<   2012年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

シックな装いにいかが?kokoさんが作ってくれた,着物生地コサージュです。一つは大島紬、もう一つは絞り着物・・・花びらにワイヤーが入ってて表情を変えられますよ。とっても,素敵です。私も欲しいけど,グッと我慢!皆さん見に来てね♡1個/¥3150
d0127925_1127146.jpg

春にはkoko さんの展示会があるそうです!待ち遠しい〜、次回は行くぞぅ!www.koko-d.com
by harico_couture | 2012-01-30 11:31 | bag・小物 | Comments(0)
ホビーラでオーダーしたワンピース、柄も可愛くデザインもいいんだけど・・・やっぱりフルオーダーとは違います。(セミオーダーだから仕方ないのよ)かぶり式のワンピだと、全体に余裕がないと脱ぎ着できない。生地が厚いと余計ね。しかも、極限までシルエットを綺麗に見せたいからシャープにしてしまいます。そこで、無理矢理ファスナーを付けてしまいました。見にくいけど,メタルファスナーにして、持ち手も革にしてオシャレに。。。。折角お直しするんだから、カスタマイズしなくっちゃね。
d0127925_132784.jpg
リメイク前
d0127925_13264149.jpg
リメイク後

haricoのひとりごと・・・本屋に行っても「亡国」やら「崩壊」やら、不吉な題名が並ぶ。積み上げてきたものを、ここいらでぶっ壊せ世論が強くなってきた現れかな。これも動的平行なのかもしれない。複雑化した問題を解くのは難しいけど、更地になったら自由に絵を描けるようなものか。。。だからなのか、私に中にも積み上げたものをぶっ壊したくなることがある。しかし、積み上げたものをぶっ壊すのは,非常に怖いことでもある。ぐらぐらとぐらついても積み上げて崩れるまで待つか、意思を持ってぶっ壊すか?まさに、日本国の運命とシンクロするではないか!?角川春樹のインタビューで「新しいものを創る時にリサーチはいらない」と言った。ジョブズも同じことを言った。日本もそこまで来ているのだと思う。今までは米国に学んだ(真似した)、もうココからは我が道なのだ。私も、そうなのだ。・・・そしてだんだん、私の中で何かが壊れつつある。
by harico_couture | 2012-01-28 14:11 | Comments(0)
このお着物もよ〜く見ると鮫小紋。素敵な生地です。少しだけお袖を付けてみました。薄いピンクで春先から来て頂けそうです。北海道の方なので、春はまだまだ先かな。
d0127925_15393170.jpg
d0127925_1539759.jpg

haricoのひとりごと・・・ハルカイは一卵性双生児。天然クローン人間。細胞は全く同じなのは面白い。鼻の頭に黒い毛穴が1つできた。ハルカイ同じ所にだ。ニキビも同じ時期にできはじめる。驚くのは、歯医者のカルテが同じだったこと。低学年の成績表も殆ど同じ。どうやら内緒だが好きな子も同じだったらしい。。。しかし、性格だけは小さい頃から違っていた。天上人と地上人と言うべきか、ハルトは宇宙人でカイトは地球人であった。(詳しく聞きたい人は、haricoに来てね)漢字が恐ろしく苦手な二人だったが小学校上がる前に覚えた漢字が彼らを象徴しています。ハルトは、あいうえおもろくに書けないのに何故か『夢』という漢字だけは直ぐに覚えた。今でもいつも現実逃避の夢見がちな性格だ。カイトは何故か『円」とうい漢字。その漢字通りお金が好きである。そんなことを忘れた頃、ハルトが「人は夢があれば生きていける」と言った横で間髪入れずに「金がないと生きていけないぞ」とカイトが言ったことがあった。3つ子の魂100まで、と言うがそうなのかどうかは、まだ見届けなくてはならない。・・・今思ったのだが、3つ子の魂100までって、見届けられるのは厳密に言うと誰もいないね。自分だけしかね。記憶ってのは曖昧だからして、結局分からないままなのだ。しかし双子は見れるかもしれないぞ・・・と考えると面白くなる。双子の一生のウチに打つ心臓の鼓動は一緒なのだろうか・・・?
by harico_couture | 2012-01-27 16:10 | Comments(0)
気が付いたら、鮫小紋が2枚続けてリメイクすることになりました。それもご親戚同士。鮫小紋は見たまま鮫肌模様。無地でもなく、柄にも主張が強くなく、よ〜く見ると綺麗な配列をもっている面白い柄だと初めて思いました。着物の世界は未だ未だ深く、お客様が抱えてくる大切なお着物を見せて頂く度に、初めましての心境です。着物生地の作り手の手間と、その手間に魅了され大事に着る人の時間の流れが、凝縮され「今」ここにある!といった感じです。そして私がハサミを入れ、縫い合わせることで、ふたたび現世で身に纏うことになります。着物のチカラ無しではあり得ないこと。
d0127925_1373877.jpg
d0127925_13521100.jpg

