<   2011年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

bagの内bag

私の念力もここまできたか!!(笑)それくらい、驚いた引き寄せる力の話。。。。実は去年モデルのカミンスキーのbagが欲しかったの。大きなタッセルがついてて、とても可愛かったの。おバカ私は、これが定番だと思ってて、気が付いた時は完売でした。今年のモデルは、タッセルが付いてなくってね。「欲しい〜欲しい〜」って思ってたら、「届いたぁ〜」って言っても私のモノにはなりませんが・・・(笑)ご依頼は・・・カミンスキーのbag、自立しません!(←こんな意味じゃないけど)へたって倒れちゃう。なので、立つようにin bagを作って〜とのご依頼でした。リバティの生地で可愛く、ポケットもたくさん付けてと、なんて使い勝手のいいオリジナルバージョンできましたよ。。。
d0127925_15414281.jpg
憧れのbag
d0127925_15412644.jpg

haricoのひとりごと・・・月末か月初めに、スケジュールを書き込みます。毎月「ひゃぁ〜〜〜〜!!」と(嬉しい)悲鳴をあげたくなる程の過密スケジュールです。繊細な人なら、悩むくらい。よかった、O型で。いつも「なんとかなるか」とぼんやり考えるか、そのとき考える癖がついてます。みんなに平等なのは「時間」。でも、時間は曖昧です。自分の体感速度と他人の体感速度は異なります。私は、「時間を」合わせたり、突っ走ったり、無駄に過ごしたり、して時間を使ってます。時間と身体にも関係があって、身体の上に感情が乗っかってます。私はどっちかと言うと感情の上に身体が乗ってると思ってたけど、間違えてた。身体は車で感情はガソリン。ガソリンドバドバ入れても、壊れた車は走らない!!という原理です。時間を颯爽とスポーツカーのようにぶっ飛ばしたいな。
by harico_couture | 2011-05-31 15:57 | Comments(0)

お好みbag

「お弁当が入って、ポケットがたくさん、ふたを付けて欲しい・・・」お気に入りの生地で、ご依頼して頂きました。自転車に乗せると調度いい大きさ。無頓着な性格な私、bagの大きさにこだわる方の気持ちが鈍感なんです。やっぱり調度いい大きさ、使い勝手がいいって、生活していてストレスフリーになるから、大切なんだな〜。そう言えば、家の中が生活しにくくなってきた。私は、ごちゃごちゃ詰め込む癖があって、いつも探してるんです。最近は記憶力が無くなってきたから,さぁ大変!プロデュースされた無駄がない生活に憧れるけど、それを考えるのが面倒だな。どなたか、助けて〜!!
d0127925_12154026.jpg
d0127925_12152154.jpg

haricoのひとりごと・・・『断捨離』ベストセラーのこの本、著者のお名前忘れましたがお若い女性、ラジオにゲストに呼ばれてました。その時に興味深い事をおっしゃってました。「人によって、捨ててもいいモノは、他人から見て捨ててもいいモノとは限らない。古いモノ、使わないモノでも大切にしている価値観が違うのです。ご自分が捨てていいものか分からない時はどうするか?・・・・手で触って、『トキメクかどうか!』」らしいんです。私は「な〜るほど!!」と目から鱗だったわ。私は、細胞にも感じる力が備わってると常々思ってて、脳の感情よりも細胞の反応の方が心に正直だったりするの。だからね、触るってのはとっても理に適ってると思います。haricoにいらっしゃるお客様も、モノを大事にする方ばかり。モノの価値観って全然違う。そこに土足で踏み入るのは、家族くらいでしか許されないだろうな〜。もしかしたら、家族も許されないかもね。・・・その著者が言いたいのは、トキメクものばかりに囲まれて生活したらどんなにたのしいことでしょう!!!ってことなんです。確かにそう!!それもそうだけど、トキメク人間関係作りも大事です。一番は、家族(世界最小サークルね)にトキメイてください。そう!!怖いリトマス紙をお教えしてしまいましたね。旦那さんを触ってみて下さい。。。。トキメクか?トキメカないか?トキメカないからって断捨離してはいけませんよ〜!!
by harico_couture | 2011-05-30 12:34 | Comments(0)
アインシュタインの150個の語録が載ってます。Mちゃんの宇宙大好き旦那さんKちゃんが「haricoさんにオススメ」と貸してくれました。。。。私は益々、アインシュタインが大好きのなっちゃった。宇宙(マクロの世界)と目に見えない(ミクロの世界)まで幅が広く、物理や数学って何気ない生活の中にヒントがあったり、精神的な心の作用にもヒントがあったり、無限な学術。しかし彼は今世紀最大の天才と讃えられてるけど、子供のころから失語症で話す事も,書く事も困難だったの。26歳の時、相対性理論を出すまでは落ちこぼれだったのです。。。。これを知ってどんなに勇気づけられたか!!ハルカイまだ大丈夫だ!!この本を読んで、彼は奇人変人ではなく、人格者だったという事がよくわかりました。彼の言葉から1つだけ抜粋

