<   2012年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

長年の悩み、予定がたてれない事が解消されつつあります。皆さんからしたら、「な〜んだ!!」ってなもんで手帳の使い方がようやく分かってきました。そうなると、隙間に挟む技などができるようになって、好きなコト、好きな人との時間も確保できるのがホントに嬉しい。少し前に、お友達から陶彩画展のチラシを頂きました。正直ピンとこなかったのですが、明くる日、別のお友達から今度はそのお誘いがきました。いつもなら頭の中は仕事でいっぱい。「絶対無理!!」なんて思うのですが、何故か前日までに手帳の使い方がわかって脳みそスッキリ。しかも「行きたい!!」と思っているので、行きました。そしたら、ビンゴ!!新しい素敵な出逢いもあって、また楽しい事がこれから起りそうな予感・・・。お店の開店前のたった2時間のことだけど、心は満たされました。
d0127925_18514426.jpg

by harico_couture | 2012-02-29 18:52 | Comments(0)

冬のお買い物

お仕事のお供に、美味しいコーヒーが飲みたい!!・・・とパパが欲しかったネスカフェのドルチェグストを購入しました。サーバーみたいな機械に、カプセルに入ったコーヒーをセットすると挽きたてのような美味しいコーヒーができるんです。その他にもミルクが泡泡なカプチーノだったり、チョコチーノだったり、ハルカイにも好評。しかし,難点が1つ。スットップ機能がなくって、手動で「ココかな?」ってところで注ぐのをストップしなくてはならないの。だから毎回味が違うんです。そしたら購入したと同時ぐらいに、ストップ機能が付いた新製品が出ました!!「ありゃ、やられた〜」・・・それともう1つ難点。1つ2つ入れるくらいは楽々なんですが、大人数入れるのは時間がかかる〜。ゴミもたくさん出るのでね。欲しかった方、参考にして下さいね〜♡
d0127925_12164015.jpg
マグカップはカイトにそっくりな与 勇輝先生の太郎ちゃん人形
by harico_couture | 2012-02-28 12:18 | Comments(0)
少し光沢のある地に、草木染めで染められたお着物。何とも言えない日本の色。日本人の肌の色に、馴染んで美しく見えます。ボタンは、綺麗なカットの貝ボタンにしました。もうコーディネイトされてて、あとはお出掛けの日を待つのみ!!
d0127925_1126774.jpg
d0127925_11251739.jpg

haricoのひとりごと・・・自分が変わると周りの人間が変わる。本田健さん曰く、自分の周りにいる30人がどんな人かで自分とはどんな人間か?と分かるらしい。(例えば、年収をその30人足して割ると、自分の年収になる!?)そう言えば、私はお店を始めてから人間関係ががらっと変わったな。気が付いたら、自分の好きなコト頑張ってる人ばっかり。収入は・・・???だけど、活き活きした人がほとんど。会うと、会えなかったまでの人生のお勉強でクリアした事を語ったり、興味があること、挑戦してる事を話したり、悩みは至って前向きだ。最後には「がんばろ〜!」だったり「なんかスッキリした〜」と晴れ晴れした顔で帰っていく。。。。休みがない私にとって、ベッタリ濃いお付き合いはできない。そんな素っ気ない私でも付き合ってくれてる私を形成してるブレーン、ホントに感謝です♡
by harico_couture | 2012-02-27 11:43 | Comments(0)
毎週金曜に行われている教室、「手仕事が好き」がキーワードで集まった皆さんです。だからなのか自然と年齢など気にせず、いつも笑いが絶えずホントにいい雰囲気・・・。赤ちゃんも2人参加してます!(談話してると、一緒に喋ってるもの)一週間の疲れも、この教室の日があるから私もリフレッシュできてるのかもしれないくらい。最近まで畳の縁のbagが流行ってました。お一人が作るとそれを見た生徒さんが作る・・と、伝染していきました。手作りのお好きな方は、レーザー探知機のように直ぐに手作りしたものを当ててしまう。そしてよ〜く観察して「できるかも・・・」と作りたくなったり、頑張って作った経緯を賞賛したりします。そんな光景を教室で目の当たりにして、どんどん生徒さんが活き活きしていく姿に、癒される私であります。私の性格上、出席欠席はご本人のお気持ち次第、人数制限せずに行き当たりばったりのユルユル教室です。展示会もなく制限free。。。。先生がこんなんでも、キッチリとやるべき事を決めて、果敢に挑戦している生徒さんばっかりで、しかも私のユルユルなやり方に賛同して下さってホントに感謝です♡
その中でもシニアクラスの方々からは「haricoさん、老人ホームを作ってよ」と冗談を言われました。そーだよね、手作りが好きな人だけが入れる老人ホームがあったら楽しいだろうな。
1億円当たったら,是非作りましょう〜♡
d0127925_18501349.jpg

