カテゴリ:ハルカイ( 55 )

d0127925_22193460.jpg
d0127925_22192247.jpg
おかしなことを言うかも、私は常にエネルギーに意識をしている。見ても食べても何をしても、エネルギーを感じそれに対して自分が選び自分が心地よいように維持するよう心がけている。家族は当たり前だが1つの家に寄り添って生きていく。1つの空間に家族分のエネルギーが詰め込まれ、音楽で言うならメロディを奏でる。パートは皆分かれ、それぞれに音を出しハーモニーに個性が出る。そのメロディが楽しくなるように個々に努力している。ハルカイが生まれてきてから18年出し続けてた音がこの春、ハルトが鹿児島に行くことになって変わった。いなくなって彼のパートの存在が浮き彫りになった。これが「寂しさ」というものか・・・と、辞書には載ってない、言葉では言い表せないエネルギーを体感した。「ラジオ人生相談」を愛聴しているharicoですが、Q死んだ妻が忘れられずずっと寂しい想いをしているがどうしたらいいか?の質問に、先生は「十分愛した人だけに、(ご褒美として)寂しさを感じることができるから、十分寂しんでください」との答えだった。ハルトにこんな寂しい想いをさせてくれて、ありがとうということなのだろう。毎朝、名古屋の天気をLINEで知らせている母である。ハルトから鹿児島の天気の返事がくる度に、天気は西から東に変わると実感している。そして遠いけど、音楽は今も奏でている🎶
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ←いつもありがとうございます‼️クリックしていただけると、励みになります💕
にほんブログ村
by harico_couture | 2018-04-20 22:53 | ハルカイ | Comments(0)

桜の季節

今頃、入学式や就職、それに伴って遠方に旅立つなど、何かとセンセーショナルな人生の岐路を経験する人も多いだろう。その背景を彩るかのような『桜』の存在感を、私は今年物凄く感じた。その要因は、間違いなくハルカイの進学ということはよく分かっている。カイトの大学の入学式に出席し、スーツ姿を纏った同級生達の背中姿を遠目に見てると、桜がバックで彼らをキラキラ光らせてる。自分の夢に一歩踏み出した若芽のようで、エネルギーに満ちていて、私には本当に眩しく見えた。帰りの車窓から見える景色には、いつもは深緑の中に薄ピンクが入り混じり幻想的だ。「大学の入学式を秋に・・・」なんて話も出ているみたいだけど、このなんとも言えない桜の美しさと桜の命短しの間に、人生の岐路をリンクさせるなんて日本人の美学って素晴らしいと思ったこの頃です。
d0127925_23480622.jpg
毎年恒例の五条川に花見に行きました〜♪鹿児島に行くハルト、背中に桜を背負って悦びの門出!
d0127925_23482249.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ←いつもありがとうございます‼️クリックしていただけると、励みになります💕
にほんブログ村
by harico_couture | 2018-04-06 23:51 | ハルカイ | Comments(0)

旅発つ前の熱田神宮参り

ハルカイが生まれて初めて行った神社が熱田神宮、お宮参り、七五三、初詣はもちろんの事、ずっとお世話になった。私と主人は神社好きで、息が合うと家族を連れて「行きますか〜」ってな感じでぴゅ〜っと熱田神宮に行く習性がある。国内の旅行先を決めるときは、どこの神社に行くかをまず決める。そんな夫婦に知らないうちに育てられたハルカイもまた、神社好きに育った。
 神様のお陰か、私が言うのもおかしいけど、彼らはとっても運がいい。側から見ててもレールが敷かれてて、ただその上を走っていったらいい友達、いい先生、優しい祖父母・・・・とみんなが指南してくれる。その運にあぐらをかかずに、感謝していけるかがこの先の明暗を決めると思う。まあ、あぐらをかいても、また、勉強となり糧となるからどちらの道も意味があるのだけど、親としては苦しんでる姿を見るのは辛いので、ただただ感謝する事を忘れないように!と心に刻むようにと一言持たせよう。鹿児島に行ったら、ハルトを守ってくれそうな神社を探そうかな。
d0127925_15571019.jpg
私の好きな樹、チューバッカにそっくりな節がある。白蛇が住んでます(いつも生卵が奉納されてます)。
一度、会ったことあり。冬眠から覚めてこの春からは見れるかも!
d0127925_15572431.jpg
エネルギー写真が撮れるお客様と出会ってから、私もちょくちょく撮れるようになってきました。
鳥居から光が差してました。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ←いつもありがとうございます‼️クリックしていただけると、励みになります💕
by harico_couture | 2018-03-29 16:12 | ハルカイ | Comments(0)
記憶が思い出に定着するには、感情の揺さぶりが必要だ。省エネ体質のハルカイときたら、いつも受動的で春になっても家でウダウダ・ゴロゴロしている。そしてカイトは毎日カワウソの動画をチェックし「かわええ〜〜かわええ〜♡」と私に見せてくる。大須に猫カフェならぬ「カワウソカフェ」ができたとテレビで知って、動物好きのハルトと彼女も連れて「よっしゃ、思い出つくり!」と母は提案した。ハルカイの反応は「動画で十分、別に行きたくない・・けど、母が言ってるから仕方ない」と消極的。まずは、美味しいピザでも食べてテンションあげてこ〜と、ピザを食べた。そこから歩いてカワウソカフェへ・・・そこは雑居ビルの5階、扉を開けると別世界だった。カワウソ3匹、フクロウ・ミミズク3匹・ミニ豚1匹・ゾウガメ1匹・サルにトカゲ、たくさんのネズミが待機しさながら動物園になっていた。動物に慣れてるハルトと彼女は、積極的にコミュニケーション!!ムツゴロウ並みにワシャワシャ触る。その姿を見たカイトは「お前らすごいな〜」とマジで感心している。念願のカワウソを前に、「かわええ〜かわええ〜♡」を連発はしているものの怖くて手を出せない。しかし飼育員のお姉さんが「カワウソに餌をやりたい人〜」と声を掛けると、小学生も数人いる中、身長180センチ越えの双子だけが手をあげ、餌やり役をgetした。・・・たった1時間のことだったが、多分ずっと記憶に残る思い出になったと思う。鹿児島まであと少し、思い出つくりに励みます。笑
d0127925_11040383.jpg
d0127925_11034258.jpg
d0127925_11032928.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!

