<   2017年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

エメラルドグリーンの美しいお色のお着物を、変わった形のピンタックブラウスにしました。最近、「抜き襟」っつうんですか(言い慣れない)?後ろ首の辺りが、下がってるブラウスが流行ってます。あと後ろ見頃がぷっくりした感じもね。シンプルなデザインも好きだけど、遊び心があるデザインも好き。特に無地だと、遊んだほうが素敵になる・・・気がします。
汗をかかないくらいの今の季節、一番おしゃれが楽しい季節じゃないかなぁ〜。楽しみましょう♡
d0127925_12154922.jpg
前はシンプルにね。
d0127925_12152924.jpg
袖も折り曲げて、折り紙みたい。
脇を畳んで、背中がぷっくりみえるようにしました。
d0127925_12151418.jpg
haricoのひとりごと・・・『玄関の臭い』haricoお店は、住居兼なので生活臭がする。晩御飯がカレーや焼き魚だと、お店の中もその臭いに包まれる、ムードのないお店だ。ただ良かったこともある。それは木造建築で床を無垢の木材にしたこと。コーティングされたフローリングだと、木の臭いはしない。旅行で2、3日空けて家に帰ると、自然な木のアロマに包まれてる。普段気がつかないのだが、毎日そのアロマを呼吸しているのだ。そしてブルゾンちえみも言っているが、お金があるないにしろ、花を飾ると気持ちがいい。いつも買う花は、カサブランカ。すっごく豊潤な匂いが立ちこめる。しかも長持ちする。色々花を買ったけど、一番合理的?なので毎回買う。アロマオイルは好き嫌いがあるようで、ハルカイもパパも好きではないようだ。やっぱり自然な匂いが一番いいのかもしれない。
 友達の家に行くと、その人その人の匂いがする。「何の匂い」か分からない匂い。決して芳香剤の匂いではない。女は結婚相手を自分から一番遠い「匂い」で選ぶという。遺伝子に可能性をもたせたいからだそうだ。案外匂いは相当な仕事をしているのかもしれない。私も気持ちを入れ替える時に、アロマオイルを鼻先にちょこんと付ける。嗅ぎながら仕事をする習性あり。匂いにお世話になっている。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-04-23 12:35 | 着物リメイク・ブラウス | Comments(0)
ブログのお写真を見て、遠方よりご注文いただきました。ご来店できなくても、haricoはご注文できます。その場合メールやお電話を頂いたりします。その後、お持ちのお着物や帯をお送りいただき、こちらからお電話する流れです。いつもその間、どんな方かなぁ、どんなお着物が届くのかなぁ〜と楽しみが続きます。こちらのお客様も元気なお声が印象的でした。そんな明るさに着物リメイクがマッチしてくれたら嬉しい。・・・今日も小包が届きました。その脚でお客様にお電話して、想いをお着物とコンプリート。情熱が冷めぬまま製作に入りたいのですが・・・・お待たせしてる次第です。
d0127925_21511401.jpg
前を開けたり、閉めたり、表情が変わります。
d0127925_21515076.jpg
大島でも、いろんな大島が。それぞれ張りが違います。
着物リメイクは十人十色。
難しさでもあって、面白さでもあります。
d0127925_21513108.jpg
haricoのひとりごと・・・『宮沢りえの豊麗線』テレビで宮沢りえさんが写っていた。アップになった顔には深く刻まれた豊麗線があった。女優には美しさが求められる。分かりやすい「若さ」の美しさから、その人から滲み出す「人格」からの美しさ、言葉や所作からの美しさなど、「演技力」と「美しさ」は絡み合っている気がする。その総合的なバランスの底上げに、分かりやすい「若さ」を失わないように、かなり人工的な施しを感じる。最近の美容整形はメスを使わずに、出来てしまう。皺やたるみも取れるのだ。急に若返った女優は「やったな〜」と心の闇の方でつぶやく。しかし宮沢りえさんは、ありのままなのだ。目の周りの小じわに頬のシミ、豊麗線はクッキリ刻まれている。年相応のその状態は、私に勇気をくれる。「若さ」のジャッジだけで美しさ勝負すると一生は走りきれないと思う、そんなことを教えてくれた豊麗線。・・・にしても、豊麗線って豊かな麗しい線と書くのね。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!