haricoのひとりごと・・・きのうテレビ欄の笑っていいとも!!に「長沼毅」とあって、目をこすってしまった。長沼先生は辺境動物を研究している広島大学の教授です。若いし、話すことが面白いのでよくYou Tubeで見ていたのだけど、まさかお昼にテレビにでるとは!!そしたら、千原ジュニアと深夜番組に出てる映像を発見!!超興味深々の内容に目が釘付けになった。先生のお話だと、ニュートンの後押しもあって、太陽が1つ、地球が1つということで2つの問題性から解くのは、人間は慣れてるらしいけど、3つ以上の関係性をもつ問題を解くのは人間は不得意らしい。太陽が2つある太陽系は300ほど見つかってるらしく、その場合3つの関係性を解くのが普通になっているだろうという見解。少し前のブログにも書いたけど、『優』『劣』・などの二者択一の世界からマトリックスで解く方向にシフトする・・・と同じ内容。しかも先生は、人類の未来は「絶滅」か「進化」かどちらかと言ってます。進化するには、チンパンジーとは1%違う「分け与えるチカラ」が有効だと。これから,科学がもっと身近になって(原発のこともね)あらゆる環境変化に科学は不可欠になってくる時代になるでしょう。70億という人口を支える為にね。私は生きれてせいぜい40年かな。どんな未来かみたいような・・・見たくない様な・・・しかし子孫は、生きているんでしょうね。大丈夫かしら・・・・。
by harico_couture | 2012-01-26 13:25 | Comments(2)
戴いた羽織をクッションカバーにしたいと,ご依頼頂きました。簡単そうに思ったら、意外と難しかった。。。。気が緩むとそんなものです。1枚だと薄いかな〜っと思ってツイル生地と2枚あわせにしてみました。絞りの生地はタテとヨコに,不規則に伸びます。正方形にするのって、至難の業でした。思わぬ落とし穴。大きめに裁断しておいてよかった〜。こんな感じで毎日綱渡りしているピエロです。
d0127925_11165460.jpg

haricoのひとりごと・・・朝のNHK連ドラの「カーネーション」毎日欠かさず見ています。ストーリーの面白さと俳優さんのキャスティングの良さも言うことないのですが、仕事柄、糸子の商売の心得に毎度勉強させてもらってます。今よりもっと見通しの悪い時代を、偏見や妬みに負けず、消費者のニーズに応えて、時代を引っ張っていく姿は女の私が言うのもなんですが惚れ惚れします。しかし注意深く見ていると、糸子は必ずしも流行に敏感だとか、女心を熟知しているということでもなさそうなのです。超先行ってるファッションや女心をリサーチし分析、流れを作り、システム化するのが上手いのです。先週辺りから、恋話になりつつあり、自分の為に洋服を作る場面があります。それは、1人の女性として作っているということでしょう。今までのリサーチし、分析しの客観視の「洋服作り」とは違うということです。他にもたくさんのメッセージがたくさん詰まっているこのドラマ、糸子の後の娘達の代までずっとずっと続けて欲しいと思ってしまいます。
by harico_couture | 2012-01-25 11:39 | Comments(0)