宗教無くして科学は不具であり、科学無くして宗教は盲目です。

丁度昨日、ハルカイと話してた。『鋼の錬金術師』っていう漫画があるんだけど、その中で無神論者で天才錬金術師(いまでいう科学者)とそのガールフレンドは神を信じる信者。二人して死人を蘇らせるための行為の相違が、考えさせられる。この語録そのもの、ダーウィンの種の起源も宗教の弾圧から、世に出るのを大幅に遅らせたことも然り、今じゃ、誰もが猿から人間は進化したって知ってるけどね。物理や数学は揺るがない世界(宇宙)共通『真実』であること。宗教は曖昧だが『人間の心の作用』。面白い事に、アインシュタインも心の作用が先(アイデア)、その後で科学で証明するという順番。それから、私が驚いた事。「美しきものマニア」の私、数式は美しいという形容詞を使うことを知らなかった。そしてこの世の中、宇宙には数式の法則が渦巻いている。携帯にも、樹の枝の生え方にも、私達の身体だって数式ばかりなのです。・・・宝くじの当たる確率も、数字で出せるらしい。でもね、「夢」が無くなるんだって。「真実」を知る事は「夢」が萎む事なんだね。まだまだ謎は続くばかり、楽しみもたくさん残ってる訳です。
d0127925_15174540.jpg

もう1冊「アインシュタインファクター」アインシュタインの脳の使い方が書いてます。彼の考え方、半生と照らし合わせてます。子育てに役立ちます。
by harico_couture | 2011-05-27 15:14 | Comments(0)
スカートに見えるキュロットとお揃いの生地でベストをお仕立てしました。キュロットは私が好きなアイテム。スカートだと快活に動けない、パンツだと似合わない・・・その間をとってキュロットがいいんです。お揃いのベストでスーツっぽく見えるし、オススメです!
d0127925_18265676.jpg
d0127925_18263670.jpg

haricoのひとりごと・・・『超ポジティブ』いつからだろうこの、バカがつく程ポジティブなのは・・・年をとったからだろう。記憶力が著しく低下しているからね。感情の記憶まで低下している。笑える、年をとるってこういう恩恵があるんだね。そんな私は若かりし頃、めちゃくちゃネガティブだった。笑えない程ね。いつも他人様にどう思われてるか、気にしてた。アクセルをふかしたり、急ブレーキしたり、性格もアンバランス、服装も毎日違ってた。感情をむき出しにし、がむしゃらに生きてた。でも若さってこういう事だったんだね。のど元過ぎればようやく分かってくるんだな。お若い方、苦しいだろう、生きにくいだろう、いっぱい壁にぶつかってるだろう、八方ふさがりだろう(そうでもないよ〜と言う人もいるよね)でも、それに見合うくらいの見つけられてないかもしれないけど、その時しかないキラキラした何かがあるんだな。それは、今の私から見たら「いいな〜」って思える羨ましいこと。私にはない事。ポジティブになるには、「明るくなる!!」って思ってる人が殆どだと思うけど、私はちょっと違う。私は『信じること』だと思ってます。他人様を信じる、自分の思考を信じる、社会を信じる、子供を信じる・・・信じる事は=イコールになるってこと。同化すること、境界線をとること。そうすると、みんなが味方になってる気がして、元気がモリモリ湧いてくるよ。
by harico_couture | 2011-05-26 18:56 | 着物リメイク・スカート | Comments(0)
縞模様の紬をジャケットに。タテとヨコでは光沢が違ってて、そこが面白いかな?とちょっと遊んでみました。白髪の御髪が綺麗なお客様に、この綺麗なうぐいす色が映えます。。。。着物生地って、女性を美しく演出してくれるんですよね〜。。。ホントスゴイ!!
d0127925_9415768.jpg
d0127925_9413485.jpg