by harico_couture | 2017-04-20 22:12 | 着物リメイク・コート | Comments(0)
絽のお着物で、ピンタックワンピースをお仕立てさせていただきました。このピンタックのデザインはずっと人気。
haricoの定番になってます。また、絽との相性も良いと思います。
 いろんなショップに行って、デザインを見るのが好きなharicoです。ウォーキングするのは苦手ですが、ウィンドーショッピングならいくらでも歩ける。・・・というかその時とばかり急に動くので筋肉痛になる。
今年のトレンドも大事なのですが、私はずっと着ていただけるデザインにしたいので、その中でも残るデザインをリサーチしている感じです。でも、私の好みが偏ってるので混迷します。「作りたい!」と思えたらしめたものかな。定番のデザイン、開拓したいです。
d0127925_19082921.jpg
ボタンは共生地で作りました。
d0127925_19072817.jpg
d0127925_19070348.jpg
背中に紋が入ってます。
d0127925_19064320.jpg
haricoのひとりごと・・・『ファンデーション』いやはやダイエットの次は、肌の老化。若い頃から浮気もせずに使ってきたファンデーションの具合がどうも良くない。ハリというものが感じられないのだ。安易にファンデーションを変えたら良くなるのかも?と思い、宣伝に触発されて購入した。届くのを首を長くして待って、ワクワクしながら使用してみた・・・全然良くない。なんだったんだ?あの宣伝は・・・・と騙されたような感覚に。綺麗になると思ったら毛穴が目立って逆に老けた。ファンデーションって、本当に難しいのだ。それから動画でプロの人のテクチャーを見る。む、無理だ、肌色でもそんなに色を重ねるのね。それでいて水々しい。簡単にできるものではないんですね。。。。。これは単純に老化を認めなさいということだったのだと、もう1つ購入して分かった。合わないファンデーションは2度と使わない。これを無駄とは思わずに、更なる挑戦をするのがアンチエイジングの勝利者なのだろう。美人は努力しているのだ。そうそう、林真理子さんがエッセイで「美人の側にいると美人が伝染する」と書いてた。とりあえず美人な友達に、ファンデーションのことを聞いてみようかな。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!

by harico_couture | 2017-04-18 19:26 | 着物リメイク・ワンピース | Comments(0)
大島紬のお着物からトレンチコートをお仕立て致しました。トレンチコートは今年も流行ってますね〜。昨日のドラマ「貴族探偵」で武井咲ちゃんが下げていたbagがどうしても気になって調べたら、着ていたトレンチコートが可愛いと話題になってました!今年も健在ですよ〜。
d0127925_18222108.jpg
d0127925_18211702.jpg
d0127925_18225098.jpg
d0127925_18214106.jpg
haricのひとりごと・・・『浅田真央、現役引退』連日真央ちゃんの引退記者会見を見て、もらい泣きしているharicoです。フィギュアスケートは、芸術的な素晴らしさと技術的な素晴らしさを掛け合わせた他のスポーツとは違う。しかも技が早すぎて何回転なのか、何なのか分からない(分かる方もいると思いますが・・・)。ただただ素人の私は最後まで転ばずにステップやジャンプが美しいと「点数高いな・・・」とざっくりと思う。練習で飛べても本番ではどうか分からない、すべてのジャンプが決まるのも確立的に言うと未知な世界なのだそうだ。そんな未知な確立に、高度な点を取るためにリスクをとって果敢に挑戦する。厳しい世界。記者会見で「これからの選手達に言いたいことは?」の質問に、真央ちゃんが答えた言葉が私の胸を貫いた。「スケートを始めたころの楽しさを忘れないで」・・・・ビデオにおさめた真央ちゃんの幼い頃のスケートをしている時の屈託のない笑顔、大人になるにつれてアスリートの厳しい顔もちらついた。好きなことを極めると必ず、苦しいことが付随してくる。「トリプルアクセルに言いたいことは?」の無茶振りの質問に「なんで簡単に飛ばせてくれないの」と返答した真央ちゃん、ずいぶんトリプルアクセル野郎に悩まされたんだろうなぁ。記者会見の最後に涙を見せないように、くるっと後ろを向いてから笑顔を見せてくれたその健気さに、世の中の人々を包んでしまう彼女の強くも美しいさを感じました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!

by harico_couture | 2017-04-18 18:50 | 着物リメイク・コート | Comments(0)
東京からいつも中部地方でライブがある時に、ふらりとやって来てくれるお客様。今回は七五三の時の帯で巻きスカートをお仕立てしました。帯ならではの頑固な張り、さてさてどうなるかな?と思いながら作りました。そしたらステージ衣装のよう!?きゃりーぱみゅぱみゅ張りに、素敵に着てくれることでしょう。ライブに着て行って下さったらサイコーなんじゃないかな♡
d0127925_16193761.jpg
d0127925_16192176.jpg

by harico_couture | 2017-04-14 16:29 | 着物リメイク・スカート | Comments(0)