by harico_couture | 2012-02-25 18:51 | bag・小物 | Comments(0)
d0127925_20321476.jpg
いつも素敵なお客様がキューピッド役になってくれて、お友達をご紹介頂きました。お会いしたのは、縞のお着物でした。お母様から頂いた思い出のお着物をコートにリメイクするご依頼でした。会った事のないお客様のご注文、どんなお客様なのかイメージを膨らませて仕立てます。キューピッドのお客様から、どんなご性格、体型、好みの色目・・・・などお聴きしました。合ってるかどうかは分からないのだけど、不思議なのが私の中でピンとくる。「喜んで頂ける・・・」と静かな信じる気持ちがそうさせます。それは、時を越え自然とココに流れ着いた運命を信じた結果を受け入れただけ。仕立て上がって、キューピッドさんが受け取りに来て下さって、その脚で届けてくれるそう。。。。。感謝!!
d0127925_20305420.jpg

裏に留袖を使いました。ちらっと,カッコ良く。
by harico_couture | 2012-02-24 20:31 | Comments(0)
実話と哲学このキーワードは私の興味を湧き立てて、行くしかなかった。サルトルもボーヴォワールも全く分からない私だけど、非常に面白かった!!です。1930、40年の時代のこの二人の生きざまが社会に影響を与えていく。身をもっての表現は痛々しく悲しく物語りつつも、「愛」とは「男とは?女とは?」を貪欲に探求していきます。30年代、女は男の奴隷になりつつもしたたかに生きていくのが主流、慣習によって守られていることもあるけど、阻害されることもある。主人公でもあるボーヴォワールはそんな女性観を否定し、自らの人生をもって自由恋愛をサルトルの希望もあって契約結婚するのです。その内容は、日本人の私達から見ると非常に動物的で、欲情のままの気がしてならないかもしれません。しかし、常識の概念が時に人を縛ってるとしたら、この概念を取り払った時に出る「自由」と「不安」が同時に偶発します。そんな因果応報を二人の人生がサンプリングとして私達に提示してくれてる様な映画です。実話だけに、ずっしり重みがあります。当時のファッションも素敵!!
d0127925_10412963.jpg

by harico_couture | 2012-02-22 10:41 | Comments(2)
黒の綸子に絞りの羽織で、チュニックをお仕立てしました。かなりたっぷりなのに、スッキリ見えるデザインで、どなたにもお似合いになるんじゃないかな。ちっちゃい襟のついてて襟元も可愛いです。スパッツや、スキニーなパンツに合わせて頂くといいんじゃないかな・・・・。
d0127925_10374472.jpg
d0127925_10364326.jpg
d0127925_10354862.jpg

haricoのひとりごと・・・水田家は週に一度、大型激安ショップにまとめて一週間分買う生活サイクルになってます。最初は入り口の野菜売り場から、みかん一箱を買い、思いつく野菜をポイポイ入れてく。お肉もお魚も適当に思いつくまま。そこのお店は周りが見渡せる昔ながらの八百屋システム。狭過ぎもせず広過ぎもせず、品揃えも過度ではなく季節ものはあるものの、定番は変わらない。それだからなのか、我が家のメニューは相も変わらずローテーションしている。ラッキーなことに質より量にこだわる男達が味に文句を言わない。(まずかったら食べないという態度をとる)しかしココへきて、身長も166越えしたハルカイの胃の消化率が上がった。散々食べた後、「お腹空いた〜」と恐ろしいコトバを吐く。そんな時は必殺フライドポテト、常備している。その後はみかんだ。今年になって何故か水田家ではみかんが大流行り。毎週1箱買ってる家族はそういないだろう。小腹が空いたらおやつ代わりにみかんを食べる。そのせいかみんな手が黄色だ。こんなんだから、給食は少な過ぎて5分で食べ終わるらしい。中学になったら、どうなるんだろ。。。。我が家のエンゲル係数はうなぎ上りなのだ。
by harico_couture | 2012-02-20 11:02 | Comments(0)

