<   2011年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧

「何が出るかな〜」ハズレくじなしのくじ引きやってます。商品は、ティシューやらサラダ油やらの日常用品です。よかったら運試しに引きに来て下さいね・・・・お待ちしてます。
d0127925_9171983.jpg

変わったお花でしょ。頂きました〜。毛糸の花だとか・・・・。

haricoのひとりごと・・・最近『空』という文字が気になります。常連客の清さんに「空」と「無」の違いについて話してからかな。一昨日の新聞で「空っぽなのに複雑な私」という小説の見出しがあって、なかなか深いな・・・と朝から思ってました。ハルカイに聞いてみても、ちゃんと違いを言えました。「空」は、空間の中での空っぽな状態。しかし目に見えないだけで何かは有る。「無」は何もない状態。すなわち0(ゼロ)。・・・・「空」は、私の感覚でいうとなんか、そこに何かがあって欲しい、いつかは何かが埋まるのではないかという期待みたいなものが同時にあるのではないかと思います。人間の感覚で「無」を体感する事は本当に難しい。っていうか、できるのだろうか?と私は思ってしまう。でもひょっとして、体感してても気が付いてないのかもしれない。。。。それがどうした!?って事なんですけど(笑)有と無の間はあるのだろうか?ってのも面白い。こういう話を始めても、答えは誰も知らないの。・・・宇宙の果ては「空」か、「無」か?誰か教えて。
by harico_couture | 2011-11-24 09:32 | Comments(0)
ネットからのご依頼です。「スカートからbagにリメイクできますか?」とのご質問から始って、スカートの写メが送られてきました。リメイクするのにはモッタイナイくらいカワイイスカート。でも、生地だけ見てもやる気が出てくるので是非作らせて欲しいとこちらからもお願い致しました。お客様のご要望のデザインも素敵で、ワクワク♡あれこれ、生地の配置など考えて完成!!マルシェの方はサイズが大きかったようですが、まずまず予想した通りとご返信頂いて,ホッ・・・・魔女な私ですが、遠隔透視はまだ力がおよびません(笑)あとまたも反省点。私の場合心が先行して、肝心なところが抜けてたりします。今回も加工賃をお伝えしないで作ってました(汗)それでも何もおっしゃらずに、出来上がりをお待ち頂ける・・・haricoではよくあることなんだけど、他の世界では通用しないよね。気を付けなければ・・・・。
d0127925_13153929.jpg
d0127925_1315032.jpg



d0127925_13183995.jpg

d0127925_15131384.jpg

by harico_couture | 2011-11-23 13:16 | Comments(0)

coffeeさくらのエプロン2

今度はえっちゃんのエプロン。腰回りがスッキリ見えるようにしました。おかあさんとえっちゃんの掛け合いが面白いんですよ〜、さくらの見せ所かな。今週末はえっちゃんの旦那さん(大工さん)にharicoの工事をお願いしてます。どんな感じになるのか私も楽しみです。
d0127925_15211559.jpg
d0127925_1521399.jpg

haricoのひとりごと・・・男の子を産んで男の人と話す免疫ができた。父ともまともに話せなかった私だったけど、ハルカイを育てるに当たってだんだん男ってこういう生き物なんだ〜って分かってきた。私の周りにいる男性群だからかわからないけれど、男は面白いね。考えてる世界がなんていうかマニアック。「それって何の役にたつの〜」だったり、一つのことに打ち込んでたり。周りの人間関係のことはあんまり気にしなくって、大きな世界が気になったりしている。「オレが政治家になったら、日本を救える」みたいな考えを結構持っている。日常生活から逸脱してるもんだから、折角の面白い世界観は自分本位で終わってる。もっと、横の繋がりで日頃思ってる事を言える場があったらな〜っと、思ってしまう。そんな話を聴きたくって、私の行く末はbarのママの転職を希望しているのです。
by harico_couture | 2011-11-22 15:17 | Comments(0)

