映画『アリー!』を観に行って来ました!!

今年初めての映画は『アリー!』になりました。予告からレディ=ガガの歌声に泣かされていたので、ハンカチ片手に馳せ参じました・・・・が、しかし実話ボヘミアン ラプソディの冷めないまま、実話ではないアリーはガガに見えてしまって映画に陶酔できずに帰って来てしまった。ただ、ブラッドリー=クーパーの演技は素晴らしく時間が立つに連れ、彼の心内に入ってからは今でも心痛めて不意に泣けてくるくらいだ。商業的にレディ=ガガに脚光を当て過ぎて、もしかしたらダブルキャストとして観たほうがいい映画だと感じれたかもしれない。。。。(ここからネタバレ)そして、最近の風潮のフェミニストの観点で、男が女に見出されて女が男の優位に立つみたいなカテゴリーにすると、どんどんこの映画は違ってくると思う。ただただ純粋にブラッドリー=クーパー扮するジャクソンの恋に落ちた瞬間が、鮮烈に美しく誰にも触らせたくないくらいに彼にとって大切であったこと。でもその才能の美しさは、世間も欲しがりまたもっと輝いていく不条理。『嫉妬』という言葉は汚すぎて、ジャクソンにはそぐわない。映画『ブルーバレンタイン』彷彿させる一目惚れのまま女を愛するがあまり、現状が見えない男の性。皮肉にも彼が「元の君に戻った時に聞かせたい曲」が最後ラスト、彼が亡くなった後、アリーがステージで歌う。元の君は、出会った頃の「君」なのだ。
d0127925_13154599.jpg

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
by harico_couture | 2019-01-10 13:47 | 本・映画 | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)