2014年 04月 26日 ( 2 )

Paris用の作品に、今までとは違って既製品の服地を使う試みをしました。シフォン生地だったり、ニット生地だったり、ポリエステルのちりめんだったり・・・・。組み合わせることで、アバンギャルドな雰囲気になるから不思議。今回も襟元にパワーネットの生地を使ってみました。ドレープが綺麗にでるのが特徴。切りっぱなしでもo.kなんです。紐の結び方でいろんなシルエットになります。ウェストで絞ると女優風になります。ウフ♡若草色は、実をいうと難しい色。パワーネットの色がホンノちょっと変わるだけで、色の対比が良くなくなります。こういう時、美的感覚が試されます・・・。ある方が、パッチワークの先生や、刺繍の先生・・・その道だけでなく、デッサンなど絵画教室に通ってる人が多いんだよと教えて頂きました。ホントにその通り、絵が描けるってことは色をイメージできる事ですものね。ハルカイが夜遅くスケッチブックに向かって書き耽ってる時、私も「いいな〜」と横目で見てます。絵を描く心の余裕、、、、欲しいっす♡
d0127925_17312283.jpg
d0127925_1731346.jpg
d0127925_1730466.jpg

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
by harico_couture | 2014-04-26 17:28 | 着物リメイク・コート | Comments(0)
前回のお客様のご注文です。七・五・三のお着物から作りました。艶やかなお色が、目を引きます。
こちらはちょっと短め。チュニックタイプです。上はTシャツ、下にジーンズなど合わせてもいいかな、と思います。私もそうですが、いつものスタイルに着物リメイクを1つプラスが気負い無く、よく見ると「あれ?着物?」ぐらいがいいかな〜と思ってます。しかし着物生地は、従来の服地とは風合いが全く違います。お客様から中学生の娘さんに「その生地、着物だよね」と仕立てた着物リメイクを見て、言われたそうです。また別のお客様も、普段無愛想な息子さんに「今日の服、いいね」と褒められたと教えてくれました。「普段と同じ」と認識しなかったということで、着物生地は非常にインパクトがあるんだな〜と思います。それくらいなので、普段にプラスαぐらいが丁度いいのかな?
d0127925_1103167.jpg
d0127925_11065.jpg

haricoのひとりごと・・・『理研にみる社会構造とミステリー』STAP細胞のねつ造、改ざんを廻り賛否を問われ、世間は大騒ぎ。私の様な素人は理研という組織すらどういったものなのか分からない。断片に切り込まれた情報だけをつぎはぎ見ると、「ただのチェックもれなんじゃないの?」とどうして初歩段階で見つからなかったのか不思議でしょうがない。ただこの一連を現在の社会構造に置き換えてみると面白い事が分かる。理研の古い縦社会、小保方さんのような飛び抜けた奇才を入れた現代風の横社会。また縦社会崩壊に伴う、個人主義により縦の管理体制の甘さ、また若い世代も個人主義慢性化によって規制など無視、更にはテクノロジー優先の倫理観軽視などの傾向・・・会見など見ても、理研に立ち向かう小保方さんは、いままでの大きな組織に無言で退くような態度はしなかった。しかし理研調査トップは昨日辞任した。
 ここからはharicoミステリー。そもそもSTAP細胞は、存在するのか?このキーは小保方さんのみが持っている極秘なものなのではないか?新聞には紅茶を浸したくらいの酸性、簡単にできる、などと書いてあった。しかしだれでも培養できたらここまで物議を醸し出さないだろう。ひょっとしたらSTAP細胞は世界を変えるほどの凄いことなのかも・・・?そこで理研が小保方さんに、情報を開示せよと迫るのだが、小保方さんは拒否し、この事件になっていったのではないか?そう妄想する私、10年後時の人、小保方さんがどうなっているか?STAP細胞がどうなったか?知りたいのである。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!
by harico_couture | 2014-04-26 11:29 | 着物リメイク・ワンピース | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)