着物リメイク・ちりめんのコート

こちらは卒業式の来賓の方のコート。コートって言ってもコートワンピースのような感じにしました。指し色に黒の綸子の羽織を襟(重ねて付けるように半分つけました)、そして比翼の裏がちらりとみえるように作ってみました〜。お客様はこのコートに白のパンツを合わせたようです。それも素敵だな〜。卒業式は送られる方と送る方、双方のイーブンなるエネルギー。式ってのは、どれもそういうものか・・・。「おめでとう」の愛情深い言葉が降り注がれるほど、送られる方は勇気をもらって次の舞台で「頑張ろう!!」って思うのかな。
d0127925_13374083.jpg
d0127925_13372377.jpg
d0127925_1337174.jpg

haricoのひとりごと・・・『泣くな、はらちゃん』「はらちゃん見てるとハルト君とかぶるんだよね」と言われて今更見出した第9回、いや〜ハマった!!次回は最終回・・・なんで今まで見なかったのだろうと悔やんでいたら、今の世の中その辺のサービスは充実してて助かった。一気に9回まで見てしまった。ここでご存知無い方にご説明すると、はらちゃんは漫画の世界の人、その漫画を描いた越前さんと恋に落ちる話です。・・・???と思われる方、私もそうでしたがこのドラマ言ってる事がいちいち哲学的で、それでいてピュア、笑えるのに感動して泣ける。こんな要素を醸し出してるのに、描いている世界は単純明快です。脚本は岡田惠和さん(NHK朝ドラ「おひさま」脚本)、主人公はらちゃん演じる長瀬智也さんをイメージして書き下ろしたものです。なのでオリジナル!!それもいい!!はらちゃんは何にも知らないんです。だから質問する。「働くとは?」「片思いとは?」「結婚とは?」「家族とは?」「死ぬとは?」と。その質問に登場人物は案外簡単な言葉で返すのだが、それがまたいい。ウンチクつらつら言う私のようなタイプよりも、一言二言の言葉の方が飲み込むには丁度いい。はらちゃんの行動言動は裏表がない。いつも表。対する越前さんは裏表を考え過ぎてどっち付かず。しかし「知らない」から「知る」ことによって、はらちゃんの世界はだんだん変わっていくのです。ハルトも正にはらちゃんのよう・・・先週憎しみみないな感情を覚えたはらちゃん、年頃のハルトもそれと似通った感情に戸惑ってるところもかぶる。。。今週最終回、どうなるんだろ、はらちゃん。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
by harico_couture | 2013-03-20 17:57 | 着物リメイク・コート | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)