coffeeさくらのエプロン1

おかあさんのお店で働いてるえっちゃんからのご注文、おかあさんのお誕生日プレゼントのエプロン。形は違うけど色でお揃いに見えるようにしてみました。「もったいなくって着れない」って言ってくれたけど、仕事が楽しくなるおまじないかけておいたので着て下さい!!(笑)
d0127925_1282236.jpg
銘仙はおばあちゃんの羽織です。
d0127925_128314.jpg

haricoのひとりごと・・・・昨日少年ジャンプの編集者が実際に来て、原稿を見てくれるというイベントがありました。1週間前、あんまり真剣になってないハルカイにホントに行き気があるのかどうか尋ねました。カイトは目が泳ぎ「ハルトが行くなら・・・」と選択をハルトに委ねました。ハルトは即答で「行く!!」(面白いかな、漫画家を目指しているのはカイトです)それから1週間、机に向かうハルトと、現実逃避のカイト。前日眠れず手直しを続けるハルトと、適当に描いて爆睡するカイト。全くちがう二人の時間が当日まで誘います。朝9時名駅の会場のビルに着くなり長蛇の列、前に並んでる男子に「ここ漫画の列?」と訳の分からぬ質問をすると「だと思います、持ち込みですか?」と聞かれた。このおばさんが漫画家志望に見えたのね。なんだか照れる。整理券を頂いたらなんと2時の面会予定。ハルカイは、家に帰ってまた手直ししたいと要望。あの本気で漫画家を目指す若者の列を見て怖じ気づいてる。時間が近づきハルカイだけ面会に行かせた。・・・・しばらくして帰って来た2人は、『見せるまでいかない』作品にちゃんとプロの編集者が一言くれただけで嬉しかったみたい。「この経験はすごい!!」と興奮してるハルカイは、まだまだ夢が現実に繋がってないだけに人ごとで夢見がちでいられる。これも幸せと言える。しかし、夢が現実に繋がりつつある時、こんな二人ではおられないだろう。・・・・にしても、そんなハルカイにも一言くれマッサラな原稿用紙まで頂いてきた。少年達に夢を見せてくれる少年ジャンプ、私は久々に素晴らしい会社だな〜と胸が熱くなった。
by harico_couture | 2011-11-21 12:38 | Comments(0)
今回の劇名『魔法をすてたマジョリン』、自称魔女を名乗る私としてはどうしても気になる。ハルカイから「魔女が火あぶりになる話」と聞いて胸が苦しくなるので行くのをやめようかとまで思ったけどね。会場に入るなり、子供達の割れんばかりの楽しい歌声と透る台詞。観ている側と一体化して、盛り上がってる。ホントに何度泣きそうになったかと思ったぐらい感動します。マジョリンの話は、私が自称魔女だけに、突っ込み入れたくなる設定が気になったけど、人間の表と裏をちゃんと描かれててなかなかよかったです。
話は変わるけど私のバイオリズムが落ちる時(原因がない)人と会話する事が億劫になります。そんな時にも平気なのは、子供と植物です。特に子供の笑い声と歌声には、相当のパワーが宿ってます。あんまり使いたくない言葉だけど私にとっての『癒し』なんだと、思わずにはいられない。今回の学芸会も子供のエネルギーいっぱいで、観に来たお父さんお母さんおじいちゃん、おばあちゃん・・・みんな元気をもらったんじゃないかな〜。
d0127925_13515765.jpg