haricoのひとりごと・・・『ブログ』いつも、読んで頂いて有り難うございます!最近思わぬ方から、「読んでるよ〜!!」とお声を掛けられます。実際、データがあるのですが読んでる方が増えつつあります。私にとってブログは、仕事からの「逃げ」の行為です(夢を壊された方、申し訳ございません!!)いつも頭の中は何か考えていますが、言葉にならないモヤモヤしたバラバラのパーツ。それをまとめるのが好きなようです。色んな情報が五感から入って、この時に何を感じたのか、パッキングして吐き出したい。。。「こんな事書いていいかな・・・」とか、あんまり考えないので、時たま書いた後に「いいかな〜?いいや!」と開き直ってますが、毎回読んでもらってる友人に「最近の私のブログ、大丈夫かな」と批評してもらってます。そしたら「いいんじゃない、日頃思ってること存分に吐露してる感じが」と言われました。・・・これからも、書き続けるコトでしょう。。。お付き合い頂ければ幸いです。よかったら、書き込みして下さいね〜。
by harico_couture | 2011-05-26 09:58 | Comments(0)
「好きに作って!!おまかせするわ」期待に満ちた最高級のオーダーです。プレッシャーは普段の10倍でしょうか。あれこれ考えて、お客様のお好みをイメージして、無意識で作ってみる・・・自分の中で迷いがなかったら、いつも何とか出来上がります。「できました〜」とお電話差し上げると、直ぐに飛んできてくれました。「わ〜♡」とハイテンションになっていくお客様にこちらまで嬉しくなります。産みの苦しみを忘れる瞬間です。
d0127925_10394691.jpg
いつも明るいお客様をイメージして胸元にコサージュのように縫い付けました!
d0127925_10392820.jpg

haricoのひとりごと・・・三谷幸喜と小林聡美の離婚は小泉今日子と永瀬正敏に継ぐショッキングでした。樹木希林と内田裕也が結婚生活が続き、なんなんだろ・・・haricoには色んな夫婦やカップルが来る。10人10色であるから、対になると千差万別の科学反応。大抵真反対の人格を選んでいる。私はこの世界に生まれた時、分離し半分になってしまってると仮定しています。あとの半分を「寂しい」から必死に探すのです。どうして真反対を選ぶのか?似通った魂では成長がないからです。似通った魂が近い魂ならば、真反対の魂は離れた存在です。そう考えると、耕す畑が狭いか?広いか?よく分かります。つまり器(畑)を大きくする為に真反対の存在を無意識に選ぶんです。でもね、一番大切なのは、離れているけれど吸着しようとする磁力が強くなければ、耕す事ができないのです。何を耕してるのか?私が思うに私が私であるための人格の形成、それと「愛」とは何か?の模索。名誉や功績、お金や才能・・・生まれた時、ゼロだったものが成長につれ付着する。勿論、マイナス要因も。そして死ぬ時はゼロになる。ゼロになる寸前「私とは?どんな人生だったのか?」と走馬灯のように思い出す。そして「どれだけ愛を残せただろう」=耕した畑の大きさを自覚するのではないだろうか?今日の一堀があるからこそなのだ。。。。
by harico_couture | 2011-05-25 11:21 | Comments(0)

誕生日、ありがとう!!

