<   2012年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

珍しい黒ではない絽のお着物をワンピースに致しました。オーダーならではの、身体のラインにピッタリのワンピース。所々のロイヤルブルーが目を引きます。
d0127925_10295445.jpg
d0127925_10293364.jpg

haricoのひとりごと・・・この間やってたフジテレビの「世界は言葉でできている」の番組はすごくよかった。民放があのレベルの決して万人に受けそうもない番組を作るのは、未来感があって嬉しかった。内容は偉人の歴史に残る名言を虫食いにして、ゲストに埋めてもらう。会場の人にどれだけグッときたか、偉人との戦い。これは世紀を越えての戦いで、驚く事に偉人の名言を越えた素晴らしい名言も飛び出す。ジャンルによってのお題を出すのですが、「男と女」のお題の時「男は○○の事を願うが、女は○○の事を願う」(皆さんも○に入れてみてね)でゲストが「男は女の幸せを願うが、女は2人の幸せを願う」と言い、グッときた。そこまではゲストと偉人は五分な感じがしたけど、最後の岡本太郎のときは、個人的にやはりこの人にはそうは越えられないと思いました。ごめんなさい、うまく書けませんが、目線が宇宙的なので相当の視野からの文章への凝縮は彼独自で彼しかできない。
なにはともあれ、番組の隅から隅まで美的感覚が行き届いてて、見てて気持ちよかった。文字のレイアウト、選曲、ゲストもよかった!!(気が付いたら、私が好きな人ばっかりでした)
最近このような番組はNHKしかできないのかもしれないと思っていたので、なんかホントに嬉しかった。人生観を濃縮した短い言葉には、発した人の生きざまと社会への風刺など、いつの時代の人にも不思議とマッチングします。分厚い本を読むよりも、時にはよ〜く理解できることもあります。
人は言葉でできているんではないか?と思う時があります。人と会う時、その人の本を読んでいるような感覚に陥ります。良質で瑞々しい感性の言葉を蓄えている人には魅力を感じます。言葉は感性に基づいて選択されています。言葉を選ぶのは自分。日常に散らばる言葉を私達は拾いながら、蓄えながら生きているのです。にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しております。クリックして頂けると嬉しいです。
by harico_couture | 2012-10-27 11:15 | 着物リメイク・ワンピース | Comments(0)
朱赤の綺麗な絞りのチュニックを、ロールカラーのチュニックにしました。外国人の方とお会いする時に着られるそう。。。。最近、国際的な交流の場に着て行きたいとのご要望が、増えて参りました。日本のこの着物生地、私は世界に誇れると思ってます。素敵なドレスを作ってさりげなくアピールしたいですね♡
d0127925_15214457.jpg
d0127925_152126100.jpg

haricoのひとりごと・・・一番楽しい時間は?と聞かれると、お夕飯と答える。ハルカイ大好きな私は、早く学校から帰って来ないかな〜と心待ちにしているのですが、仕事があるので帰ってきても一緒にいられない。ゆっくりできるのはやはり、夕飯の時間だけなのです。ごはんはハルカイの美味しそうな顔を見れる、魚の餌のようなもの・・・別に手の込んだものは作らないのですが、ハルカイが好きそうで、栄養も取れるものにしています。(ウチの男どもは慣れているメニューに落ち着き、美味しさを感じるタイプなので楽なんです)そこで私の勝負みたいなものがありまして・・・自分から「美味しいよね?」と言うと負けで、自発的に「うまい!!」と言わせると勝ちと思っています。その自発的に「うまい!」と言ったときの笑顔が最高に、嬉しいのです。食べ盛りもありますが、綺麗に残さずペロッと食べてくれると、それもまた嬉しい。学校であったことを支離滅裂で話し、テレビに集中させてくれず、ハルカイ同志で大食い大会のように最後のおかずの1個になるまで競争しながら食べる。それだけの時間です。

