2012年 01月 24日 ( 1 )

元気が出るマフラー

いつも遠くから電車に乗っていらっしゃるお客様、私もお話するのが楽しくて首を長くして待っています。今回のご依頼は『元気が出るマフラー』。色んな元気が出そうな生地をピックして繋げて、パズルのピースのようにガタガタの形にしてみました。巻いてみると、ガカガタの所があっちこっち向いて面白くなります。・・話は変わるけど、バーテンダーにカクテルを頼む時に「○○な気分に合うカクテルを」と言った方が、バーテンダーは創造性に富み素敵なカクテルを用意できるらしい。もしかしたらharicoも同じ作用があるかもしれない。この間も「パワーのあるbagを」とご依頼頂いた。以前作ったbagが好評で、素敵な出逢いがあったそうだ。(たまたまだよ〜)今回のマフラーも、元気が出てくれたらいいな〜と思い、次回ご来店の際の笑顔を期待しています♡
元気が出るマフラー_d0127925_9551368.jpg
元気が出るマフラー_d0127925_9545445.jpg

haricoのひとりごと・・・私の心配はハルトが優し過ぎること。雨降りの日に、道端のワンコが雨に濡れていたので、いつまでも傘を傾けていたこともある。男の子のスキンシップは、専らパンチやキックです。これは愛情表現とストレスの発散が混ざった状態。深層心理の中には『甘え』が潜んでます。ハルトは無意識にその甘えを受け取る『器』になります。カイトが「あれはイジメだよ、イジメル方も悪いけど、イジメに気が付いてないハルトの方がもっとダメだ!!」と言います。心配な私は「嫌だったら、ちゃんとやめてって言わなきゃ、友達は分からないよ!!」と言うのですが、「そんなこと言ったら、可哀想だよ。誰にも相手にされなくなっちゃう。」とハルトは言う。自己犠牲というコトバがあるが、彼の中には「自己」がない。だから、憎んだり、嫌な気持ちが残らないのだ。しかし,この先「自己」が形成されたら、傷つき恨みも残ることだろう。コドモの社会に親は存在したくない私は、ただただ行方を案ずるのみ。ハルトの優しさがいつまでも清らかでいることを願うだけ。
by harico_couture | 2012-01-24 10:15 | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)