五条川のお花見

来年の春にはハルトがいない・・・早々センチメンタルな私は、思い出作りに躍起になる。愛知県でのお花見の名所と謳われる「五条川」、電車で30分揺られて夜桜を仰ぎに出掛ける。学校帰りのハルトと岩倉駅で待ち合わせ。待ち合わせの時刻になっても来ない。メールで1つ前の駅で降りたと返ってきた。学校を出る前は「岩倉」とインプットしていたのに、友達と「西春」の話で盛り上がってしまって、気が付いたら「西春」で降りていたと言うのだ。おまけにその日はヤギの出産の手伝いで、学生服は血だらけだった。それも3つ子のうち、2匹は死産で難産。男手がハルトだけだったので、お墓もハルトが掘った。死んだ子ヤギを埋める時、ヘトヘトで悲しむ力もなく、雑に土を被せると女子から「もっと優しくやってあげて!」と叱られたそうだ。愛玩(ペット関係)と畜産とで、動物の命に対する価値観は違う。決して畜産だから命を軽く見てる訳でもないのに、どう説明したらいいのか悩んでいた。・・・この日の桜を思い出し、何年か後にそのヤギの事を思い出すのでしょうか?ちなみに母ヤギの名はは「ゆき」ちゃん、子ヤギの名は「こゆき」ちゃんです。
d0127925_22193225.jpg
ヤギの出産の手伝いを終えたハルト。
d0127925_22191244.jpg
花の命は短し。
d0127925_22185487.jpg
 何年か前に行った時、屋台が多くてワクワクしましたが
台湾の夜市と比べたら、大人しい。
いやいや、お花見ですよ!桜を見ましょう〜。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-04-09 22:24 | ハルカイ | Comments(0)
前回のtopsとセットアップのピエロパンツです。色々、小技?を効かせて遊んでみました。カーゴパンツのようにサイドに大きなポケットが付いてます。セットして着ても様になりますが、単品で着ても楽しい1枚です。
d0127925_14553103.jpg
後ろにも、切り替えあり。
d0127925_14551504.jpg
大きなポケットがサイドに
付いてます。
d0127925_14550099.jpg
haricoのひとりごと・・・『3月のライオン』将棋界に新風が吹いている。将棋最年少プロ・藤井聡太くんは若干14歳だ。只今11連勝している。そんな中、漫画「3月のライオン」は羽生棋士・藤川棋士を始め、今年映画化された「聖の青春」(実話)の村山棋士もモデルとして登場し、この春映画化され、将棋界がかつてなく題材として使われ話題となってます。
我が家は毎週楽しみにアニメを見て参りました。絵が可愛いすぎて将棋のカラーに似合わなく、心理描写にテレビアニメがこんなにも力を入れていいのか?なんて、そこがこのアニメの凄いところ。勝負の厳しさも絵ががれていて、全く分からなかった将棋のの世界の入り口として入りやすかったです。そんな中最終回を迎えて、将棋の世界を列車に例え、主人公の生きて行く為に「将棋」しかない生い立ち、列車を降りることは「死」を意味することにせよ、「将棋」の列車に乗れて感謝しているで締めくくられる。見ながらテレビを見ていたらカイトが「俺は、いろんな列車を降りてしまったな」と悲しそうに言った。列車に乗れてない人から見たら、例え苦しくても乗ってる人を見ると羨ましく感じるのだろう。私も「着物リメイク」の列車に乗ってしまった。乗れたこと、本当に感謝している。乗らないと見えなかった景色が見えたからだ。飛ばし過ぎたスピードも、少しはコントロール出来るようになった。細く長くそれこそ死ぬまで乗っていたい列車です。カイトも見つかるといいな。にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-04-07 15:32 | 着物リメイク・パンツ | Comments(0)
お久しぶりにお見えになったお客様、笑顔で「また先生に作ってもらおうと思って・・」とご来店。嬉しい限りです。
ご依頼いただいたのは、トップスとパンツのセットアップ。今回はトップスのお写真をUPします。これを着てお出かけする予定だそうです。お花見かな。
d0127925_10263425.jpg
ポケットはベロのように浮いてます。
お袖は折り曲げても折り曲げなくても。

