映画『ズートピア』を観ました!

ディズニー映画は、もはやただの幼児向けの映画ではない。今回の「ズートピア」は、ナント「差別」がテーマなのである。アメリカは、ヨーロッパ大陸、世界各国から自由を求めて多民族が平等にと作った国。それをいろんな動物に置き換えて、ユートピアならぬズートピアで仲良く暮らす街の話。主人公のウサギは超努力家で、背格好では到底叶わない大型動物に知力と体力でズートピアの警官となる。しかし、そこでは動物の生態から全て平等にはいかない故、差別も起こる。その差別は知識のないものは「差別」と判断されにくいレベル。物語の中で1つ1つ差別の種類が網羅されてあり、教育映画と言ってもいいくらい。
 昨今、イギリスの国民投票によるEU離脱が話題。1つの原因は移民問題。・・・この映画と重なる。日本人のように、ほぼ単一民族国民には理解というか共感しにくい。これから先、更に安い労働力を補充するために他国から移民が日本に押し寄せたとしたら、共存するためにお互いがよりよく生きる術として身を削り助け合わなくてはならなくなる。・・・・としたら、この問題は私たちも未来、関与することになるだろう。
難しいお話になっちゃいましたが、ちびっこ達に自然と楽しく身につく差別知識の映画。ぜひご家族でご覧になってください。・・・・それと徐々にCG技術向上で、今回は動物の毛並みがふわっふっわ!触りたくなる!!しかしこれも差別ってしってました?黒人のアフロヘアーがふわっふっわで触りたいというのは、差別だそうです・・・・。
映画『ズートピア』を観ました!_d0127925_18253256.jpg

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
by harico_couture | 2016-07-15 18:25 | 本・映画 | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)