着物リメイク・紗のブラウス

透け感のある紗のお着物をブラウスにお仕立てしました。中にお手持ちの汗をかいても大丈夫なコットンTシャツを着ていただけたら、オシャレな上着として重宝致しますよ♡
いつものお召し物に、+プラス着物リメイクで、とってもオシャレに変身できます。1枚着ただけなのにお着物のチカラとでも言いましょうか〜「あれ?」って周りが気付くんですよね。どこにも売ってない、あなただけの1枚ですからオーダーメイドってそういうことなんですね・・・・。何度も言ってますが、お洋服はその方の『表皮』なんです。魂が表皮って意識した瞬間から、ピカっと光る目に見えない光になります。それはホントに他とは比べようもないこと。表皮を味方につけると自信にも繋がって、更にピカっと光り輝きます。その方の内なる光を放つんです!これは経験しないと分からないコト。特に先代のお着物を壊して、お洋服にする場合によく起る現象です。オカルトみたい?いや、愛情に包まれてるからこそ起る現象なのよ♡
着物リメイク・紗のブラウス_d0127925_11175769.jpg
着物リメイク・紗のブラウス_d0127925_11173733.jpg

haricoのひとりごと・・・憲法改正の時代熱が熱くなりつつある。戦争を知らない私達世代は夢物語のように大人の語る戦争観を聞いていたが、いよいよそんな他人事のようには聞けなくなってきた。新聞の見出しにもこの戦争観を語るコラムが多くなってきた。福島原発の汚水の問題の方が先に解決しなくてはならないのに、更に大きな問題で足下を分からなくする手なのだろうか?3・11の大地震が起った時、民主党が政権をとっていたというのは、今から見ると自民党はラッキーであった。100年に一度の大災害を不慣れな政党が、指揮できるはずがない。増してや原発は自民が推進したもの。民主党の呪う前に自民党を問いただすほうが先だと思います。そして、原発の事でテレビがいかにスポンサーに影響され情報が歪曲され、届くかという事が分かりました。NHKですら、まっすぐには伝えられないという事も分かりました。しかし裏の視点から見ると、ニホンは狭いと言っても、東西に長い列島です。被災地に起った不幸な出来事は他の県では、体感できない。ニホン全体の士気を下げないように、最小限の情報を促すってのも分かる気がします。問題は、当事者であるかないかで、受ける濃度が違えば、色んな角度の対処の仕方があって、全て同じ流れで進行できないという見方もある。
・・・何が言いたいか?極限のメディアの状況を知った私達、後は私達が「何を考え」「どうしたいか」を個々にはっきり意思表示しなければ、ズンズンと流されてしまうという事です。その為には歴史を学ぶという事です。偉そうに言って申し訳ないのですが、私も今から戦争観を勉強しようと思っています。43歳です、遅過ぎます。恥ずかしいことです。歴史を学ばない民族は滅びる・・・と誰かが言いました。今からでも遅くはありません。学んで、これからのニホンをしかと見届けましょう!!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
by harico_couture | 2013-08-11 11:49 | 着物リメイク・ブラウス

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)