映画『ファントム・スレッド』を見に行ってきました!

d0127925_20193789.jpg
舞台は1950年頃のロンドン。社交界から脚光を浴びる初老の天才・デザイナー(仕立て屋)の話。天才ならではの奇行は、私がもっとも好きなジャンル!笑。仕事が命故に、それを支える姉は何から何まで理解してくれる環境のもと、生身の人間で主人公がデザインの源となるボディを探し、当然人間だものモデルは愛情を求めるあまり主人公に嫌われ捨てられるを繰り返す。癒しの旅で出会ったウェイトレスの田舎娘のボディに恋し、そこから主人公のルーティーンは崩れていく。。。。垢抜けしない娘だけど、主人公の才能を心底愛している。そんなサポートは天才にとってはこの上ない味方。岡本太郎と岡本敏子の関係を彷彿させた。天才は超孤独なのです。最近亡くなったケイトスペードさんも、成功の陰に強烈な孤独が潜んでたんだと思うます。そしてパワーバランスがいびつな主人公とモデルの関係は、その孤独を手玉に徐々に女がリードするようになります。「結婚」とは「愛」とは?沢山のクエッションが投げられ、頭の中は悶々とします。映画を見てから少し経ちますが、この世界に未だに酔っ払ってる私です。誰もが楽しめる作品ではありませんが、私には心に残った映画でした〜。(ん〜もっと、ドレスのお話しもしたかったぁ)
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ←いつもありがとうございます‼️クリックしていただけると、励みになります💕
にほんブログ村
by harico_couture | 2018-06-15 20:50 | 本・映画 | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)