着物リメイク・ちりめんのレトロコート

いつもご注文頂いてるお客様がお持ち頂いたちりめんのお着物で、「今度は何をお作りしましょうか〜」と悩みそうなんだけど、いつもちゃっちゃか決まっていきます。お客様に迷いがないので、お仕立てするときも、す〜っと作れてしまいます。ホントにお客様が乗り移って作ってる気がする〜。夏を過ぎてオカルト?ではないのですが、それくらい無意識に作っております。。。。オカルト?ついでに、昨日は台風にも関わらず出来上がったお洋服の受け取りに何人も現れる!そういう時は、続いたりするものです。その都度楽しいお話ができるので、嬉しいんですけど・・・外はエラい事に!商店街の前の道は川になっておりました。するとお決まりの下水管がボコボコ話し出す。ウチは下水がいっぱいになると、トイレもお風呂も使えなくなるんです。そんな時に急激にお腹が痛くなり、トイレにも行けずホントに死ぬかと思いました〜。・・・という訳で大雨になってきたら、トイレを済ますという家訓が新たに加わりました。
d0127925_1329329.jpg
d0127925_13291051.jpg

haricoのひとりごと・・・『相槌(あいづち』セミナーをやってわかったこと。それは相槌の有り難さです。「うん。うん。」「それで、それで?」その言葉があるだけで、話ってホントに広がる。人前で話すのに慣れてない私だから、言葉の投げかけが語りながらできない。一方通行でキャッチボールなら投げっぱなし。カリスマティーチャーって人は、言葉のエネルギーを一遍に大勢の人に投げかけて、相槌がなくったって綺麗なフォームを見せて感動を与えられるんだ。もちろん、キャッチボールだって出来ちゃう器用なピッチャーなのだ。相槌は、調べると鍛冶屋で師匠の打つ鎚に合わせて、弟子が鎚を入れることみたいだ。リズムよく、気持ちの良い、相槌は、まるで2人が1人のように、3人が1人のように統合されていく様のようです。そこで忘れちゃあいけないことは、鍛冶をするには「身体」がいるってことです。「身体」には技術がなくては鍛冶は作れない。私は身体も、出来てなく、相槌も上手く引き出せない・・・心技体とはよく言ったもので、「心」だけ走って行ってはダメ!!ってことなんですね〜。「身体」(技術)を磨かなくては♡前進できませんな。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
by harico_couture | 2013-09-05 13:46 | 着物リメイク・コート | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)