by harico_couture | 2018-03-23 11:05 | ハルカイ | Comments(0)

ハルカイの卒業式

明け方まで嵐が猛威を振るったが、その後は晴れた。自称『晴れ男・晴れ女』の名は死守した気分で、卒業式へと向かった。ハルカイ共に同じ日に式を迎えるので、私はカイトの方へ出席した。生徒数が非常に多い高校だけに、省略、省略で淡々とおわり、用意したハンカチは出る幕がなかった。クラスに移動し、いつも聞かされてるクラスメートが一人づつ前に出て、一言スピーチをした。ミズタ・カイトはあいうえお順だと後半に当たる。笑あり、涙あり、皆スピーチが上手い。・・・果たして我が子はどのようなスピーチをするのか!?と期待したが、小な声でありきたりのスピーチ、少々我が子をひいき目で見ていたと反省したが、その後フリーになったあと、皆んながカイトの周りに集まって笑っている。何時までも仲よさそうに輪の中心にいるカイトを見て、3年間で何よりかけがいのない大事な友情を得て、幸せな子だな・・・と自分の子というフィルターから一人間として、見ている自分がいた。ハルトもまた同じく、友達から寄せられたメッセージには「頼りになったありがとう」のコメントが多かった。人望厚く、クラスのまとめ役・・・我が家ではかけ離れた評価。名残惜しい高校生活はフェイドアウトするというよりも、プスっと切られて終わる感覚のようだ。だからこそ、区切りが引き立ち、次へのスタートを切れるのかも。

d0127925_14012034.jpg
卒業式の前日、必死に机に向かって手紙を書いてるハルト、私が「ママに手紙を書いてるの?」と聞くと
「ううん、違う。5年後の自分に書いてる。先生が23歳が一番苦労する年だって言ってた」と
真顔で返された。空気を読んだカイトは「ママ書いて欲しい?」と聞く。
欲しいと言われると、感謝を欲しがってるようで格好悪い。
「親の心子知らず」昔の人はよく言ったものだ!
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!

by harico_couture | 2018-03-04 14:06 | ハルカイ | Comments(2)

教えること

元旦、友達と初詣とカラオケで一晩明かしたハルカイは昼近くに寝ぼけ眼で起きてきた。雑煮を口に含もうとした瞬間慌てた様子でハルトが「ちょ、ちょっと待って!!」と部屋に何かを取りに行った。「あ。これ、先生がみんなで作ろうって言ってさ」と取り出したモノは以外にも「割り箸」でした。私は先生の意を読み取る間、雑煮を食べ続けた。ハルトの学校は農業高校というともあって、クラスの半分は家を出る。一人暮らし生活のサポートとして、男子の料理教室まで行ってくれる。ひょっとしたらこの正月が特別な意味を持つことになるかもしれない。そんな彼らは自分のことを考えるのが精一杯で、感謝の意など示さないだろう・・・先生は先手をうって、彼らの意をこの箸に込めさせてお正月家族での食事の際、使うように促したのだろう。。。。「先生、やるな〜」と、先生の教えに心から我が子をお任せして良かったと思った。以前、先生がハルトにかけた言葉に「お前は成績表で評価されないところが、優れている」とあった。その言葉は親の私からしたら大変な褒め言葉。あと少しの高校生活、先生の教えを無駄なく摂取してほしい。
d0127925_14445247.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!