お弁当作りました〜。完食してくれました!!
by harico_couture | 2011-11-20 13:53 | Comments(0)
綺麗なグリーンに薔薇模様・・・なんとも華やかな羽織でブラウスをお仕立てしました。お顔が映えるブラウス、いつもよりお洒落して胸はってお出掛けしたくなりますよね。最近、髪型をスパイラルのボンバーヘアーにしたせいか、派手な色柄に挑戦したくなってきました。地味な服を着てると、やつれた人みたく見えちゃう(笑)自分が好む色って不思議だけど、その人そのまま。。。。毎年流行色ってあるけど、年を重ねていくと「自分の色」が分かってきてぶれなくなる。それって、自分が分かってきた証拠でもあります。どんな色にでも挑戦する人もいます。そういう人は、七変化できる人。色んな自分を楽しめる人なのかもしれません。私は去年から「藍」色が好きになりました。クローゼットの中はこの「藍」ばかり。で、ちょっと飽きる。最近は、紫に近いピンクが妙に好き。私は多分、変化を求める人なのかもしれないな。今度のブームは何色なんだろ・・・・ってことは、まだ自分が分かってないってことだな。
d0127925_9431369.jpg
d0127925_9425063.jpg

by harico_couture | 2011-11-19 09:43 | Comments(0)
haricoのお仲間と大人の秋の遠足に京都に行ってきました〜!!皆さん手作り大好きな方ばかり。目も越えてて、どんな素敵なモノとの出逢いが待ってるかとドキドキしながら、知恩寺の手作り市へ出掛けました。行ってビックリ!!ところ狭しとお店が並び、丁寧に作られた手作り品が沢山売ってます。布モノ、木のモノ、土モノ、飲食もあって、目もお腹も満たされてしまいました。それから、ユキ・パリスのお店へ目の保養。モリカゲシャツにも行ってきました。haricoのお仲間は年齢がバラバラ、団体でいると「なんか変だね〜」って、でもでも、みんな好きなモノが同じだから盛り上がる盛り上がる。・・・この写真、撮って一段落してたら1人欠けてました〜。(笑)
d0127925_1412253.jpg
d0127925_1405539.jpg

帰りは皆さんバラバラ、私はこのブログで知り合った辰巳さんと落ち合って、楽しい時間を過ごしました〜。このゆる〜い感じがharico流です。また皆さん暖かくなったら春の遠足行きましょうね♡
by harico_couture | 2011-11-18 14:03 | Comments(0)

bagのアクセサリー

憧れのエゴバスのbag、それを間近で見られて幸せ。お客様がこのbagでご来店下さった時に「わ〜、これエゴバスのbagですよね〜」っと思わず言ってしまった。そしたら「分かってくれる人、殆どいないんです」と嬉しそうに返してくれました。冬バージョンにしたくって、毛皮をのせたいとのご要望。フンフン、そう言えば東急ハンズにうさぎの毛皮が売ってたな・・・とハンズへ。可哀想だけど、白ウサギ、茶うさぎ、黒うさぎとバリエーション結構あって、うさぎの身体の剥いだ形で並んでいる。しっぽの部分もちゃんとくっ付いてる。お客さんのご要望は『濃い茶うさぎ』奇跡的に1わ、ありました。あとは、別皮でリングを作ってうさぎとくっつけて出来上がり。冬も、籠族健在です!!
d0127925_1043391.jpg
うさぎ装着前
d0127925_1041812.jpg
うさぎ装着後

haricoのひとりごと・・・先週大塚屋に行ったところ、逢いたい人に逢えました。後ろ姿、ポケットから垂れ下がるストラップに岡本太郎の太陽の塔、しかもGジャンの背中には「ミシンアディクト」さんの文字、間違いなくミシンアディクトさんだ〜って、有名シンガーにサインを求めるファンのように声を掛けさせて頂きました〜。ミシンアディクトさんは、ジーンズをご自分ブランドでお作りになってます。こだわりは誰もが舌を巻くほど、縫い方は勿論、素材選びから着心地、長く愛着してもらえるよう余念がないのです。私とは作るスタンスがかなり違ってますが(これは、個性の違いです)根本的(根源的)なスタンスはかなり似ていると思い(思い違いだったらゴメンナサイ)話面白くてが止まらない・・・狭い売り場で、その世界感を聴きたくてかなりしつこく聴いてしまった。やっぱり素晴らしい作品を創る人は、この社会を踏まえつつもっと大きな世界を見ているんだな〜。アートbagの rinmiちゃんも、脳みその中が面白い。ここでは言えないけど、私だけにその世界感をこっそり教えてくれた。私はと言うと、このブログで大いに公開しまくっている。まあ、こんなものである(苦笑)