卒業式のドレスの仮縫い

思えば入学式のドレスも作らせて頂いたハルカイの同級生の女の子、今回は卒業式用のドレスを注文して下さいました。すっかり美人さんになって、身長ももの凄く高くなったけど6年前の映像は色鮮やかにリアルに思い出せます。月日の流れは早いもんです。それとリンクして、小学2年までいた学童のお仲間が集まって卒業パーティーをしました。幼児園からのお付き合い、お父さん達もお母さん達も一緒になっての子育て、楽しい時を過ごしてきたことが蘇りました。子供達も大きくなって、浦島太郎状態だったけど、よ〜く目を凝らしたら面影が残ってる。中学へのステップアップ、意気込みは???不安も???未知な世界に挑む戦士達は、まだあどけなく久しぶりに会った友達と戯れ合ってました。今月末には、出来上がるドレス。記念の一枚になるように、おばちゃん頑張るぞ!
d0127925_12241925.jpg

haricoのひとりごと・・・このごろ、私の周りで人生の節目を迎えてる人が多い。その中でも一昨日知り合いが亡くなってしまった。道端で出会ったら少し立ち話するくらいの間柄でしたが、年も変わらずいつも笑顔が素敵な方でした。最後に会ったのは1年半くらい、何変わらず健康的な肉体からは消えてなくなるような想像は全くできなかった。当たり前のように動いてくれてる心臓は、実はいつ止まるか分からない儚い存在でもあるのかと、改めて命の限りを意識しました。
ご冥福をお祈りするとともに、残されたご家族の心が少しでも早く癒されることを陰ながら応援したいです。
by harico_couture | 2012-02-19 13:03 | Comments(0)

マンガ世界の偉人

朝日新聞社から出ている「マンガ世界の偉人」(池上彰さんも推薦!)にハルカイがハマった。オールカラーで、50ページほどの読み切りマンガ。昔からあるマンガの歴史書よりも、もっと現代風のマンガのコマ割りになっていて漫画家を目指すハルカイ達も納得の見応えがあるのがいいらしい。エジソンに始り、マザーテレサ、レオナルド=ダヴィンチ、坂本龍馬と続いてます。偉人はみんな時代を切り開いた人であって、その時代とは削ぐわない。周囲から変人扱いされても、自分の意志を曲げなかった人達。。。。。ハルカイ達は偉人の変人具合に惹かれるようで、自分が今の時代でまだまだ変人になっていい伸びしろを保証してくれてるような・・・勇気が出るのだ。
d0127925_1546030.jpg

by harico_couture | 2012-02-17 15:46 | Comments(0)
いつになっても定番のトレンチコートを大島紬で作ってみました。背中のヨークがカッコいい、大人っぽくっていい感じです。大島の質感がマッチしてます。春のスプリングコートとしても、いいかも。オススメです。
d0127925_14424382.jpg
d0127925_14422713.jpg
d0127925_14413523.jpg

haricoのひとりごと・・・ある時、美容師学校の広告を見て驚いた。私が学生だったころの広告は、ショーなどで見る様なアーティスティックなカッコいいヘアーメイクだったのに、今の広告はそこいらのギャルメイクだったのだ。今や時代は変わった、一昔前なら一流を目指すのが当たり前だったのに、最近はそこいらの市場でイケてればいいのだ。蓮舫が言った「一番じゃなきゃいけないんですか?」ってのは、巷では成立する。若者が欲しい服は?と言われて一位はユニクロの服ってのが悲しく物語っています。リスクは負わず、夢も見ず、そこそこ生きていくのが賢いと思ってる派が大半であることを肯定して、そこの市場を責める企業が表面化してきた。その時代性を嘆いてては、どうにもならない。懐古主義になっても、どうにもならない。今や周りに合わせて生きなくても良くなった、自分は自分の時代になったのかもしれない。時代の流れに乗ると言うのは、周りも同じ毛色をしているから、より色が濃く見える。振り返った時が色濃く出るのはその作用です。しかし、皆がバラバラの毛色なら、記憶は薄く、自分は何をしてきたのか分からなくなる。これからはもっと自分が薄く感じられるようになるだろう。「自分」とは何か?そんな自分探しが逆に色濃く出そうな気がします。。。。。
by harico_couture | 2012-02-16 15:33 | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)