d0127925_10250596.jpg
背中もパッチワークで
面白く。
d0127925_10251982.jpg
haricoのひとりごと・・・『ひよっこ』NHK連続ドラマ「ひよっこ」が始まりました。脚本は「おひさま」でお馴染みの岡田惠和さん。舞台は滋賀県の田舎、主人公を演じる有村架純ちゃんは高校3年生。ハルカイもこの春高校3年生になる。自分の運命を左右する分岐点に立っているのですが、立ってることに自覚があってもその選択に確信と自信がないのが現状。親しい仲間が次々に離れていく、夢に進んでいく嬉しさと寂しさの混合もこの時にしか味わえない感覚なのかもしれません。時代設定は1964年の東京オリンピック前後、それもまた2020年に東京オリンピックを迎える「今」とリンクしているのかもしれません。またこのドラマのみどころ・・・田舎のお家の間取りやインテリア、電化製品や服や靴。よく見ると当時のリアルな物なんじゃないか?と思います。母役・木村佳乃さんが首にかけている手ぬぐいも、みるとなんとも言えない良さが伝わってきます(衣装と美術さんがんばってるなぁ〜)。いつも途中で挫折してしまう連ドラ、今回は岡田惠和さんに付いていきます!!にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-04-05 10:52 | 着物リメイク・ブラウス | Comments(2)
男物の大島のお着物を変わり襟のコートにお仕立てしました。実はこの型、お客様のお気に入りのコートのそっくりさん。
元の素材はウールなので出来上がりは全然違うけれど、やっぱり好きなデザインに落ち着きます。それって流行に惑わされず貫いた、無意識の独自の美意識みたいなものだと思います。そんな美意識もわかりつつ流行をプラス出来ると、上級コースなのかも。。。私は未だ未だ自分探ししているアラフィフですが・・・ははは。
d0127925_15493341.jpg
前のボタンを外すと、違った印象になります。
d0127925_15500570.jpg
背中もよく見ると4枚はぎ。
すっきり見えますね。
d0127925_15491444.jpg
なんと裏地は、羽裏を使いました。
大胆な柄です。
脱いだらびっくりポン。
d0127925_15485521.jpg
haricoのひとりごと・・・『母目線の映画』見た年齢によって全く違って見えるのが映画の醍醐味。(余談ですがアニメ・アルプスの少女ハイジを今見ると、ハイジが可哀想で見れない自分に驚きます)この間「おおかみこどもの雨と雪」の再放送を見ました。成長する子供達を見守る母に感情移入しすぎて大泣き、DVDを持ってるのにだ。「6才のボクが、大人になるまで。」はリアルタイムで6才の主人公の男の子が18才までの12年間を追った、映画。当然彼を取り巻く家族も12年間の変化を綴っている。何も取り柄がない若い母が大学に行き勉強し大学の教授にまでなる。その母の男関係の波乱万丈な運命に主人公は振り回される。子供の運命は親と切り離すことができない、それが「子供」と「大人」の境界線なのだ...。この映画も親目線で見てしまう。どちらも同じようなシーンがある。「おおかみ・・」では嵐が去った後に母がおおかみの息子と別れるシーン、「6才のボク・・」は主人公が18才になって家を出で行くシーン、どちらの母親も濃密な親子関係を過ごしてきたのにも関わらず同じ台詞「まだ、何も(息子に)していない」と言い泣くのだ。季節は今、4月。来年の今頃、私も同じ立場になる。子育て終了のベルが鳴るまでのカウントダウン、1日1日噛み締めて味わっていきたいです!にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!





by harico_couture | 2017-04-04 17:44 | 着物リメイク・コート | Comments(0)

不思議な縁のお客様

3年前Parisで展示会を行ったとき、ヒョンなことから知り合いになったフランス人のジョナタン。縁あって、日本に帰った後、数ヶ月して名古屋にやってきました。Parisで仲良くなった時に、Googleで「ここが私のお店だよ」と教えましたが反応があまりなく・・・と思いきや、フラッといきなりお店に現れました。数ヶ月ビザが切れても日本が大好きでParisに帰らないジョナタン、いろいろあって泣く泣く帰国しました。そんな折、海外向けサイトで商品を売りたい会社の方が訪問されました。振り返って海外での販売の厳しさをお話ししていたところ....なんとお店の入り口にジョナタンが立ってました!
3年間の空白を聞くと、辛そうな顔。フランスからイギリスに行き、働いていたそうです。イギリスはEUの関係で移民への風当たりが強く、生活も面白くなかったみたいです。やっぱり日本に住みたい気持ちが強く、また来日してくれました。就労ビザもなく、働くこともできない・・・私には術がなく、力になってあげられないけど、こんなに日本が好きなんだからなんかいい手はないものかな。2度あることは3度ある!?今度ご来店の時は、笑顔で会いたいな〜♡
d0127925_11103313.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-04-03 11:11 | shop | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)