この歳で「おめでとう!!」と言って頂くには、少々の照れがある。けれども、365日分の1のこの時に思い出してるれるだけで、本当に嬉しい。。。。確かに私は存在するのだと、客観的に思えるの。心を込めて有り難うと言いたいです。。。心優しい義父と義母が、食事に誘ってくれました。私が好きな和食屋さんへ。「ゆきちゃんは一番高いの選びゃ〜」と言われ、遠慮なく頼み、さぁ、食いしん坊のカイトが大変!!メニューを食い入るように見つめ、決まらない。悔が残らない選択に必死である。我が子ながら、この食い意地はどこからきたものだ・・と首を傾げる。お寿司にそば、茶碗蒸し(プリンだ〜と叫ぶアホな奴)の定食セットに何故かたこ焼き、ソフトクリームもオーダーする。。。。41にもなると、義父とも話が合う。「タケノコは、早ければ6年、長ければ100年に1度花を咲かせるそうだ、では何故咲くのか?」と義父が切り出す。答えは・・・土に養分がなくなると、花を咲かせて遠くに飛ばすそうだ。こういうウンチクが大好きな私も、参戦する。話は政治や、原子力発電にまで飛び、止まらなくなる。こうして夜が深け、おきゃくさんのMさんのプレゼントのケーキを美味しく戴きました。。。。。
d0127925_10312653.jpg

by harico_couture | 2011-05-25 10:31 | Comments(2)

我が家の定番レシピ2

これも、たまに食べたくなります。子供達も大好きで、ペロッと食べてしまう。骨に残った軟骨が美味しいの。1・手羽元16本をニンニクを入れて油で炒めておきます。2・酢1カップ/水2分の1/醤油1カップ/砂糖大さじ6/ショウガ多め入れて煮るだけ。ゆで卵やブロッコリー・大根を入れてもいいですよ。
d0127925_9531560.jpg

haricoのひとりごと・・・『おひさま』NHK朝の連ドラ、おひさま。久しぶりにハマり出した。遅いハマり出しにストーリーについていけてないけど。時代は昭和の始め、主人公は小学校教諭。職場では男尊女卑の風潮は残っている。銘仙の着物、丸襟の花柄ブラウス、編み込みのヘアースタイルは私の好きな時代です(でも、実際は戦争もあり辛い時代よね)その主人公が家庭訪問する回がありました。先生をもてなそうとする生徒の親は、「こんなものしかないのですが・・・」と言い、なんと はちのこ を出す。主人公は気を使い「私、これ好きなんです」と好きでもないのに食べるのです。そしたら、村中に先生は蜂の子が好物だ!!と噂になり、次に伺う訪問先でも蜂の子づくしを食らうということになってしまった。ある時、教室で泣く女の子がいた。「どうしたの?」と聞くと「オラの家は貧乏で先生に喜んでもらう蜂の子がねぇ」とシクシク。その子の家に行ってみたら、みかん箱がテーブルで、今までテレビの中でみた貧乏セットの中で一番貧しかった。。。。(おしんよりも)そして、「これしかねぇで、すまない」と言って梅干しを入れるような壷を出す。私は何が出でくるのだろう・・梅干し?金平糖?・・・と思ったらなんと、ひとつまみの砂糖だった!!その砂糖を食べながら「美味しい」と言う先生の顔を満足げに見ている少女の顔がいい!!こんなに格差社会を感じながらも、精神的にはもてなそうと懸命な日本人。。。。美し過ぎて号泣しました。そんな社会だった日本が、短い時間で今の生活水準まで引き上げた。「その理由はなぜか?」となぞなぞのようにカイトに聞いた。横で聞いてたパパが、答えが出ないカイトに痺れを感じ私に「何故?」と聞いてきた。「答えは自分で考えよう!!!」と逃げました・・・・
by harico_couture | 2011-05-24 10:23 | ハルカイ | Comments(0)

我が家の定番レシピ1

マンネリというか、結構なローテーションで食べたくなるレシピってありません?我が家の男子達は、文句を言わないもんだから、気を使わず私が今日食べたい(少ない)メニューで作ってる。外食すると「ママ、次これ作って!」とお願いされるけど、直ぐハルカイは忘れてしまうので、シメシメ・・・である。ただ1つ、言い続けてるのは『げその唐揚げ』(笑)そのうち作るよ。
d0127925_9345134.jpg

