着物リメイク・帯で作ったbag

思い出の帯、ずっと箪笥にしまってありませんか?bagにするといつでも気軽に使えて、いいんです。
ご注文してくださったお客様はお稽古の時に、お使いになるのだとか。うん、お稽古って自分解放時間?自分強化時間?そんな素敵な時間に連れてって下さるなんて、帯も喜んじゃうわ♡
着物リメイク・帯で作ったbag_d0127925_10534556.jpg
着物リメイク・帯で作ったbag_d0127925_10532729.jpg

haricoのひとりごと・・・『貨幣社会』この間3年ぶりに紳士のお客様がご来店しました。お身体を悪くして大変だと仰っていたので、心配しておりましたところ、お元気に顔色もよく、ズボンのポッケにボタンホールとボタンを付けて欲しいとご依頼されました。出来上がりお電話し「ズボン4本で1680円になります。」と言うと「助かるわ、そんなに安くていいの」と返されました。ご来店頂いて、お金を戴こうとすると「おつりはいいよ」と言うんです。「でも、正規の値段だからいいです」と返すと、「気持ちだから」と言ってくださり、有り難く頂戴しました。・・・うちのお店、こういう事、物凄く多いんです。私は、お金をエネルギーに例えてます。私が作った技術もエネルギーですが、お客様から戴いたお金もエネルギー。お金は便利なシステムなんですね〜。最近の価格破壊によって、このエネルギーの基盤が崩れてます。技術と時間に見合ったというか、小手先の愛情のない技術はあるのかもしれない(でも実はエネルギーがない)判断不可能な商品が多いんです。そういう場合はやはり、「安い」といった基準で選んでしまいます。この状態はここ20年で出来上がったと思います。以前であれば、国内生産で心を込めて値段に見合った商品を作っていました。つまり、お金のエネルギーと商品のエネルギーはイーブンだったのです。そんな生産者の事情は知らず、消費者は見た目と安さで買います。いつの間にか成り立たなくなってしまったのです。・・・・・っていうか、haricoだと今のシステムが合わないのです。シマムラで500円で買ったスカートのお直しが1500円かかる!なんてことにもなるんです。不可解なシーソーゲームなのかもしれませんが、エネルギーとして見ると一目瞭然なんです。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
by harico_couture | 2013-08-03 11:23 | bag・小物

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)