家族4人でテーブルを囲み、食する。この何気ない日常、1日の節を家族全員で参加に体感するのは意義がある事だと思っています。諸行無常、全ては絶え間なく流れて変化していきます。どこか1つ節を作る事で弛み留まります。昨日と違うハルカイ、昨日と同じハルカイが存在し、今の私がいます。それを実感するこの時間が好きなのです。
by harico_couture | 2012-10-26 15:42 | 着物リメイク・チュニック | Comments(0)
秋になりました。今年は残暑が厳しく、夏が長かったので秋は短く感じます。秋色と言えば、茶系ですね。ベージュや焦げ茶、ボルドー、赤みのかかったグリーンも素敵です。コートの事を考えずにお出掛けできる季節を「秋」って思う事もあるんだけど、お出掛けにはもうコートは絶対必要です。って考えるとやはり、今年の秋は短い!!
d0127925_1251195.jpg
d0127925_12505548.jpg


haricoのひとりごと・・・「子供の愛」今日は子供編。人は一生を懸けて「愛」を学ぶと思っています。この世に誕生したばかりの赤ちゃんには「愛」を表現する術がありません。そのため、周りの人間から愛を学びます。例えば母親からの見返りのない無償の愛を注がれると、赤ちゃんはすっごく遅いスピードですが学んでいます。前にも書きましたが、愛を育んでいくには循環機能が不可欠です。赤ちゃんは何もできないようですが、何もしなくても「かわいい」のは愛を循環するのに必要な備えです。これは赤ちゃんを見ると「かわいい」と思うように遺伝子にプログラミングされています。かわいいと思えないのは、プログラミングに異常があると考えていいと思います。成長するにつれて、「あれは○○だ」とかモノの名前をインプットさせます。これは分離の世界を理解させる為です。「私」「あなた」など、あらゆるものの境界線をはっきりさせ、自我を確立させていきます。その中で子供はまだ「愛」を上手に表現できません。ここで大人が子供から「愛」を要求するのは早いと思います。子供は勝手にならないと泣き、ワガママをいい「愛」を要求し続けます。この極限の要求に「愛」をどれだけ出し続けられるか(しかも愛の質を確かめつつ要求する!!コワイ!!)子供は見ています。だってこの幼児期にこの深い愛を経験できるかできないかは、この後の人生に学べる「愛」の学びに影響があるので必死です。幼児期に学べないとなると思春期にこの学びのツケが回されます。この時期、自我の確立が進みながらの「愛」の要求になるので、子供にしたら搾り取るような激しい要求になります。所謂反抗し(憎み)ながらの要求になります。先ほどすごく遅いスピードで学んでいくと書きましたが、自分が大人になり親になってもまだ親からの愛は全ては理解できず、実践しつつ過去のデータを元にして学ぶことになります。男女の愛よりも親子の愛に重きを置きがちなのは、やはり生物としての生命のバトンタッチがメインだからなのかもしれません。

男女(夫婦)に例えば女性ですと、相手の男性に無意識な自分に必要な男性性を投影します。(2人で1つと考える)子供も同じで無意識に必要な愛をくれる親を投影します。足りなければ、要求し、要求できないと認識すれば、また違う接種の仕方を考えます。その考え方に切り替えられないと、いつまでも親からの愛に執着します。完璧な親などいないので、足りない分は他で接種しるように促す!!その為に感性があると思っています。。。。。感性の話はまた今度。
by harico_couture | 2012-10-25 14:05 | 着物リメイク・ワンピース | Comments(0)
今年の夏は長かったので、ちょうど今頃この絽のコートが重宝してくれてるそうです。細身のお客様にピッタリで、きっとカッコいいだろうな。次回は素敵な紡ぎのお着物のご注文を頂きました!今度は可愛いのができそう、楽しみデス。
d0127925_23452574.jpg
d0127925_23444794.jpg
d0127925_234463.jpg


haricoのひとりごと・・・『男女の愛』こんなことをブログに書いてどうなるのか?とてもリスクがあることだとわかってて書いているアホな私です。しかしずっと探求し一つ一つ紐を解いていくとこの、「愛」に到着するのだから仕方がないのです。話は飛びますが、数式であらゆる立体を示すことができます。この世が9次元まであるということも、数式で現せるそうです。宇宙の始りの数式は何だったのでしょう?私はプラスかな?と思っています、単純にね。私のイメージの愛もこの単純なプラスと考えていいかもしれません。