中国・天津によく出張に行ってた頃、毎回頼んでたメニュー。ピータンが豆腐の上にのってるのと、ニラの餃子が未だに忘れられない味。それは復元できないので、ジャガイモとピーマンの炒め物は簡単なので作ってみてね。1・ジャガイモとピーマンを(細く)短冊ぎりにする。2・ごま油で炒めて、少ししんなりしてきたら、お酒を入れて蓋をします。3・ジャガイモに火が通ったら塩・こしょう・醤油を回し入れておしまい!!お好みで鷹の爪と豆板醤をいれてもおいしいです。
haricoのひとりごと・・・前に料理の相談を受けたことがあります。夕ご飯のメニューを決めるのがおっくうで1日考えてしまうのが疲れてしまうとのこと。たぶん、その方は真面目でちゃんとご飯の事と家族の事をよく考えてる人です。言わば「愛情深い」人です。その愛が、「疲れ」に変わらないようにするには不真面目ならぬ「非真面目」をオススメします。冷蔵庫の中は肉・魚のメインを5日間くらいストックしておきます。野菜も、多めに買っておいて、冷蔵庫を開けるまで、愛情はとっときましょう。開けた瞬間に考えるんです。大丈夫、何とかなります。訓練です。「私、手抜きしてるな〜」と思っても、手作りにはあなたの思いが入ってます。たまに、手の込んだお料理を出したら「わ〜!!今日はスゴイね!!」となる訳です。大事なのは、「面倒だな〜」とか「嫌だな〜」と自分が思わない事です。何も考えないことです。考えを止めると、無意識の状態になります。料理はテンポ、音楽のような感覚です。「今!!ここ」でド♪の音という感じで、間にも味にも五感を使ってます。とっても、自分を磨くのにいい時間なのよ。
by harico_couture | 2011-05-23 10:05 | Comments(0)

たまり場です!!

haricoは自宅兼アトリエ、いつも私がいる。安心感からか、子供が集まってくる。お店の前にわさわさと自転車が置いてある。家にたくさん集まるってのは、ハルカイもその他のお友達も「申し訳ない」って気持ちがあるみたい。「遠慮」というTHE日本人魂が、既に6年生で備わっている。。。。だからなのか、誰も言わなくても靴がきれいに揃えてあった。なんか、それに感動した。2階に上がると、ソファーに肌を寄せ合って電線にとまる小鳥の様にゲームをしてる。同じ波長が合う子だらけなのか、言い争いはないし、ドタドタ走り回る子もいない・・・これが草食系男子の卵なのかもしれないなと思ってしまう。かといって、ゲームばかりやる訳でもなく、「お〜い、バスケやりにいこう〜」と言うとみんな一斉に出掛けていく。センス・オブ・ワンダー・・・・・・今のうちに、たくさんたくさん遊んで感動してくれ、未来を創ってるのは『今』だからね。
d0127925_1362766.jpg

haricoのひとりごと・・・芽里さんのファッションショー、芽里さんから「キッズ(ハルカイ)も連れてきて〜」とお誘い頂いた。「ファッションショーって何?」と聞かれて、説明すると勝手に『女の人がたくさんいる所』と思い込む。今、ハルカイ(特にカイト)は女の人が苦手になっている。ホント言うと意識している故のこと。なんとか、電車に乗せて修学旅行用の洋服を買いに、GAPへ・・・街行く人並みを見よ!!と人間ウォッチをすすめる。色んな人がいて、その人その人、全く違った人生で、考えてることもまちまち。。。。道徳学区にはない、人通りを見てカイトがポツリ「俺たち、服装地味じゃない!?」その通り!!ヨレヨレのTシャツだもの...「なんか、恥ずかしい。道徳じゃ俺たち普通なのにね」初のカルチャーショックである。私も知多のど田舎から、栄に出てきたとき思ったものだわ。それから、東急ハンズで、買ったばかりのTシャツに着替えて、芽里さんのファッションショーに行きました。予想通り、美しい若い女性ばかり・・・ずっとうつむくカイトであった。
by harico_couture | 2011-05-22 13:20 | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)