元気が出るマフラー

いつも遠くから電車に乗っていらっしゃるお客様、私もお話するのが楽しくて首を長くして待っています。今回のご依頼は『元気が出るマフラー』。色んな元気が出そうな生地をピックして繋げて、パズルのピースのようにガタガタの形にしてみました。巻いてみると、ガカガタの所があっちこっち向いて面白くなります。・・話は変わるけど、バーテンダーにカクテルを頼む時に「○○な気分に合うカクテルを」と言った方が、バーテンダーは創造性に富み素敵なカクテルを用意できるらしい。もしかしたらharicoも同じ作用があるかもしれない。この間も「パワーのあるbagを」とご依頼頂いた。以前作ったbagが好評で、素敵な出逢いがあったそうだ。(たまたまだよ〜)今回のマフラーも、元気が出てくれたらいいな〜と思い、次回ご来店の際の笑顔を期待しています♡
d0127925_9551368.jpg
d0127925_9545445.jpg

haricoのひとりごと・・・私の心配はハルトが優し過ぎること。雨降りの日に、道端のワンコが雨に濡れていたので、いつまでも傘を傾けていたこともある。男の子のスキンシップは、専らパンチやキックです。これは愛情表現とストレスの発散が混ざった状態。深層心理の中には『甘え』が潜んでます。ハルトは無意識にその甘えを受け取る『器』になります。カイトが「あれはイジメだよ、イジメル方も悪いけど、イジメに気が付いてないハルトの方がもっとダメだ!!」と言います。心配な私は「嫌だったら、ちゃんとやめてって言わなきゃ、友達は分からないよ!!」と言うのですが、「そんなこと言ったら、可哀想だよ。誰にも相手にされなくなっちゃう。」とハルトは言う。自己犠牲というコトバがあるが、彼の中には「自己」がない。だから、憎んだり、嫌な気持ちが残らないのだ。しかし,この先「自己」が形成されたら、傷つき恨みも残ることだろう。コドモの社会に親は存在したくない私は、ただただ行方を案ずるのみ。ハルトの優しさがいつまでも清らかでいることを願うだけ。
by harico_couture | 2012-01-24 10:15 | Comments(0)

母子手帳、通帳ケース

お店がオープンする前から、このアイテムを定番で作ってました。その頃からお世話になっているお客様。これで何個目かしら・・・それなのに実は1度もお会いしてない。仲介の方を通してのご依頼なの。その方を通じて「お元気ですか?」と会った方のようにお話をする。そして、その度に初めて作った頃を思い出し、初心に戻るんだ。
d0127925_12575911.jpg
d0127925_12572982.jpg

haricoのひとりごと・・・最近思うこと、「作り手のベクトル」と「買い手のベクトル」は違うということ。買い手のベクトルは「よりいいもの・ワクワクするもの」を追いかけるハンター。どこまでも広げるし、欲望を満たすことで自分を高めていくのだ。対して作り手のベクトルは、自分への探求・内に向かうチカラ。「いいものを見る」「ワクワクするものに感化される」、買い手のベクトルと似た所があるのだが、作る為のヒントでしかならない。本質は全く違うのだ。たまに、このベクトルを同じものだと思い、買い手が作り手に強要することがある。違和感を感じ何が違うのか考えたから出た答えだ。私の中に流れている平常が乱される時に、必ず「問い」がある。その問いが神様から送られた時、ステップアップできるためのテストだと思ってます。最近は2日ほどでテストの解答が出るようになってきました。大きな問いは、ずっと棚の上だけど・・・。昔みたく泣きながら解くってのはなくなったな。オバサンになったからかしら。
by harico_couture | 2012-01-23 13:18 | Comments(0)
デニムにスパンコーールの刺繍が可愛いすかーと、BAGにリメイク。中袋もウキウキするような花柄を使ってみました。ご依頼に着て下さった際に何気に持ちかけた洋裁教室のお誘いにも乗って頂いて、生後六ヶ月の赤ちゃんと一緒に通って下さってます。育児休暇中に、楽しい時間を少しでもお過ごし頂けたらな〜って思ってます。色んな作品も出来るし、一石二鳥です!
d0127925_1784092.jpg
d0127925_1764081.jpg

by harico_couture | 2012-01-22 17:08 | Comments(0)

