13343225.jpg

by harico_couture | 2011-03-28 13:33 | Comments(0)

和柄エプロン2

こちらは、ショート丈のエプロンです。前にスリットが入っているので、しゃがみやすいですよ。残った生地でコースターも作ってみました。
d0127925_13125718.jpg
d0127925_13124220.jpg
d0127925_13122937.jpg

haricoのひとりごと・・・我が家のお小遣い事情、お風呂掃除、トイレ掃除、洗濯物を入れてたたむなど1回50円。積もり積もればマウンテンになる。これで稼いだお金は、親に「○○買ってもいい?」って聞かなくても好きなモノを買っていい事にしています。カイトはお金が大好き、ちゃんとカウントし、請求してきます。ハルトは・・・・この子は、変わっている。「ハルトも請求してね」と言うと「おれ、そうういう主義じゃないから」と言って受け取らない。夕食作りもお手伝いという概念がない。「野菜切っておいてね」と言うと「は〜い」と言って直ぐやる。最初は、覚束ない切り方で見てるのもヒヤヒヤしたけど、今では何でも切れる。口答で「炒めて、塩こしょう・・・・」と順番を言ってもその通りにできるようになっている。彼にはいい意味で感情のアップダウンがない。ニュートラルな状態。そんなハルトが「ママ〜おれ、学校で変な事ほめられた〜」と言った。何だと思ったら「ご飯のつぎ方が上手い」と言われたそうだ。最近、私は「無意識」の中に、「本当の自分」が集約されていると思っている。愛ある人は、無意識な状態でも愛ある状態なのだ。ハルトの無意識の中に、彼の愛の深さが垣間見れる。相変わらず、冴えない成績票ではあるけど、成績票に「愛」の教科があるならば、彼は優秀ではなかろうか?そんなバカな事を考える母ではあるが、震災で炊き出しをしている映像を見て、「オレなら、絶対助けに行く」と呟く彼の目は本物であると確信している。
by harico_couture | 2011-03-27 13:34 | Comments(0)

和柄エプロン1

この間、誕生学でお世話になった狩野先生にオーダー頂きました。ご出産されたということで、お祝いも兼ねて伺わせていただきました。元気な男の子、ミルクを吸う力が強いらしく、生命感にあふれてました。なんだか、赤ちゃん見るとこちらが元気になってくる。。。赤ちゃんってスゴイ!生まれて数日なのに、ニコッて笑ってくれました。
d0127925_1392126.jpg
d0127925_139779.jpg

by harico_couture | 2011-03-27 13:10 | Comments(0)
ちょっとAラインのジャンバースカートです。1枚でもいいし、下にパンツを合わせて着てもいい感じです。大島は縦と横糸の向きで光沢の違いがあります。そこを生かして、ポケットと裾に横生地で使ってみましたよ。携帯で撮ったので画像が悪くてすいません!
d0127925_16291376.jpg

haricoのひとりごと・・・「声」声を聞くと、その人のエネルギーがどんな感じなのか分かります。声質とか、間だったり、テンポなどでも何となくですが分かるのです。自分の声って自分ではよく分からないように、自分の性格もよく分らないと思います。声も、毎回心の動きによって違います。分かりやすいのは風邪の時、疲れた時、声の張りはなくなってます。緊張したり、不安な時、声は遠くに響いてません。そんな声と心の関係を知った時、「歌う」ことで心を元気にできると思いました。言わば強制的に声を出させる。もちろん、好きな曲を歌う訳だから苦にはなりません。なので、私は時間があったら家でカラオケします。最初は「ママ〜ボクも歌う!」とマイクの取り合いだったのに、今は男3人pspのモーハンをし、その前で私が熱唱している図になってます。歌ったあと、スッキリします。歌ってる間何にも考えないから、それがいいのかも。スポーツみたいなものかな。声帯が鍛えられると、お話してても意思が通じやすくなります。若い頃は、何もしなくてもよくても、年をとると何かしなくては維持できなくなります。これは、生き方がそのまま出るということです。若い頃何もしなくても綺麗だったのに時間が経つと、顔が垂れてきます。生き方が素敵な方は、口角が上がり、目も優しく、本当の美しさになっていきます。声も、同じなんじゃないかと思います。なので、みなさん、落ち込んだときは大声で歌う事をオススメします!!
by harico_couture | 2011-03-25 16:29 | Comments(0)
絞りの羽織は、背中や前見頃に模様がある事が多くって、背中は大胆な大柄がまた面白いんです。今回はシミが多く、シミを隠すために頭を悩ませました....。ボタンを黒にして、スパイスを効かせてます。
d0127925_1311232.jpg
d0127925_1305524.jpg

haricoのひとりごと・・・ヨガを始めました。って言ってもまだ2回しか行ってないです。自慢じゃないのですが小学校の時、運動能力テストで前屈が学年1位でした。「こんにゃくのおユキ」と呼ばれてた事もあります(笑)しかし30年経った現実は厳し〜〜〜〜!!周りから浮き足立って「固っ!!」ベテランさんの60代の方なんて股がほぼ170度、私は90度。。。ただ1つ褒められたポーズの名は「死骸のポーズ」床に寝て全身の力を抜くのだ。目を瞑って瞑想するのですが、本当に身体が動かなくなる。どうやって身体を動かしてたか分からなくなるの。先生が力が抜けてるのか、足をブラブラさせるんだけど「あなた、上手に抜けてるわ」とお声を頂きました。。。。ウェアーも買ってやる気満々!!のツモリが、身体を壊してしまって休んじゃったけど、これから続けたいもの見つけて、ちょっと嬉しい私です。
by harico_couture | 2011-03-24 13:22 | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)