ミシンアディクトさんのH.P http:www2.plala.or.jp/missin-addict/
by harico_couture | 2011-11-14 10:36 | Comments(0)
とうとうこの本の紹介をしなくてはならない日が来たか,と思うと胸が痛くなる。3年前に手にした本だが、60年前に岡本天明という人が解読難解な預言書を書き,それをを解説化している本です。読み直してみても恐ろしく今の社会をそのまま風刺している。奇しくも昨日、野田総理がTPP参加を表明した。それがこの本の最も危惧する内容と一致する。少しだけ、ご紹介しよう。

『いまの世は金でおさまるように思うておるが、金は世のほろびのもとであるぞよ。根本から立て替えるぞよ。大地からあがりたもの(天産物)を大切に致さねば,金では治まらぬぞよ。金はいらぬのざぞ。お土からあがりたものが光て来るのざぞ。衣類、食べ物、家倉まで変るのざぞ。日本には五穀、野菜、海、川、いくらでも弥栄の食物あるぞ。人民の食物間違えるでないぞ。食い過ぎるから足らんことになるのざぞ。』

怖〜くなってしまうけど、まだまだ挽回の余地ありだと私は思ってる!!このからくりを『知る』こと。まだTPPが実施されるまでには時間がある。本当に必要なこと、大切な事を思い出せ、文句を言ってても仕方が無い。動的平行、積み上げては壊すのが自然の摂理。大丈夫、進化していく....
d0127925_1633238.jpg

by harico_couture | 2011-11-13 16:03 | 本・映画 | Comments(2)
チュニックとお揃いでショルダーbagのご注文頂きました。ちょっと変わってて、カッコいいってのを作りたくって、こんな形になりました。一見蓋のように見えますがポケット付きの袋付き。肩ひもも疲れないように太めにしました。旅行などのお供にいいかな〜。
d0127925_11122870.jpg
d0127925_11125523.jpg

haricoのひとりごと・・・『リトル・ミス・サンシャイン』最近観た心あたたまるおススメ映画です。アリゾナ州にあるフーヴァー家のぽっちゃり眼鏡少女オリーブが、ひょんな事からカルフォルニアの美少女コンテストに出場できることからお話は始ります。しかしこのフーヴァー家、問題てんこ盛り!父は堅物のビジネスマン、自論を押し付け家族から嫌われてる。兄は引きこもりで「ニーチェ」を敬愛し夢を叶えるまでは喋らない『沈黙の誓い』を実行し人間嫌い、おじいちゃんは、ヘロイン中毒のエロじじい、そこに母の兄ドウェン(科学者だったがゲイで大失恋で自殺未遂し精神疾患)が加わり、それをまとめる母はタバコをふかしストレスをためつつ日々過ごしている。そんな家族が小さなミニバンに乗って長旅をするのです。最初はちぐはぐだった関係も、主人公オリーブを通じて少しずつお互いを理解し受け入れ会場までことが運びます。もう、色んなコトが起ってハラハラドキドキ。表では反発しあう力も、裏では繋がりたいっていうサインだったりする。表と裏を自分の心地いいようにするのには、受け入れ許す、他人との境界線をなくす事なんですよね。それは、個性をなくすってことではないんです。このフーヴァー家のお母さんみたいな心情の方、沢山いらっしゃるんじゃないかな。家族が1つになれば、大抵の事は乗り越えられます。そんなことを教えてくれる映画です。是非ご覧になって下さいね。
by harico_couture | 2011-11-12 11:14 | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)