それは置いといて、「男女の愛」。動物は発情期を迎えるとツガイになります。人間もあーだこーだありますが、所詮この発情期を迎えて夫婦になります。やがてその期間が過ぎると、生活を共にする共同体になっていきます。そこにあえて性別は関係ないと思いがちですがそうではありません。自分にない例えば女性なら男性性を求めてバランスをとろうとしています(その男性性を女性が要求するのはその為です「もっとしっかりして!パパ」とかね)そうして外部からの敵を入れないようにしたり、それも子孫を守る為の策ではないでしょうか?そのようにお互いが女のとして男としてどのようにあるべきか?ホントの所、無意識に思いながら日常を送ってる訳です。無意識に送っているので共同体とした立場での視点は、同志であって戦友、中性(ユニセックス)の立場になり、突然の「男と女とは?」「愛」とはの問いかけにフリーズします。
しかし朗報です!もうツガイになり同じ環境で、同じモノを食べ、寝起きする。もうこれだけで愛を育んでいることになると私は思っています。いやいや、そんなことはない!と仰る方も多いと思いますが、前に書いた怒りや嫉妬、嫌悪感などそれも愛を勉強して愛にに変えれるとしたらどうでしょうか?仲の良いお友達でも一緒に暮らそうとしたら、とても勇気がいります。その仲のよいお友達を飛び越えて、一緒に暮らしてるだけでもすごいことです。これは男と女だからできることだと思っています。
by harico_couture | 2012-10-21 00:32 | 着物リメイク・コート | Comments(0)
ウールの着物ってだいたい捨てちゃうんです。でもカワイイ柄のもあったりして、冬が近づくとやっぱり暖かくっていいんですよ。それに丈夫だしね。コートにしてもいいと思います。
d0127925_146734.jpg

haricoのひとりごと・・・今日は切り込んで「男女の愛」。人間という概念を追っ払うとまたこれも面白い。やはり子孫を残すというスタンスに基づいて雄と雌はパートナーになるようになっている。なので数を残すコトに集中すると1人の強い男に何人もの女が子供を産むことになる。時代を遡ると歴然です。しかし昨今のような、(日本は少子高齢化で焦っているけど)世界的に見ると人類は増えに増え過ぎている。そうなると精子は弱まり草食系男子になり女が強くなるのではないかと、推測します。
ただこれは科学の進歩に基づいた流れの速さであり、本来の緩やかな自然の流れの時間とは異なっていると思います。そのため男女の関係性は大きな曲がり角にあり、ここで「愛」について学ぶ必要があると思っています。そもそも、たまたま肉体が女であったり、男であったりする訳ですが、染色体においてすでに女であるというデーターは持っています。しかしどんな女になるのかは、環境によっていくらでも変わります。また男と女の見えてるマトリックスは全く違います。まずは違いを知り、例えば女なら一方的に女の目線で語るのではなく、男になったときの想像をしながら語るのも面白いです。
・・・ここまでは男女の関係性の時代の移り変わりの話。
by harico_couture | 2012-10-19 14:49 | 着物リメイク・スカート | Comments(0)

着物コサージュ

kokoさんにお願いして作って頂きました。着物生地で作ったコサージュです。いろんなお色が揃っておりますので、シーンに合わせてお選び下さいね。コサージュ1つで、また違った着こなしに見えるから不思議です。
d0127925_1211564.jpg