冬のお買い物

バーゲン大好きな私です。いつもバーゲン初日に開店時間にはスタンバイ。アンチ福袋なので、服目がけてまっしぐらなのですが、ここんところずっと『スカ』を喰らってます。今年はラシックねらいで開店30分前に到着、時間がモッタイナイから既に開店しているPARCOに赴く。。。そしたら、長蛇の列!!走って目当てのお店に行ったら、あれ?30%やん!!しかも、目を付けてたのもない・・・。急いでラシックへ・・『ぎょっ!!』ラシックの前に6列に並んだ軍隊の列・・・「最後尾はこちらです」のプラカードも見えないくらい遠くまで並んでる。「やられた・・・」6列の軍隊の中に身を置き、中に入れるのを今か今かと待つ。やっとお目当てのお店に行ったら、洗いざらい持って行かれ、スカがぷかぷか浮いている状態だった。。。。不燃焼のまま帰宅するharicoであった。服は諦め、ブーツが欲しくてあれこれ悩み、底冷えする仕事場でもあったかく使えそうなUGGのブーツにたどり着く。。。偶然お客様が,愛用されていてとってもいいってことで購入しました!!思った以上に暖かくしかも、蒸れない。買って満足な冬のお買い物でした。
d0127925_16565637.jpg

by harico_couture | 2012-01-21 16:57 | Comments(0)
今着たい色と、そうじゃない色があります。この間まで明るい色が好きだったのに、今ではモノトーンが好きだったり。お洋服は微妙な心の現れが反映されるバロメーターなのかもしれません。ご依頼のお客様も、なんども着物生地を持って来られて、「気持ち」を確かめては・・・の繰り返しでした。それでもゴールは想像できず、仕上がったチュニックを見て「結構,いい感じになったね〜」と意外そうな一言でした。石橋を叩いて渡るように私は横で見ていたのだけど、まだ橋を渡っていなかったんだぁ〜。危ない橋を渡っていたのは自分だと気が付きました(今頃!!)それにしても綸子が波で、金糸、銀糸が波しぶき、素敵な羽織でした。
d0127925_15251367.jpg
d0127925_15202444.jpg

haricoのひとりごと・・・バスケの顧問でもあり、担任の上田先生の話題がハルカイの会話のにはよく登場する。あまり学校の話をしなかったハルカイだけに、傍目に見てもかなり影響を受けているのは間違いない。先生は漫画好きであって、色々と調べるのが好きらしい。特に漫画「ワンピース」は オタクの域で、同じくハルカイは同じ壷ナノダ。漫画「スラムダンク」も熟知していて、心にジ〜ンとくる語録をピックアップし、言い合ったりしている。それから先生は歴史が好きだったり、政治がすきだったりするらしい。分からないながらも、私に質問してくるのだが、断片的にしか把握できておらず解答ができない。それでも、先生に触発されて何かに興味を持つようになってきた。・・・何回かしかお会いしてない先生だけど、私の目からもどの生徒にも一辺倒の指導ではない事が分かる。それぞれの生徒の能力・性格をちゃんと活かした指導になっている。ハルカイも筋が通った先生の意見は納得し受け入れる。でも、先生は上からの目線だけではなく、同じ目線(漫画だったり,遊びだったり)もあるからして、子供の心もよ〜く分かってのことで、子供からしたらこういう存在は本当に足下も未来を照らす光のように感じるのではないかと思う。尊敬できる恩師に出逢えるかどうかは、運次第。当たったハルカイは幸せ者だと思う。毎日ランドセルを背負ったまま「ママ〜今日上田先生がね〜」と始る。もう少し話し方に抑揚があれば、私も共感できるんだけどな。それだけが惜しいところ。。。。
by harico_couture | 2012-01-20 17:01 | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)