by harico_couture | 2018-01-03 15:04 | ハルカイ | Comments(0)
ハルトの受験の付き添いに、鹿児島まで行きました。ハルトはオープンキャンパスで2回行ってますが、私は初めて。空港から乗り継ぎ乗り継ぎで2時間以上かかって、ひと里離れた鹿児島農業大学校へ。。。。遠方からの受験者は前日寮に泊まるのです。集まった面々が超笑える。野球部と推測されるヤンチャ組とカップルなのか男女のリア充組、モテないオーラの男子組、そして母親と来たマザコン組の私達。受験で緊張する中、私とハルトは人間観察で盛り上がるのだった。
受験当日、父兄は談話室で待機。時間を持て余すと思いきや、気の良いお母様方と暖をとりながらの自己紹介&情報収集タイムに。。。。息子、娘のこの道に進んだ経緯を聞くと、ホントに神様の計らいを感じる。「なるべくしてなった」のような導かれた感覚だ。そしてまた日本の食のために、汗水流したいと思っている若者達に、嬉しさと感謝を覚える。
 不意にいつも温もりとして当たり前にいたハルトがいなくなる想像をすると、涙が止まらなくなる。彼の場を和ませることができるそこはかとない力に家族は支えられていたこと、今になって偉大なことだったと思う母でした。
d0127925_12595961.jpg
立派な施設。受かってるといいなぁ。
d0127925_13001507.jpg
外国にいるみたい・・・周りに何もなく、異次元な世界。
d0127925_13002628.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!

by harico_couture | 2017-12-06 13:02 | ハルカイ | Comments(0)

年に一度のお祭りfamily!

毎年近くの公園で盆踊り大会がある。恒例行事でジュース売りのお手伝いをしています。一年に一度、会うメンバー、祭りの後の飲み会も楽しみにしています。今年は高校3年のイケメン?3人が加わり、お手伝いしてくれました。その後みんなで近くのBARへ。話がグダグダの大人にも負けずにグダグダの高校生。後で聞いたらそのグダグダ感が好きなんだそうだ。かつての若者も今じゃおじさんおばさん。私たちみたいにいい年の取り方をしろよ!なんて、上機嫌な私とパパの姿を見て思って欲しい。それか、「ああなりたくはない!」と反面教師の存在になってもいいぞ。笑
d0127925_23181608.jpg
お祭りの日の夕空は、なんだか芸術的。
今年はお祭りfamilyが若返り。
d0127925_23180135.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-08-06 23:20 | ハルカイ | Comments(0)
ハルトのクラスメートが化粧品会社とコラボして、保湿クリームを開発、発売しました〜!開発者は男の子。。。。元々、あひるを放して害虫を駆除する米つくりの研究が盛んな高校、今度はその米ぬかでクリームを作ったらどうかと提案したそうです。それがみるみる現実化して商品に。因みにこのパッケージデザインも生徒が作ったそう。。。使い心地も良くってお値段800円!!ハルトのクラスメイトはみんな優秀、その他色んな研究で全国で賞をとってるんですって。ハルトの研究はヤギが乗る台をつくるそうです・・良くわからないけど?
d0127925_23591797.jpg
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-06-07 23:59 | ハルカイ | Comments(2)

五条川のお花見

来年の春にはハルトがいない・・・早々センチメンタルな私は、思い出作りに躍起になる。愛知県でのお花見の名所と謳われる「五条川」、電車で30分揺られて夜桜を仰ぎに出掛ける。学校帰りのハルトと岩倉駅で待ち合わせ。待ち合わせの時刻になっても来ない。メールで1つ前の駅で降りたと返ってきた。学校を出る前は「岩倉」とインプットしていたのに、友達と「西春」の話で盛り上がってしまって、気が付いたら「西春」で降りていたと言うのだ。おまけにその日はヤギの出産の手伝いで、学生服は血だらけだった。それも3つ子のうち、2匹は死産で難産。男手がハルトだけだったので、お墓もハルトが掘った。死んだ子ヤギを埋める時、ヘトヘトで悲しむ力もなく、雑に土を被せると女子から「もっと優しくやってあげて!」と叱られたそうだ。愛玩(ペット関係)と畜産とで、動物の命に対する価値観は違う。決して畜産だから命を軽く見てる訳でもないのに、どう説明したらいいのか悩んでいた。・・・この日の桜を思い出し、何年か後にそのヤギの事を思い出すのでしょうか?ちなみに母ヤギの名はは「ゆき」ちゃん、子ヤギの名は「こゆき」ちゃんです。
d0127925_22193225.jpg
ヤギの出産の手伝いを終えたハルト。
d0127925_22191244.jpg
花の命は短し。
d0127925_22185487.jpg
 何年か前に行った時、屋台が多くてワクワクしましたが
台湾の夜市と比べたら、大人しい。
いやいや、お花見ですよ!桜を見ましょう〜。
にほんブログ村 ファッションブログ 着物リメイクへ
にほんブログ村ランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです!


by harico_couture | 2017-04-09 22:24 | ハルカイ | Comments(0)

haricoのつぶやき


by harico couture(ハリコ・クチュール)