haricoのひとりごと・・・真面目な話、私は『愛』を研究しています。なぜなら、この「愛」を解くことであらゆる問題が解決すると考えています。悩み、苦しみ、怒り、嫉妬・・・人としての精神の成長を一見阻むようなこの感情も、表裏一体、「愛」との対称で齎(もたら)された現象ではないかと思っております(何かの反応で、愛と同じエネルギーに代わる)。ひとえに「愛」と申しましても、男女の恋愛のようなコトを想像してしまいそうですが、私の中では心に響く暖かな熱量(エネルギー)みたいなモノで、それを言葉にすると「愛」かな?と。私達はこの目で見えてる三次元で、分離した感覚でみてしまいますが、この見方をやめて自分との境界線を取り払ってみると、エネルギーだけになります。エネルギーにも質があって、多分プラスとマイナス電子が関係してると思うのですが、流れる所には流れやすく、流れにくい所は滞ると思います。私が思ってる「愛」は丁度、毛細血管の様な動き方をするのではないかと思っています。ココまでは、愛の動きかたの説明です。
私達が日常使ってる肉体は、この愛を育む(循環する)ために大きな働きがあります。意識も分離しているために、毛細血管のように繋げていく為には肉体が必要なのです。例えば言葉、愛のある言葉を投げかけることで愛は循環します。そしてスキンシップ。手を触れ合い、抱き合うことも言葉がなくとも愛は循環します。肉体がなければ感じ合えない「愛」は貴重な体験と思っています。特に「時」の概念もこの世の特徴なので、当たり前ですが肉体の変化を感じ、その時にしか味わえない「愛」の感覚もまた貴重な体験となります。ココまでは肉体にまつわる愛の動き。

・・・・と、愛の研究に日々勤しんでます。死ぬまでの短い時間にどれだけ「愛」を学べるか?が人生の定義です。一見離れて見える、仕事のことだったり、政治のことだったり、お金のことだったり・・・それもみんな「愛」の方程式で解けると思っています。変なことを言ってるな〜haricoさん、と思うかもしれないけど、きっと死ぬ前に「そうだったのか〜」と思いますよ。ふふ・・・
by harico_couture | 2012-10-18 13:21 | bag・小物 | Comments(0)

手織り布のbag

手織り作家の森繁先生から、生地をわけていただいてbagを作りました。1本1本の糸が個性的。お色も素晴らしい生地達・・・・もともとショールやマフラー用の織物だから暖かく、この冬のサブbagにピッタリですよ♡
d0127925_10272796.jpg


haricoのひとりごと・・・秋だね。ちょっと前にも書きましたが、服や小物を合わせるのが難しい件。よく考えたらホントに合わせる服がない!!毎回私はこの路線で行こう!!と決意するのですが、ことごとく路線変更する。いやそれどころか、事態は悪化し、20代の頃は色んなお店に色んなテイストを接種し、好きなお店がたくさんあったのに、今では合わせる服を買える店がゼロに近くなってきた。このままでは、服は全部作らなくてはならない。それに付随する小物もやはり作らなくてはならない。ここまでならなんとかなる、しかし難問は「靴」です。ネットとにらめっこして靴を探すも、ピンとくる靴がない。おばさまがたの着物リメイクの着方とちょっと違う、この路線、前人未到なだけあって開拓してる感があります。個性的な人にはなりたくはなく、普通なんだけどちょっと違う微妙な線を目指してるんだけど・・・ややこしいね。それにしても、靴が欲しいです。
by harico_couture | 2012-10-17 10:54 | bag・小物 | Comments(0)

端切れミニbag

端切れで作ったミニbag達。実は大量に作るのが好きなわたくしです。今回は50枚作ったんだけど、表生地と裏生地を合わせたり、どんどん出来上がってくるとグッとテンションが上がります。収穫祭の時は壁一面に、展示して「カワイイ〜♡」と舞い上がった私です。
d0127925_15495391.jpg

