着物リメイク・絽で作ったコートとブラウス

今年の夏は長かったので、ちょうど今頃この絽のコートが重宝してくれてるそうです。細身のお客様にピッタリで、きっとカッコいいだろうな。次回は素敵な紡ぎのお着物のご注文を頂きました!今度は可愛いのができそう、楽しみデス。
d0127925_23452574.jpg
d0127925_23444794.jpg
d0127925_234463.jpg


haricoのひとりごと・・・『男女の愛』こんなことをブログに書いてどうなるのか?とてもリスクがあることだとわかってて書いているアホな私です。しかしずっと探求し一つ一つ紐を解いていくとこの、「愛」に到着するのだから仕方がないのです。話は飛びますが、数式であらゆる立体を示すことができます。この世が9次元まであるということも、数式で現せるそうです。宇宙の始りの数式は何だったのでしょう?私はプラスかな?と思っています、単純にね。私のイメージの愛もこの単純なプラスと考えていいかもしれません。

それは置いといて、「男女の愛」。動物は発情期を迎えるとツガイになります。人間もあーだこーだありますが、所詮この発情期を迎えて夫婦になります。やがてその期間が過ぎると、生活を共にする共同体になっていきます。そこにあえて性別は関係ないと思いがちですがそうではありません。自分にない例えば女性なら男性性を求めてバランスをとろうとしています(その男性性を女性が要求するのはその為です「もっとしっかりして!パパ」とかね)そうして外部からの敵を入れないようにしたり、それも子孫を守る為の策ではないでしょうか?そのようにお互いが女のとして男としてどのようにあるべきか?ホントの所、無意識に思いながら日常を送ってる訳です。無意識に送っているので共同体とした立場での視点は、同志であって戦友、中性(ユニセックス)の立場になり、突然の「男と女とは?」「愛」とはの問いかけにフリーズします。
しかし朗報です!もうツガイになり同じ環境で、同じモノを食べ、寝起きする。もうこれだけで愛を育んでいることになると私は思っています。いやいや、そんなことはない!と仰る方も多いと思いますが、前に書いた怒りや嫉妬、嫌悪感などそれも愛を勉強して愛にに変えれるとしたらどうでしょうか?仲の良いお友達でも一緒に暮らそうとしたら、とても勇気がいります。その仲のよいお友達を飛び越えて、一緒に暮らしてるだけでもすごいことです。これは男と女だからできることだと思っています。
by harico_couture | 2012-10-21 00:32 | 着物リメイク・コート | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)