アニメ・ヴァイオレット・エヴァーガーデン

d0127925_14353442.jpg
d0127925_14354459.jpg
子供の頃、日曜の7時半から始まる「世界名作劇場」が楽しみだった。アニメが与えるエネルギーが家族全員に反応して、それがまた家族の繋がりを感じれたりする。フランダースの犬の最終回、家族みんなで号泣した思い出が蘇る。ハイジに、フローネ、小公女セーラ、アメリオにラスカル、まだ私の心に住んでいる。そんな家族一緒に見れて、文学的なアニメが今、個人主義の時代難しい。・・・そこで現れたアニメ・ヴァイオレット・エヴァー・ガーデン!!残念ながら深夜放送。主人公・ヴァイオレットは人間武器のように人を殺すことに特化しているが、感情がない。ある時、少佐に拾われて心を取り戻していく。なんやかんやあって、戦争は終わりヴァイオレットはお客さんの感情を手紙にする自動手記人形として働く。感情がないヴァイオレットが、感情を切り取り手紙にすることは困難だ。しかし逆に無垢でまっすぐな彼女の言動や行動に周りが気付かせてもくれる。毎回毎回、涙し「よかった〜よかった〜」と深夜に家族団らんしている水田家です。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!

Commented by juliastardustrevu at 2018-03-21 16:22
こんにちは。いつも覗かせていただいています。
ハンドメイドでないのに、自分にヒットしてコメント失礼します。
カルピス子ども劇場だと思っていて、ハウス〜とは別物だと最初読んでました。
フランダースの犬は、見たくない名作です!(号泣して泣きつかれるのがわかっているから)
Commented by harico_couture at 2018-03-21 16:59
コメントありがとうございます!!知らなかった!ハウスと思い込んでました。カルピスでもあったんですね〜。笑
見ていたアニメで年齢が分かりますね。ははは・・・・。
私も、フランダースは二度と見たくないですよ〜。
ハイジも大人になって見たら、ハイジが健気すぎて見れません。特に夢遊病になる辺り・・・
by harico_couture | 2018-03-20 14:52 | 本・映画 | Comments(2)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)