haricoひとりごと・・・「親離れ」超親バカ度は、今までのブログで暴露している。あまりにも好き過ぎていつまでもこのカワユサでいて欲しいと願ってはいるものの、そうもいかなそう。この間、ハルカイと映画に行きました。私はウキウキしているのにカイトはブスッとしている。。。。(ハルトはいつもの通り)話しかけても話さない。帰りの電車も離れて座る。・・・どうやら母親と一緒に行動するのが恥ずかしいということに気付いてしまったらしい(ハルトはまだ気付いてない)。そういえば、懇談会の時も全く目を合わさず無口であった。家にいる時間が長いので、この変化に気付かなかったのは私の方であった。家でのカイトは全く違って、今日あった出来事を事細かく話してくれる。ごはんも美味しいと残さず食べてくれるいいこなのだ。この恥ずかしさの仮面がどんどん囲い、私との距離をどんどん作って、本来の子供としての母親への甘えができなくなると子供は苦しくなると思っています。(ま、私も苦しくなるんだけど)なので、なるべくなるべくこの仮面が外せるように、意識させないようにするのが、賢いかな?そうなるとハルカイとのデートはやめた方がよさそうだ。どうやら「ツンデレ」な男に成長しそうなカイトです。ハルトは、このまま癒し系の男になりそう・・・
by harico_couture | 2012-10-16 16:07 | bag・小物 | Comments(0)

帯ポシェット

派手な帯で作った帯ポシェット。取手を変えることもできますよ。シーンに合わせてお持ち下さいね。
d0127925_10522899.jpg
d0127925_1052141.jpg
d0127925_10512271.jpg


haricoのひとりごと・・・普段着物リメイクのお洋服を着ています。私の年で着ている方は殆ど皆無。なので、コーディネートする靴やらバッグ、アクセサリーも探すのが一苦労です。。。。最近は派手目なものを着るようになったので、また大変。それに合わせて付属も派手にすると、ホントに危ない人になってしまう。際どい人になりつつあります。
話は変わりますが、テレビに出てくる女優さんは殆どコーディネートしてもらってます。頭の先から足の先まで、その人の魅力を十分出せるように計算されています。しかも人の好感度も考慮しつつ、造形していくのです。しかし私達はそんなコーディネーターなどいません。ご自分で全て考えるのです。毎日やってることですが、相当の頭を使っています。ウチのお店にもたくさんオシャレな方がやって来ます。その方の特徴は、客観視してご自分が分かっている。色のセンスがいい(流行色を先取りしている)。よく歩き、調べている。そして、モノを大事になさっている。

ますます秋も深まり、寒くなって参りました。重ね着しコーディネートするのが楽しくなる季節です。
まずは好きな色に身を包み、変身したいものですね。
私は、蓮花(れんげ)の花の様な色のニットを買いました。去年に引き続きこの色が好きみたい・・・
by harico_couture | 2012-10-13 11:12 | bag・小物 | Comments(2)

帯でショルダーBAG

ずっと、この帯でヒモが太いショルダーバッグが作りたくって、お気に入りのbagです。カジュアルに使って下さったらいいかな〜。ジーンズにも合いそう。
d0127925_910526.jpg
d0127925_910128.jpg
d0127925_994530.jpg

haricoのひとりごと・・・今月末から公開の映画「危険なメソッド」は心理学者フロイトとユングの関係を描いた実話を元に作られています。なんてタイムリー!!最近、フロイトとユングの本を読んでいる。皆さんに語れるほどまだ熟読できてないのですが、ハマってます。フロイトは夢から心理状態を読み取った第一人者です。目に見える世界は制限が多く、想像にも限界があります。例えば時間を逆さにすることはできないし、環境も設定されています。しかし夢の世界は制限がなく、時代を遡ることも、環境も変えることもでき想像は自由。しかし自由とは言え、心の制限は縛られたまま夢を見、心理状態が分かるのかもしれません。また、人は悩み、その悩みをどうにかして解決しようと自問自答します。よく答えは自分の中にあると言いますが、正にその通りで、寝ている間に自我(意識できている自分)が真我(意識できてない自分)に問いかけ、答えをもらってるそうです。一日の3分の1は寝ているのには意味があるのです。心地よい睡眠は精神も肉体も癒してくれる。涼しい季節になってお布団に入るのが楽しくなってきました。皆さん夢の中は自由です!!寝る前にどんな夢をみようか、シナリオを考えながら寝るのもいいかもしれませんよ。。。。。
by harico_couture | 2012-10-11 09:25 | bag・小物 | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)